Blog

diaries blog | WORKERS(ワーカーズ) | Lot 20, Hidden B/D

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「黒の日」だそうです。

今年はネイビーより黒い服多め。新しく届いたアイテムで、一部真っ黒です。



というわけで、創立記念日が展示会で仕事になるのがちょっとアレだったので、

今週は連休をとらせていただきました。

おかげで、今回の展示会は今後のdiariesの商品展開に、

かなり大きな変化をもたらすことになりそうです!!!

いや、全く変わるというよりは、今の路線でかなり濃くなるかな。

トラッド、ベーシック、オーセンティックがさらに・・・ね。



10年ひとまわりっていうか、特にそう思っては無いんだけど、

流れが自然と原点に引き戻される感じがします。

しかしそこには10年という重みがあって、「やりたいこと」と「やれること」が

そりゃもうピッタシカンカンに収まるわけです。



3日前のブログでは、次の10年が不安で悶々としてましたが、

まだまだ伝えなきゃいけないことがたくさんあるし、

そしてこのブログもまだまだ深化させていけるということなので、

結局は今まで通り、書き続けますよ!!!!!



あとね、読んで欲しい人がいるんです。

お店に行きたくても来れない人。遠方だったり、入院してたり。

でも楽しみにしてるという声がある限り、書きます。



なもんで、今後もよろしくお願い致します!



あ、そうそう。旧ブログもまた新たな期間を公開したので、よかったらどうぞ。

つくばのセレクトショップ「Diaries(ダイアリーズ)」のダイアリー(Click!)




じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】WORKERS(ワーカーズ)

【アイテム】Lot 20, Hidden B/D

【価格】¥12,960-(税込)

【コメント】

毎度おなじみ、抜群の安定感を誇るワーカーズのシャツ達。

ホント困っちゃうのは、この価格で作りが良すぎること。

シャツとしてのクオリティはもちろん、ディテールのこだわりも思わず唸るものばかり。

ウチみたいなインポート商品をメインに扱う店は、まいっちゃいますね~!

というわけで、本日ご紹介するのはコチラのシャツ。

Lot 20, Hidden B/Dというもの。

Lot20はなんだろ? 

個人的な予想ですが、1920年代頃のシャツを元に作られているからかな?

ディテールを拾うと、1900年代初頭にリーバイスが手掛けていた、

SUNSETというラインがあって、そこから着想を得ています。

(ちなみにSUNSETは、今もLVCで見ることができます。)

その大きな特徴というのが、このHidden B/D=隠しボタンダウン。

一見、レギュラーカラーのように見えますが、襟をぺろ~んとめくると?

ボタンがダウンしてて?ダウンしてるボタン?に留めるためのボタンホールが

別布で襟の裏についてます。

こんな面倒な仕様ながら、(実際にボタンの付け外しがかなり面倒!w)

着た時の襟の形が様になるのは、さすがワーカーズさんのパターンメイキング!

元なったリーバイスサンセットはワークシャツだったので、

おそらくここまできれいな襟型にはなってないと思います。

襟がキレイな分、ドレッシーに着こなせるようにもなっているので、

隠しボタンダウンを外し、タイドアップしてもOK!

ヴィンテージをまんま作らず、ワーカーズなりのアレンジが

ちゃんと加えられているのが分かって嬉しくなりますね!


そしてサンセットといえば、胸ポケットもそう。

ヴィンテージではガチャポケ(左右の胸ポケットの大きさが違う)ですが、

こちらはVヘムがついた方だけに留めています。

このVヘムも、普通のシャツとは違って、

ヘムの折り返しがポケットの内側じゃなくて外になっているんですね。

ワークウェアらしいVヘムってこと?

分かりにくいと思うので、これは店頭で見てください。

細かいな~!!!

時代背景に合わせて三角マチ。

そして裾の合わせもクラシックなディテールです。

フェイクプルオーバーでラウンドしてるタイプ。

シャツが下着と考えられていた1800年代の名残りです。



今回は、今すぐにでも着られる薄手の生地ばかり。

サラッとしてて、風になびくポプリン素材です。

ギンガムの色が良い。

それではまた。お店で会いましょう。