Blog

Le Laboureur(ル・ラブルール)のVeston(Cotton Linen Canvas) & Pants

Bijoux Touareg du Sahara

(訳:サハラ砂漠のトゥアレグジュエリー)

日程:4月28日(土)~5月6日(日)12:00~20:00

場所:diaries(茨城県つくば市松代2-1-5)

 

STORY

アフリカ大陸北部に位置する世界最大の砂漠であるサハラ砂漠。

その中を遊牧しながら生活している青い民・トゥアレグ族。

トゥアレグ族のシルバー細工は、伝統工芸として代々受け継がれて来た文化であり、

ヨーロッパの国(特にフランス)でネイティヴジュエリーと言えば、まずこのトゥアレグシルバーの名が挙がるほど。

フランスを代表するブランドであるHERMESでもコレクションが発表されているほどポピュラーな存在です。

純銀(ほぼ100%に近いSilver)を使い、鏨(タガネ)を使って柄を生み出す手彫りが特徴です。

 

CONCEPT

大量生産・大量消費の時代の中、同じ製品を作っていてもその時の作り手の気分が入り込み、

それが製品に反映されて1つ1つ違っていても良いのではないか?それは人が作っている物だから。

今日と明日では同じ物は出来ない。遠くサハラ砂漠で製作されるJewelryがあります。。

現代の職人が製作した作品と、時を経てAntiqueとなった作品をご用意しました。

たくさんの中から自分だけの作品を見つけてください。

 

 

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「シジミの日」だそうです。

一番好きな味噌汁は?と聞かれたら、迷わず答えるのがシジミの味噌汁。

子供の頃から大好きで、マグロの刺身とシジミの味噌汁の組み合わせが大好物。

やっぱり茨城には涸沼があるからね。ぷりっぷりになった最高のシジミ。

大人になっても好きなのは、二日酔いに良いから・・・・・

 

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】Le Laboureur(ル・ラブルール)

【アイテム】Veston(Cotton Linen Canvas)

【価格】¥22,464-(税込)

【コメント】

2年ぶりの入荷になります!ル・ラブルールの綿×麻キャンバスジャケット。

私も着ておりますが、着れば着るほど、洗えば洗うほど、

なんかこう~~~しっっっっっっくり来るっていうか、

なんとなく手が伸びるんですよねぇ~!

つまり体が着たがってるってことなんでしょうね!!!

 

最初は結構縮んでしまって、あれ?サイズ間違えたかな?と思ったんですが、

着れば着るほど生地が柔らかくなって体に合ってきて、もう手放せなくなっちゃって。

このまま着続けてヴィンテージになったらどんなんなるんだろうと、今から楽しみでしょうがないんです。

 

ちなみにヴィンテージになるといえば?

以前の買い付けでも1960年代当時のル・ラブルールを買い付けてきました。

古き良き時代の当時の素材と比べても、今もまったく遜色ないクオリティと、

当時のままの服作りを行っていることを確認することができました。

 

話はちょっと逸れますが、なぜ私が新品のセレクトだけでなく、わざわざ海外に足を運んで買い付けてくるのか。

その理由の一つがまさにこのケースで、今も変わらない誠実な服作りをしているメーカーの価値を再確認することなんです。

ヴィンテージだから良いというのではなく、服そのものの良さまたは普遍的な価値を見出し、

今の私たちが後世のために遺すべき価値ある服を提案すること。

 

これまでdiariesのブログでは、「俺が○○年着てきた服ですよ~」というくだりが多かったと思いますが、

さすがにそれには限界があります。なんでもかんでも持ってるわけじゃないし。

だからって古着屋で昔のを見つけて、今も昔も変わらずいいでしょ?って言うのはフェアじゃないような気がするし。

せめて自分で苦労して買い付けないと、お客様の前では胸を張れないな、というわけで買い付けを始めました。

 

 

狙ってそのブランドを買い付けることができるほど経験はありませんが、

たまたまこの時はラブルールが見つかり、その良さを再認識できたわけです。

 

あえて昔と違う点を挙げるとすれば、やたら派手なブランドタグくらい?笑

久々の紹介なので、ブランド説明と合わせてどうぞ。


Le Laboureurは、創業者であるプリモ・ゼランティが50代前半の時に、

ブルゴーニュ地方にあるディゴワンという街で1956年に設立されました。

古い農夫の作業服からインスピレーションを得て、地元・ブルゴーニュの原材料と

高品質な素材を使用し、作られています。

現在は2代目のジャン・シャルルが受け継ぎ、自社工場での生産を貫いています。


プリントではなく刺繍ですからね!すごいですよ!

もちろんすごいのはタグだけじゃありません!

