Blog

GUARDIAN(ガーディアン)-dead stock from 1960’s-のHenley Neck Knit T-shirt

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「ファミコンの日」だそうです。

そういやこの前、荒川沖のジョイフル本田でスーファミのカセットが1つ500円で売られてましたよ。

いや~ホント今って良い時代!ディグり出したら止まらないので、近づきませんでしたけどね!

というわけで、告知です。

3連休の最後に無理矢理ブッ込んだインディアンジュエリーフェアは明日です!

3連休最終日の夕方以降って、一番お客様が来ない時間帯なんですけどね!しょうがない!

その分、いらっしゃった方はゆっくりとご覧いただけると思いますよー!

お気軽にどうぞ!

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】GUARDIAN(ガーディアン)-dead stock from 1960’s-

【アイテム】Henley Neck Knit T-shirt

【価格】¥7,344-(税込)

【コメント】

またチラホラとデッドストック物が入荷してます!

でもこちらは昨年もあったやつですけどね!

非常に良い雰囲気を持ったヘンリーネックTシャツでございます!

ただし!なんと今回はオレサイズつまりXLが追加で届いているんです!!!!!

ウレシー!!!

でもタグは付いてない!?!?!?

キビシー!!!

 

小さい方のサイズにはちゃんとタグが付いてます。

ブランド名がGUARDIANと書いてガーディアン!ダサい!だがそれがいい!

絶対今のブランドじゃこんな名前は付けません!

そしてこの何のヒネリもないデザインのタグも良い!これぞデッドストックの楽しみでございます。

あとMADE IN ENGLANDね。

洋服としてのクオリティは、むしろ現在の中国製の方が上ですよ。

だ・け・ど!MADE IN ENGLANDの方がテンション上がる!それだけのこと!

意味不明!?いいから黙ってテンション上げとけ!

あ、ちなみにMADE IN USAやMADE IN FRANCEも全く同じ理由ですね。ホントしょうもない。。。

しょうもない理由。しょうもない楽しみ。しょうもない人生だけど楽しんでいきましょう!

 

次。

リブ。

素材とライン入りのリブ!

この何を狙ったか分からない配色に悶絶します!そしてニットだという事実!

しかも素材がビスコース65%、ウール20%、コットン15%という、当時としてはすごい頑張った生地なんだと思いますよ!

ちなみに洗濯は普通にできます。縮みはその人の洗い方で変わるのでなんとも言えません!怖い方はニットと同じようにどうぞ。

 

そして最後はネック部分ですね!ここが最もすごいところ。

肩の部分に縫い目が無いのが分かりますか?

通常は、前身頃と後見頃を縫う線があると思うのですが、

これは1枚の生地の頭の部分だけをくりぬいて、体にファサッとかぶせるように着るシャツになっています。

実はこれ、テンダーのTシャツも同じ構造。つまりテンダーの元ネタみたいなもん。

しかし、ヘンリーネックは初めて見ました!!!

この写真の方が分かりやすいかな?

半円に切り抜いて、その半円部分を首の後ろに縫い付け、汗止めにしてるところ!!!

こんなやり方があったなんて、、、

ホントしょうもないディテールだけど、何の役にも立たないけど、服好きとしてこれが見れて幸せでした!!!!!

 

さらにデッドストックらしく、素材もサイズによって違います。

サイズが小さい方は編みのテンションがユルく透けそうなので、中にタンクトップなどを着た方がよさそう。

 

XLの方は、裏が起毛してました。

着てみると肌触りが良くて良いのですが、縫製部分が若干チクチクして、着心地はプラマイゼロですね。

服としては訳50年前の物なので、そりゃ現代の物の方がクオリティは高いに決まってますが、

ヴィンテージってところと、ヘンリーネックの構造に価値があります!

というわけで着てみました。

リネンだったりレザーだったり、やはり経年変化が見られるものは、ヴィンテージとの相性もいいですね~!

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018