Blog

diaries blog | WORKERS(ワーカーズ)| Vendome Shirt

※夜の自粛中につき、当面の間18:30閉店です。(割と19時まではいます。)

※コロナ対策実施中です。





ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「野菜の日」だそうです。

アンティークウォッチの紹介も終わってひと段落。

秋服紹介前になんとか時計を見てもらいたかったので、

俺の夏休み(返上したけど)の宿題は終わったって感じ。

31日の前までに宿題終わらせたの初めて。オレ凄い。

ちなみにTUDOR(チューダーorチュードル)はHOLDとなりました!

ありがとうございます!!!!!



それでは秋服バンバン紹介してまいりましょう!

ドウゾ!

【ブランド】WORKERS(ワーカーズ)

【アイテム】Vendome Shirt

【価格】¥19,800-(税込)

【コメント】

秋物スターツっ!と言いたいところですが、インポート商品が多めのDIARIESでは

まだあまり商品が揃ってなくて、国内ブランドがちょこちょこっと届いてます。

にしてもこんなご時世でもさすがのワーカーズ。

1つも漏らすことなく、しっかり納品していただきました!!!



というわけで、季節の境目に入荷してくる商品でありますので、

今すぐに着られるものを用意してくれています。

今回届いたのは新作のドレスシャツ。

珍しく芯が硬めのセミワイドカラー。さらにヒダが広めで存在感のある前立て。

非常にキリッとした表情のシャツです。

その理由として、商品名・Vendome(ヴァンドーム)が示すのは?

フランスを代表するシャツ・Charvet(シャルベ)をイメージして作ったことが挙げられます。

ちなみにシャルベの本店があるのが、パリのヴァンドーム広場のところなんですね。

それでヴァンドームシャツ。

シャルベのイメージといば、なんとなくスクエアカット。

もちろんタックインして着るのですが、カジュアルで着る分には出して着てもOK!

また本家シャルベにはプリーツは設けないのですが、カジュアルではあまりにソリッドすぎるし、

オーダーメイドではないのでプリーツは必要ですね!!!

そしてドレスシャツなので、生地は思い切って贅沢なアレ・・・

トーマスメイソン!!!!!

イギリスを代表するイタリアの生地です???

もう買収されてしまったのでね・・・

で、買収した会社がコチラ。

アルビニがトーマスメイソンを買収。なんじゃその頂上対決は?みたいな感じです。

ちなみにこのグレーのストライプは、ヴァンドームシャツの色違い。

どちらも高級生地ってことです!!!

というわけで着てみました。

Pants/TENDER Co. (133 trews) ¥62,700-

Shoes/Quilp by Tricker’s (Plain oxford) ¥106,700-

この生地はヤバイです!

しっとりとしててコシがある。そして絶妙なブルー。

フランスの藍染め・パステルみたいな色ですね!

身幅も適度にゆとりがあって、非常に着やすいですよ!

ネックの広さもいいですね。首が太い方でもいけそうです。

タックインすると本当にドレッシー。

縫製一つとっても巻き伏せ本縫いで、これはマジでドレスシャツだわ!



そしてグレーのストライプも使い易くていいですよ!

Pants/M-47 French cargo pants -private-

Shoes/Aurlandskoen (Aurlandshoes) ¥49,500-

裾のカッティングがスクエアなので、外に出した時の太目のパンツとの相性が非常に良いと思います!

太目のストレートということでM-47を合わせたんですが、

これはシャルベモチーフということでフランス×フランスで合わせたかったんですね。

だからフランス軍の名作、M47を。

(足元はJMウエストンでもよかったのですが、自分の店の靴を履きたかったので。w)



この格好をして思ったのが、2020年春夏では90年代のラルフローレンをモチーフにした

Big B.D.というシャツがあったのを覚えてますか?

同じWORKERSからで、さらに同じくトーマスメイソンの生地で。

今回ヴァンドームシャツを着てみて、そのBig B.D.と着比べてみたら面白いのではないか?と思ったんです。


Shirt/WORKERS (Big B.D.) -sold out-

Pants/M-65 -private-

Shoes/Russell Moccasin (Sporting clays chukka)

ラルフモチーフのシャツにアメリカ軍のカーゴパンツにラッセルモカシン!

オールアメリカ!!!

いや~~~~~バタ臭い!www

シャレてて緊張感のあるフランス合わせも良いけど、

ユルくてリラックスできるアメリカ合わせも良い!



結局どちらが良いってわけではなくて、気分によって使い分けて欲しいです。

その日の自分の気分や体調や着るシチュエーション、

それにあわせて自由自在に服を選べる・合わせられる、

それがオシャレってことなんです。




またこのようにして、シャツ×軍パン×革靴ってだけのシンプルなコーディネートながら、

物やスタイリングの機微を感じるのも、服を楽しむ一つの見方にもなります。






深堀りはDIARIESに任せて、広く浅く、色んな服を見てみてください。

その方が絶対楽しいから!



さて、2020年後半も、一緒に洋服を楽しんでまいりましょう!!!





それではまた。お店で会いましょう。