ブランド説明にもある通り、ここは自社工場での縫製だけでなく、

生地もフランス製のものを使用することにこだわっているところにあります。

昨今、フランス国内のミル(生地工場)がどんどん閉鎖しています。

故に、Made in Franceの生地を安定して入手することは難しくなってきており、

本当の意味でのMade in Franceというのは珍しくなってきています。

もしかすると、小規模メーカーだからこそできるのかもしれませんね。

 

 

そんなこんなで2年経っても好きなままなので、やっぱりもう一度ご紹介したいと思いセレクト致しました。

一応、「この生地でお願いします!」というプチ別注でことでいいですかね。

今回オーダーした素材は、夏らしいコットン×リネンの混紡素材。

いや、おそらくタテ糸が綿でヨコ糸が麻なので、混織素材っていうのかな?

生地にはTOILE METIS d’AUTREFOISという札がついており、

TOILEは生地、METISはミックス、AUTREFOISは昔のという意味なので、昔から織られてきた生地なのでしょう。

近くで見ると、さらに素材感の良さは伝わってきます。

また素材も作りもワークウェアでありながら、このにじみ出る品の良さ。

洒落てんね~。

 

ですが、白のアウターはちょっと・・・という方のために、今回はブラックもご用意しました!

フレンチワークウェアのヴィンテージ市場では、ブラックモールスキンが人気で価格高騰してますが、

ブラックのキャンバスというのはあまり見かけなくて面白いと思います。しかも綿×麻!

そしてモールスキンの退色ぶりはヴィンテージで確認できますが、

コットンリネンのキャンバス素材の経年変化はどのような表情になるんでしょうか!?!?!?

それを考えただけでおしりがムズムズしちゃう。いや普通にウズウズしちゃう。

 

 

さらに、今回も2年前とおなじセットアップでご用意!!!!!

【ブランド】Le Laboureur(ル・ラブルール)

【アイテム】Pants(Cotton Linen Canvas)

【価格】¥20,304–(税込)

【コメント】

もちろんジャケットと同素材のワークパンツ。

当店がオープン以来セレクトしている、俺の大好きな「ワークウェアのセットアップ」です!!!

 

なんとなくですが、最近セットアップの着こなしやそれを提案するお店が増えてきたように感じます。

見ているとどこもみんな形もキレイで、スーツと違ってカジュアルなセットアップなので、非常に着心地がよさそう。

非常に優等生なアイテム。

 

しかしdiariesが昔から提案しているのは、それとは正反対のアイテムでした。

形は直線的なカッティングが多く、素材もゴワゴワ(着心地より耐久性重視)。

なぜならワークウェアだから。

これを選ぶのには当然理由があります。

シルエットが計算されて、よく作られた服はカッコいい。

ですが私からするとカッコよすぎて照れます。

最近では「ヌケ感」なんて(アパレルらしい大嫌いな表現で)言われますが、まさにそれ。

しかもわざとヌケ感(←でも使うw)を出すのではなく、勝手に出てくれる服。それがワークウェア。

 

訳の分からないセレクトをするお店なので、優等生的な服よりは不良・・・というか毒っ気のある服が好きなんです。

 

それでは詳しく見ていきましょう。

ジャケットと同じく、パンツも非常にシンプルな作り。

でもコインポケットがついてたり、

スケールポケットがついてたりと、

ちょいちょいやることやってます。

 

そしてフランスのワークウェアといえば、このフック。

これ見ると、ああ~フレンチワークパンツだな~と思うんです。

なんでか知らないけど、フランスの古いワークパンツは、この仕様が割とあってね。

しかも基本的にメタルだから、錆びたらそれはそれでカッコイイんですよ。

 

次は、ル・ラブルールならではのディテール。

それはステッチ。

ワークウェアなので当然のように3本針ステッチ。

ですが、裏返すと3本のうちセンターの下糸だけが赤になってるんです!!!

赤ミミみたいでかわいいんですよね~!なのでついロールアップしたくなります!

 

ちなみにワークパンツですが、シルエットは太すぎず絶妙だなと思います。

ちなみにですが、パンツはこの色しか用意してませんので!

 

ブラックのセットアップだったら、いつでも他でもできるので、あえて白のセットアップだけ用意しました!

ウケないとは分かってますけどね!!!

 

もちろん私は上下持ってますよ!

最初は気張ってドレスアップしちゃいましたが、(顔も緊張気味だね)

2年経って最近はもうちょっと力を抜いて着てます。(姿勢もダラけてるもんね)

 

ついでにブラックも着てみましたよ。

先日ご紹介したイタリア軍のデッドストックのマリンパンツと合わせて。

上下でガシガシ洗って、10年後の同じスタイリングを見ても面白いと思いますよ!diariesが10年後あればね!

 

ちなみにキャンバス素材なので、それなりに生地に厚みはあるものの、暑がりの俺でも夏も履いてました。

やっぱり通気性が良くて、これからでもかなり活躍します。

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018