Blog

GRP(ジーアールピー)のCardigan

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「粉の日」だそうです。

お好み焼きは家で作れるけど、焼きそばが乗ったモダン焼きはめんどくさいね。鉄板が小さくて。

 

 

というわけで、突然ですが告知です。

トゥアレグシルバーの余韻もさることながら、またイベントが決まりました!!!

なんと!?

KUONさんのご厚意で、当店でポップアップショップを開催させていただくことになりましたーーーーー!!!!!

ウチじゃそんなに取り扱い点数もあるわけではないので、

ポップアップショップなんて申し訳なくてこちらからお願いはできなかったのですが、

どうですか?ってお声がけいただいたもんだから、二つ返事で返しましたよ!

ファッションショーも盛況で、おそらく次の秋や来年からは一気に広まりそうな気がするKUON。

なので、当店のお客様にはそれより前にご覧になっていただきたく思います。

期間も週末を2回またぐので、是非ともご覧いただきたいですね!

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】GRP(ジーアールピー)

【アイテム】Cardigan

【価格】¥29,160-(税込)

【コメント】

こちらも点数は少ないので認知はなかなかされませんが、でも確実にファンを増やしているイタリアのニットブランド。

GRPでございます!!!

買ってくれたお客様にはものすごく評判はいいんですけどね。

あまりに日本での知名度が無さ過ぎて、私も在庫を用意できないので、

定番になったと呼ぶにはあと2,3年くらいかかりそう。。。辛

 

まあでも、のんびりやっていきましょう。

半年ぶりのGRPとなるので、まずはブランド紹介からどうぞ。


GRPは、イタリアはトスカーナ地方のフィレンツェから西に20㎞ほど離れたカルミニャーノという町で、1973年に誕生しました。

イタリアらしいモードデザインではなく、ベーシックでクオリティにこだわったMaglificio(ニット屋)です。

素材はオーストラリアの最高級ウール・メリノ種ジーロンラムズウールをはじめ、アメリカのピマコットン、ペルー産リネンなど、

作るアイテムの特性に合わせて、その都度納得のいく素材を使用しています。

また工場・ショールーム・オフィスが全て同じ場所にあり、デザイン構成から生産・出荷まで、

全て自分たちの手で行っているのも特徴。

そのため、ニューヨークのエンジニアドガーメンツや、スウェーデンのスヴェンソンなど、

様々なブランドのニットの生産を請け負っています。


というブランド。

 

イタリアのニットブランドといえば、ザノーネやクルチアニなど(ブルネロクチネリは別格・・・)が思い浮かびますが、

どれも繊細で細身なので、ちょっとウチのお店のテイストまたは私の体形には合わないのではないかと思っております。

しかしこのGRPは武骨でイタリアのブランドと思わせない、でも仕事はしっかりしているという非常にツボをおさえたブランドでした。

それもそのはず。

このGRPはフィレンツェでセレクトショップも運営しているらしいのですが、

メインブランドがFILSONなどのゴリゴリのワークブランドですから、

どのようなテイストが好きかはもう分かりますし、ウチの店にピッタリだなと。

 

またGRPというブランドも、見かけたのは今まで数えるほどで、ほとんど誰にも知られてないというところも個人的に好き。

 

で、そんなブランドから、、、来ましたね。

ようやくです。

スメドレーも取り扱いを辞めて4,5年くらい経ちましたかね?

当店のラインナップの中でも、長らく空いていたその座。

夏に着るコットンニットカーディガン。それもブラックで。

ついに・・・ついに・・・自信を持ってオススメできるコットンニットカーディガンが決まりました!!!

もうね、これですよ。前立てが付いたVネックカーディガン。

ちょっとした羽織り物。ちょっとしたものだけに、ワードローブの中にそんなに数は要りません。

だからこそ、いつも着ててもいいように、ちゃんとしたものが欲しいのです。

 

特徴はその素材。

クリスプコットンという生地を使用しています。

クリスピーの名の通り、肌触りはガリガリまたはザラザラという表現が合います。

それは決して肌触りが悪いのではなく、糸を強く強く撚って硬くしているから。

その分通気性は良く、肌に触れた瞬間はひんやりと感じるほど。

例えばスメドレーのふんわりした肌触りとは対極にあるような気がします。

 

またボタンのデザインもクラシカルで好きなところ。

このイタリアのブランドのくせに、気取らずちょっと野暮ったいところがGRPなんですよね~。

 

シルエットは細身でリブはキツめ。

正直これは好き嫌いが分かれるところですが、

インポート服って微妙に着づらい服ばっかだよなー!って思ってもらえれば!www

そんな服ばかり売っているのがdiariesですよ!

 

というわけで着てみました。

私(身長178㎝ 体重85㎏ 胸囲100cm)では、サイズ4のL相当でもちょっと小さかったですね。

なのでボタンを付けるふりしてごまかしてます。

来年は自分用にサイズ5をオーダーしようと思います!おあずけー!

 

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018