Blog

French Military Liner Jacket  (Dead stock from 1970’&1990’s)

インディアンジュエリーフェア開催いたします!

12月19日(火)※平日開催※

 

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「E.T.の日」だそうです。

MAC and Me

80年代のマックのTシャツとかあったらヤバいすね。

 

先日読み終わった本に茨城県というワードが出てきてオオッ!っとなったのですが、

警察が・・・っていう時点で察しますね。

偽物いっぱい茨城県から、偽セレクトショップ・ダイアリーズがお届けしております。

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【アイテム】French Military Liner Jacket  (Dead stock from 1970’&1990’s)

【価格】No collar/¥11,880-

Hoodie/¥10,584-

【コメント】

またまたデッドストックです!さらにこちらはユニセックスで男女ともにご提案させていただきます!

で、今回は?も?変化球的デッドストックです。

どういうことか、詳しく見ていきましょう。

見た目はオリーブカラーのボアフリースジャケットといったところ。

実はこちら、フランス軍のコートのライナーなんです。

アメリカ軍でいうところのM51、通称モッズコートみたいな形のミリタリーコートがフランス軍にもありまして、

そのコートの内側には、取外し可能なこんなライナーが付いているんです。

 

で、そのライナーをアウターとなるシェルから取り外すとこんな感じ。

これだといかにもライナーって感じですね。

ステッチを外に出してこのまま着てもよさそうなものですが、

これだと茨城では近所のばあちゃんに怒られます。おめぇそれ裏返しだっぺよ?って。

 

なので、ばあちゃんに怒られないようにライナーをさらに裏返して着ることを思いつきました。(嘘)

なので、そもそもライナーということを考えると、

ボタンはついていても、前を閉じるためのボタンではなく、シェルに接続するためのボタンなのでご注意ください。

まあバサッと大きめに羽織ったくらいがかっこいいんです!

 

なので、まずは女性の方に着てみてほしいですね~!

しかも結構暖かいので。

ちなみにガタイの良い男性が着ちゃうと、

一瞬でマタギになっちゃうので注意が必要です。

「いくぞ。狩りの時間だ。」ってセリフを言うのが夢です。

 

ちなみにフードがあるのと無いのがあるのは、M64てコートとF2ていうコートがあって、どっちがどっちかだったと思います。

価格が違うのは、M64とF2で価値が違うというわけでもなく、仕入れたタイミングが違うってだけです。

こういう場合、価格は高い方に合わせますが、軍物でヴィンテージ価値がまだ大してないやつなら、

できるだけ気軽に着てほしいですからね~!

でもだんだん数は少なくなっているので、お早めにどうぞ。

 

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017