Blog

Gicipi(ジチピ)のTank Top -scozia vogatore-

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「山の日」だそうです。

毎年この時期は、コミケネタをTwitterでチェックするのが楽しみの1つです。

コミケ雲とかヤバイもん。

いや決してバカにしてるわけじゃないですよ!妹も行ってるので!

それに私も中学生まではキモヲタでしたからね。

今でもただの服ヲタだと思いますけど。興味が服に移っただけ。

なにはともあれ、大人になっても夢中になれるものがあるってのは幸せですよ!

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】Gicipi(ジチピ)

【アイテム】Tank Top(Click!)

【価格】¥3,780-(税込)

【コメント】

ついに本日で、2018春夏でご紹介する最後のアイテムになります!

最後は尻すぼみ的にタンクトップ!超わき役!

でも最高に脇を固めてくれますよ!脇は空いてますけど!!!

実はもう3,4年くらい毎年入荷してます。ジチピのタンクトップ。

いつも気が付くと完売してたので、ブログでご紹介することもできない年もあったり。

でもさすがに皆さんに行き渡ったのか、今年はちょっと在庫がありますね!悲

diariesが創業当時より推しているカットソーといえば、Gicipiと書いてジチピ。

ハイクオリティでコストパフォーマンスにも優れつつデザインも良いのに、

これほど世の中に広まらないブランドもなかなか無いのではないでしょうか!?涙

もっと多くの方に評価されてもいいはずのジチピ!!!

 

さらには、そもそもアンダーウェアのファクトリーとして始まり、現在はそのノウハウを活かした服作りが強みなので、

本日ご紹介するタンクトップは、そりゃもうガチってことです!

どれくらいガチかっていうと?

タンクトップのくせに、胸に刺繍をするくらいです!!!!!

普通こんな下着に刺繍します!?当たって着心地悪くするだけですよ!

しかし、それだけ自信があるとも言えるのはないでしょうか?

実際袖を通してみると、あ、袖は無かった。胴を通してみると、ジチピのアイテムの中では最高の着心地です!

それもそのはず。

なんとSchiesserでもおなじみの「マココットン」を使用し、それをダブルツイストで織りあげハリのある素材に。

シルキータッチなのに目が詰まっているので、耐久性に非常に優れています。

さらには落ち綿を使用することで、驚きのコストパフォーマンスを実現しています。

個人的には、この素材でもっと多くのアイテムをリリースしてほしいと思っています。

別注したいけど、生産ロットがとてつもないのを知っているので、単店では無理ですね。

恐らく、このロットが厳しいから、日本に入ってくる型数が少なくなってしまい、

イマイチ多くの人の目に触れる機会が少なくなっているのかも???

 

細かく対応してよ~と思いつつ、

ジチピがしっかり生産体制を維持してモノづくりをしてくれないと、

こういった本当に良い物=コストがかかるものは無くなってしまうこともあるので、

まあ、知る人ぞ知るブランドのままでもいいかな~と思います。

そもそもdiariesで扱うブランドって、そんなもんばっかりですからね。

 

というわけで、個人的にタンクトップは非常に重宝し、オススメしたいアイテムでもあります。

実は1年中着ています。

冬はお腹が冷えないように。

夏は、タンクトップ1枚というよりも、タンクトップ+シャツの組み合わせの方が、

実はヘタなTシャツより涼しいと思うから。

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018