Blog

diaries blog | UMBRO HOUSE COLLECTION(アンブロハウスコレクション) | Ringer L/S T-shirt

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「温泉の日」だそうです。

関東のみなさま、台風は大丈夫でしたか?

私の方はサッシの下から水が漏れてくるくらいで済みました。

お店も大丈夫。運が良かったんだと思います。

茨城は停電が多いみたい。一日も早い復旧を祈念致します。



というわけで、旧ブログの2012年分を公開しました。

つくばのセレクトショップ「ダイアリーズ(Diaries)」のダイアリー(Click!)





今回は2012年分のを公開。

テンダーの取り扱いを始めたりと、若干吹っ切れた感がありますね。

お店を初めて3年頃。まだまだ辛い時期は続きますが、やっと真っ暗闇のずっと向こうに、

微かな光が差してきたタイミングでした。石の上にも三年てやつ。

実はさらに三年、計6年耐え忍ぶんですけどね!

信用情報のブラックリストから名前が消えるまで!www(ワラエナイ)




じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】UMBRO HOUSE COLLECTION(アンブロハウスコレクション)

【アイテム】Ringer L/S T-shirt

【価格】¥11,880-(税込)

【コメント】

え!?アンブロ?????というリアクションを多く頂戴しています!

ウケますよね~。アンブロ。

私もサッカーの練習用のシャツでお世話になってます。

そこそこのデザインで価格もそれなりだし。

そんなアンブロですが、実は日本国内ではデサントが、1998年より商標使用権を取得しています。

ハイテクを極めたデサントが、今度はヘリテージを極めんとするべく、

UMBROの掘り下げを行うことになりました!!!

普段何気なくスポーツで接してるUMBROですが、

よく考えてみたらイギリスを代表するスポーツブランドであり、

当然のように歴史も古く、アンブロ独自の製品企画を持っていたんです。

それに気づいたデサントは、ヴィンテージのアンブロを解体し参考にするだけでなく、

さらにはアンブロ発祥の地であるマンチェスターを訪れ、

アンブロの商品企画の独創性に共鳴し、カルチャーを伝えんとするべく

スタートしたのが、この「 UMBRO HOUSE COLLECTION 」です。



それでは詳しく見ていきましょう。

まずは軽くジャブ程度。

昔のサッカーユニフォームのようなリンガーTシャツ。

1960~70年代のユニフォームをイメージ。

この頃はアンブロもヴィンテージライクな刺繍タグだったんですね。

個人的には、これだけでご飯3杯イケます。

そしてこれまた古臭い字体のナンバリング。

こちらはアンブロが1960年代に作っていた、バスケットボール用の

タンクトップに付いていたフォントをあえて使用しています。

裏を見ると、

今みたいなアイロンワッペンじゃなく、わざわざ別布を縫い付けているのが分かります。

洗濯を繰り返すと、ボディとナンバーの生地の縮率の違いで、

ナンバーがプクプク浮いてくるのが楽しみです。



そして個人的に気に入ってるのは裏側。

ご覧ください。この徹底的な補強!!!

ネック1周からショルダーにかけて。

さらにはサイドの縫い合わせ部分まで!

そしてイギリスのワークウェアやミリタリーウェアに見られるヘリンボーンテープ。

このやりすぎなまでの補強を見ると、当時は今よりミシンの質が悪く縫製が弱かったんだなというのと、

やはりサッカーは野蛮人が行う紳士的なスポーツwだというのが分かりますね!

この補強も、ボディがブラックなので、ヘリンボーンテープのアタリが出てくるとカッコいいと思います!


さりげなく、わきの下にガゼット(ガセット)も。

昔のサッカーのユニフォームは細身でした。

そのため、動きやすくするようなディテールが必要だったんだと思います。



というわけで着てみました。

イエローがどこか懐かしく感じる色目がいいですね!

今後、ちょっと気にかけておいて欲しいUMBRO HOUSE COLLECTION。

以後、お見知りおきを!





それではまた。お店で会いましょう。