Blog

Gitman Vintage(ギットマンヴィンテージ)のZephyr Oxford S/S Buttondown

James Mortimerトランクショー開催中!!!(でも残り数着・・・)

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「クレジットの日」だそうです。

クレジット=信用?そんなもんねぇよ!!!

迂闊に信用使いこんじゃダメだったわ~怖いわ~四角いけど丸いカード!

地獄のリボルビング。まさにリボルバーで1発1発撃ち抜かれるようです!リボルバージャンキー!

 

それにしても昨夜は、ディ・マリアの同点ゴールで目が覚めましたが、やっぱり眠くて寝たのを後悔!!!

そしてCロナウドもメッシも舞台から姿を消すなんてーーーーー!

さらにエムバペという新しいスターの登場。

 

これだから乱世(サッカー)は面白い by王騎

※いつもキングダムで乱世乱世言うけど、乱一世を思い出しますね。(トゥナイト2)

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】Gitman Vintage(ギットマンヴィンテージ)

【アイテム】Zephyr Oxford S/S Buttondown

【価格】¥18,900-(税込)

【コメント】

まだまだあります!ギットマンの新作オーダー!もちろん別注でございますよー!

とはいっても、どう見ても何が別注か分からないフツーすぎる半袖ボタンダウン。

これこそdiaries的別注でございます。

競合他社との差別化ありきの別注ではなく、単にお客様が欲しがってるからという理由だけでのみ作られたシャツ。

というのは、diariesでの夏の定番シャツとなりつつあるオックスフォード半袖プルオーバーB/Dは相変わらず好評なのですが、

せっかくならビジネスシーンでも着たいんだけど、オックスフォードじゃゴワゴワするし、プルオーバーだとちょっと・・・

という声を何人かのお客様から頂戴しました。

 

そんなお声を反映し、とにかくフツーになるようにオーダーさせていただいたのが今回のシャツです。

S/S=Short Sleeve=半袖

B/D=Button Down=ボダンダウン

ご覧の通り、さらに素材も通常のオックスフォードよりも薄くて軽くて通気性のある「Zephyr Oxford(ゼファーオックスフォード)」

という素材にしました。

Zephyrとはそよ風をいう意味ですが、そよ風を感じるくらいの生地という意味ですかね?おそらく。

実際はギットマン流のピンオックス素材だと思います。

なので肌触りもサラサラでしなやか。いいですよコレは。

 

その分下着が透けますが、

個人的にはタンクトップとかが透けるのはあまり気にしません。汗をかきすぎるので、もう諦めてます!w

でもやっぱり気になるよという方は、ユニ〇ロのシルキーなんとかか、グ〇ゼの〇縫製がいいですね。

 

素材は変わっても、ギットマンらしいディテールはそのままです。

ダブルトラックステッチも、チョークボタンも、スプリットヨークも、ロッカーループも、

ギットマンとしてのクラシックを表現するとともに、耐久性にこだわってもいます。

 

早速ですが着てみました。

クールビズを想定して。

これ欲しい、というか必要ですね。

私はもう毎日私服になってしまったので、クールビズも必要なくなってしまいましたが、

そろそろいい年になってきたので、おそらく法事なんかも増えてきます。

お盆には新盆参りなど今後行かねばならなくなるでしょう。

ボタンダウンじゃカジュアルだからダメでしょと言われても、

所詮洋服なので、お寺に洋服で以上、私はなんとも思いませんね。

むしろアイロン上手くいかなくても、襟がしっかりするからいいわ~。

大分ネクタイ推しになってしまいましたが、もちろんカジュアルでもイケますよ!

シンプルでまっさらな白シャツ。

なんだかんだで、白シャツってのはいつ何時もどんな服にもハマりますね。素晴らしい。

フツーっていいよねー!!!

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018