Blog

diaries blog | WORKERS(ワーカーズ) | Open Collar Shirt

開催日時:6/9(日)12:00~17:00

茨城県水戸市にあるブーツ&シューズリペア専門店「SECOND FIDDLE」。
履く人のことを考えた丁寧な仕上げや、古靴に関する知識には定評があり、
顧客からの支持は厚く、非常に信頼できるお店です。

またオーナーである酒井氏は、アメリカンヴィンテージに対する造詣も深く、
古着や靴だけでなく、家具や時計などその興味は尽きません。

中でも好きなのはランプ。

互換性のあるヴィンテージパーツを組み合わせて、
酒井氏の手から生まれるランプの種類は無限大。
パーツ一つ一つのルーツを知り、出来上がった時のバランスを考え、
実際に明かりを灯した時の高揚感は、
まさに革靴のリペアに通ずるものがあります。

今回は、気が付けば集まってしまったという酒井氏のランプコレクションを
実際に手に取ってご覧いただく機会を設けました。
もちろん購入できるヴィンテージランプもございます。

当日はSECOND FIDDLEオーナー・酒井氏も在店いたします。
アメリカンヴィンテージランプの世界をお楽しみください。
もちろん、靴修理に関するお悩みも受け付けます。


DIGSEUM(ディグジアム)
MUSEUMのように、ガラスの向こうにある手が届かない世界ではなく、
DIG、つまり自身の手で触れることができ、知識を深めながら、
特定のカルチャーを掘り下げることを狙いとした体験型イベントです。

+

あと1週間です!お楽しみに!





じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】WORKERS(ワーカーズ)

【アイテム】Open Collar Shirt

【価格】¥14,040-(税込)

【コメント】

私も店頭でショーツを解禁しまして夏の装い!

なので開襟シャツ紹介します!どう?寒いでしょ!?

というわけでワーカーズから届いた開襟シャツですが、気に入ったのは生地でございます。

こちらはブロックプリントという名前がついているのですが、

ブロックとはハンコのようなものを想像していただけると分かりやすいかも?

直方体の木のブロックを彫って、いろんな文様のハンコを作り、

それを手作業でペッタンペッタン押していくという、

このご時世において信じられないくらいアナログな技法。

そもそもブロックも手彫りだから柄は均一ではなく、

さらにそれを手作業で押していくもんだから不揃いなハンコたち。

ただそれが非常に味わい深く、柔らかい印象を与えるんです。

またワーカーズのオープンカラー(開襟)シャツの特徴はこちら。

オープンカラーシャツには大体セットとなる胸ポケットですが、

ポケットを腰付近に移動させて携帯ポケットへと進化。

サイズはiPhone8からXまで入るサイズです。

で、個人的に好きなのはタグ。(ワーカーズはいつもそうだけど)

こちらはピルグリムかな?

古着のシャツの中では、ピルグリムが一番好きです!

なぜなら生地が良いのが多いから。

なので、このタグが付いてて生地が良いと思ったら、もうセレクトする理由としては申し分ないですね!!!



着てみるとこんな感じです。

Pants/Perfection (Easy pants) ¥20,520-

Shoes/CABOCLO (Shoes41) ¥23,544-

柄がちょっと民族っぽいので、きれいに合わせてあげるのもいいと思います。

イタリア物の柄シャツを着たイメージで。

もちろん短パンにビーサンでもOKですけどね!真夏はテキトーで!www





それではまた。お店で会いましょう。