Blog

KUON(クオン)のInverted Pleats Wide Pants -泥染- & Crotch Gusset Tapered Pants -泥染-

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「夕刊紙の日」だそうです。

あれ~?そういや周りで「ラーメンヘッズ」見た人いないな。

無理もないか~、茨城じゃ上映してないもんな~。

つくばも水戸も、ラーメンフェスやるくらいならこういう映画も上映してほしいですね。

その点、この映画を上映している川越・スカラ座はさすがでございます。わかってらっしゃる!!!

地方都市として本当に人を集めたいなら、他の都市もやってることじゃなく、他がやらないことをしないと。

ですが、4月に栃木県の小山市で開催される「最強ラーメン祭り2018」はマジでヤバい。

他でもラーメンフェスはあるけど、最強と謳うのも分かります。

他の都市でもやっていることを圧倒的に凌駕する。

一番カッコいいわ!小山市カッコイイ!桜金造呼んで!

 

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】KUON(クオン)

【アイテム】Inverted Pleats Wide Pants -泥染-

【価格】¥31,320-(税込)

【コメント】

今季も届いております!クオンのワイドパンツ!

何度もブログ紹介前に完売してしまい、昨年やっとご紹介できたアイテムでございます。

 

それでは詳しく見ていきましょう。

 

ワイドシルエットももはや定番化してくれましたかね?

数々のワイドパンツを目にする中、個人的に好きなディテールがこのプリーツ。

ステンカラーコートなどの背中にみられるような「インバーテッドプリーツ」をパンツに応用しています。

例えばグルカパンツのようにタックを1つ2つ設けようがなんでもいいんですけど、

やはりこのような(自分史上)見たことないディテールにはやられちゃいますね。

 

で、もちろん見たことないディテールってだけで反応しているわけでもございません。

まずはアイキャッチで面白いとは思うものの、それがなぜ?同機は?が重要。

デザイナーさんに聞くもよし、セレクトする私が勝手に意味を見出すのもよし。

 

そして今回も、この素材と相まって今後の経年変化が非常に楽しみなんです。

今回の素材は、「泥染め」。

奄美大島の伝統的な染めになります。

泥染めと言ってもただ泥で染めているわけではなく、

バラ科のシャリンバイという植物の幹や根から抽出したタンニン液と、泥に含まれる鉄分を化学結合させ、

黒または茶褐色に染め上げる技術になります。

テンダーでいうところのログウッドに似てますね。

 

ですが、その化学結合も実はこれで60回もの工程を経ているんです!

染めては乾燥させてを30回づつ計60回と、途方もない時間をかけて染め上げられました。

 

(なので、実は今回S/M/L/XLとオーダーしたのですが、染めが間に合わなかったようでMとLしかありません!!!泣)

 

そしてこれからの色落ちが楽しみなのですが、先ほどのインバーテッドプリーツがどのように色落ちしていくのか、

どう陰影がはっきりしていくのか、非常に楽しみなのです。

 

ホントに楽しみ・・・

 

なぜなら、まだ買えてないから・・・XLじゃないと入らない豚だから・・・来年また発売されるといいな・・・

 

というわけで、サイズが合う方はオススメですよ!

 

履いてみるとこんな感じです。

このズドンとしたシルエットがいいですね!astorflexのCountryflexにもよく合います。

ただ太いだけじゃない、計算された太さ。

そして裾をよく見ると、後身頃にだけジグザグステッチが。

これ何の意味があると思いますか?

ただの色落ち後の経年変化の表情を狙って?ではありません。

おそらく、ワイドパンツなので裾がバタつくのを抑えるためだと思います。

デザイナーズブランドでありながら、こういった機能的な面も考えてくれているのがKUONの好きなところです。

またこの一見意味の無いような、ちょっと無駄に思えるディテールは、アメリカンヴィンテージワークウェアぽくて好きですね。

 

やりすぎなディテールはまだまだございます。

この後ポケットのステッチ。

これ、わざわざポケット袋を縫い付けてあるんです。

最初は意味不明でしたが、履いてみて気づきました。

ポケット袋がパンツの中でバタつかないんです。洗濯してクシャっとなったポケット袋って、結構気持ち悪いんですよね。

というかなりマニアックなディテール。

 

もちろん、これも色落ちしてきたらステッチが浮いてきて面白いだろうな~!あー履きたい!!!

 

 

 

で、ここまでがワイドパンツの説明でしたが、

今季は同素材でもう1点ご用意してます。

ドウゾ!

【ブランド】KUON(クオン)

【アイテム】Crotch Gusset Tapered Pants -泥染-

【価格】¥29,160-(税込)

【コメント】

この泥染めの風合いが素晴らしすぎて、ヴィンテージジーンズのようなバッキバキの色落ちが楽しみたいとも思い、

そのためにはパンツにある程度の細さが必要だ(=着用時のシワが必要だ)と思い、

ワイドパンツだけでなく、こちらのテーパードパンツもご用意しました!

スッキリしたシルエットなので、7CCRで足元もスッキリ!

ですがこのパンツもかなり動きやすいんです!立ったり座ったりが非常に楽ちん!

これはもうバッキバキの色落ちをさせるために、動きやすくさせてるとしか思えないくらい!!!

 

なんでかというと、股下のコイツ!

某クライミングパンツでもおなじみ、クロッチガセット!(日本語ではガゼット?)

 

このディテールを見ると、急に動きたくなります!

太ってるからちょっとしか動かないけど。

 

なにはともあれ、肌触りも良く、サラサラした春夏らしい素材です。

太いパンツはワークスタイルはもちろん、モードぽくスタイリングすることもできます。

細いパンツはクライミングパンツのようにストリートぽく着こなすのはもちろん、

ほどよいテーパードが利いているので、ジャケットと革靴でドレス寄りに合わせてもいいでしょう。

この着る人に合わせることができる「余白の取り方」が、KUONのデザインの良いところかなと思います。

 

KUON|Dorozome Wide Pants|泥染
diaries online shop
KUON|Dorozome Slim Pants|泥染
diaries online shop

 

それではまた。お店で会いましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018