Harley of Scotland(ハーレーオブスコットランド)のV-cardigan

オンラインショップもご覧ください!つくばのセレクトショップ「Diaries」

☆★☆natunatunaの似顔絵をプレゼントに添えてみませんか?☆★☆

ダイアリーズの
今日は何の日?

今日は「雑誌広告の日」だそうです。

前にもブログに書いたかもしれないが、
前職(雑誌広告)時代の後輩が、オーストラリアバイク1周を無事終えたらしい。

放浪癖のあるやつだったが、ここまでくるとスゲーと思うわ!
やりたいことやって生きるにはどうしたらいいかとか、美味いラーメン屋はどこだとか、
やっぱり「ことぶきや」は塩つけ麺だよねとか、「ひでまる」の火山ラーメンも何気に捨てがたいよねとか、
全然仕事の話が思い出せない!!!

次はどこの国を放浪するのか楽しみです。

じゃ、商品紹介。

ドウゾ!

【ブランド】Harley of Scotland(ハーレーオブスコットランド)

【アイテム】V-cardigan

【価格】¥14,700-(税込)

【コメント】
一昨年はブログ紹介前に完売し、昨年はブログ紹介後大好評をいただいたHarley of Scotland(ハーレーオブスコットランド)のアイテム。
昨年までプルオーバータイプのニットしかご用意してませんでしが、今回はカーディガンもご用意しました。

形は至ってオーソドックスなVネックカーディガン。
実用性で言えば、結局はこの形が一番使えると思います。

このアイテムに関しては、実用性を重視して考えたので、秋冬にもっとも使えそうな色をセレクト。

枯れ葉を踏む音が聞こえて来そうです

やはりHarleyの特徴といえば、シームレスのフルファッション製法。

カットソーとはカット&ソーの事で、布を切って(Cut)縫う(Sew)からカットソー。
ニットは編む(Knit)という意味ですが、殆どのセーターがKnit&Sewでニットソーなんです。
ですがHarleyが作るニットは、殆どがニット。
パーツ毎に縫製しておらず、全て編まれているんです。それがフルファッション。

メリットは何かというと、縫い目が無いので重ね着しても縫い目が当たらず着心地抜群。
さらに見た目もスッキリ。もちろん重ね着しても縫い目が膨らみません。

ボタンもなかなか凝っています。

ウッドボタン。
ウッド風のプラスチックボタンではなく、ちゃんとした木製です。
使えば使うほど味が出てくるので楽しみです。この価格でこのボタンは嬉しいディテール。

今季はかなりニットウェアが豊作で、世界中のニットウェアが集まりましたが、やはりイギリス物がダントツに多いです。
しかし、その中でもHarley製のニットが一番多くなってしまいました。あまり意識してはいなかったんですけどね。
ちなみにどんなブランドかと申しますと、、、

---------------—-
イギリスは北東に位置する港町・ピーターヘッドに、
Peter Harley Buchanによって1929年に設立されたのがハーレーオブスコットランド。
軽さと柔らかさを追求するため、1980年代からはイタリアから糸を輸入し、
メリノウールのブークレ素材でフェアアイルニットを編み始めました。
また現在では時代とともに消えていった「フルファッション」という縫い目の無い(シームレス)製法で作る、
数少ないメーカーの1つにもなっています。
---------------—-
このように由緒正しきイギリスのニットブランドですが、こだわりの強いイギリスのブランドの中では、
割と柔軟な発想を持ったメーカーだと思います。
なので展示会でも様々なHarleyを見つけてしまい、結果多くセレクトしてしまったのでしょう。

他にもプルオーバータイプが3型程ございます。
どうぞお楽しみに。

よろしくー

じゃ、また。お店で会いましょう。

--------------------------------------------------------------------------------–
【Diaries(ダイアリーズ)】

〒300-0035 茨城県つくば市松代2-1-5

Tel:029-875-7754

E-mail:info@diaries-shop.com

営業時間12:00~20:00(不定休)

オンラインショップ→「つくばのセレクトショップ Diaries」