Blog

Lock & Co. Hatters(ロックアンドコー)のVoyager

買付前SALE開催中!!!

1月中旬に冬期休暇をいただくにあたり、新春特別セールを開催いたします!

期間:1/2(火)~1/8(月)

割引率:対象商品のみ10%(※但し現金にてお支払の場合のみ。カードご利用の場合は割引率は5%となります。)

※初売り商品として、45%OFFのものまでございます。

※通販も適宜対応致しますので、お気軽にメールでご相談ください。

 

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「七種の日」だそうです。

ひょんなことから手に入れた「かまどさん」。ごはんも美味いけどお粥も美味いね。

 

というわけで、diariesのこのご時世で10%OFFなんてケチくせーなセールも明日までですよ!!!

できれば最終日まで足を運んでいただきたい!別に何も起きませんけど!

いやまあ10%というのもウチの店にとってはホント限界でして。

何が限界って、いつもお買い上げいただくお客様に失礼にならないための割引率ってことです。

お店ってのはお客様ありき。

最も尊重すべきは、当店でお買い上げいただくという意思であり、その期待に背くわけにはいかないんです。

僕自身が、自分で買った靴が投げ売りされてて、ものすごく悲しい気持ちになったことがあるので。

だから基本的にはセールはやりません。

なので、いわゆる「お客様感謝」を値引きではなく、預かったお金でさらに面白いアイテムを調達するという

お客様とお店の相互関係を築いていくことが大事なのではないか、そう思うわけです。

 

そしてこの考えは、そのまま私のモチベーションに影響を及ぼします。

そもそも自分のお金ではないと考えると、服1着選ぶ瞬間にすら緊張感が生まれるんです。

あのお客様は満足してくれるのか?喜んでもらえるのか?ってね。

自分自身を追い込むための考え方が、このケチくさいセールなわけです。

 

だ・け・ど!カッコつけてても背に腹は代えられない時がありますね!www

長々と書きましたが、上記の内容は実は一言で終わります。

つまり「買ってね!」ってことです!wwwwwww

ダサくてすいません!カッコつけるって大変ですね!

 

でもその分、買い付け頑張ってきますから!よろしくお願いしますよ!

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】Lock & Co. Hatters(ロックアンドコー)

【アイテム】Voyager

【価格】¥61,560-(税込)

【コメント】

2年ぶりに届きました!

ハットの王様!

ご覧ください、この風格あるスタンプ。

 

いや~ホントこれを手に入れるまでの紆余曲折ったらもう大変でした~!!!

 

そろそろちゃんとした帽子が欲しいなと思いたどり着いたのが、ボル○リーノとジェームスロック。

できるだけ人とかぶらない(帽子だけに!)ブランドってのと、当時はイタリア物あまり持ってないしなということで、

ジェームスロックの方に白羽の矢を立てました。

(今じゃボル○リーノも民事再生になっちゃって・・・ロックで正解だったな。)

 

ちょうどロンドン行こうと思ってたタイミングだったので、現地で買うかー!と意気込んでおりました。

そうしたらちょうどマーケットでヴィンテージのバッキバキのボウラーハットがあるじゃないですか!

しかし、やはりそこは本場、試させてもらったのですが60㎝オーバーのサイズなんてあるわけないじゃない。

しょうがない。ヴィンテージは諦めてジャーミンストリートまで行けば本店近いし~と思ったら、

シュナイダーブーツで割と時間を取ってしまい閉店時間!!!

 

帰国後、意を決して新宿某百貨店メンズ館に行くものの、

やはりロックはたくさんのボルサに紛れて2点だけ。ニーズの差か・・・

そして俺は頭囲61のXLを下さいと言うと、女性店員は半笑いで「そのサイズは作ってないみたいです。」だってさ。

 

バ・・・バカにしやがって・・・

さっき頭でっかちって書いたけど、ものの例えじゃねーかよ・・・ブログのことだろーがよ・・・

それでも諦めきれず、有楽町の某メンズ館でも同様の結末。

 

そこで俺は決めたね。

「XLがないなら、自分の店でオーダーすればいいじゃない!」(マリーアントワネット風に)

という感じで、いつもの私の逆恨みというダークサイドにより入荷してきたわけです。

商談の時、先日の経験から「XLって作れるんですか?」と恐る恐る商談でたずねたとき、

代理店の方が「普通に作れますよ~」と言ってもらえたのがどれだけ嬉しかったか!

 

やっぱり改めて個人オーナー店っていいと思うんですよ。

バイヤーと販売員が近ければ近いほど良い買い物ができるはずなんです!

 

どうです?

なかなか商品説明が始まらなくてイライラするでしょ?

すいません。俺の愚痴でした!!!

 

じゃ、改めましてロックアンドコーです!(ブランド説明に入ります。)


Lock&coは、1676年に設立されました。

世界で最も古く、また現存する家族経営企業の中でも最古の事業の一つです。

長い歴史の中においては、ネルソン提督・ウィンストンチャーチル・ボーブランメル・オスカーワイルドなど、

偉大な人物の頭部を飾りました。

そのような最良の顧客に相応しい、最高のデザイン・最高の素材・最高のサービスを心がけ、

その原則は、創業者のジェームスロックが現在と同じセントジェームスストリート6番地に店を構えた頃から始まり、

以来7世代に渡り今日まで守り続けています。

2つのロイヤルワラントは、その証です。


という、まさにこれ以上ないくらいのトラディショナルでスタンダードな帽子ブランドです!!!

 

そのようなブランドの中からセレクトしたのはコチラ。

Lock&co定番のVoyager(ボイジャー)。

Voyager=航海者・冒険家の名のごとく、あらゆるシーンにかぶっていけるよう、このタイプにしました。

しかしLock&coとしての品格・エレガントさを表現するため、ブリム(つばの部分)は今回は6㎝で。

またVoyagerは折りたたみも可能。いわゆるクラッシャーハット、パッカブル、ローラブル。

その秘密は素材にあります。

ラビットファーのフェルト。

さらにLock&coのラビットファーは、野生のウサギの毛を使用しているというこだわりよう。

それをグログランバンドで飾ります。

もちろんラビットファーを使用しているにも意味はあります。

高級なブランドだから高級素材?

確かにラビットファーの方が通常の羊毛フェルトより光沢があるので、高級ではあります。

しかし、先ほど書いたようにローラブルという点がポイント。

ラビットの方が羊毛よりも柔らかでキメが細かく、復元性が高いので型崩れしにくいのです。

例によって箱は別売りですよ~!

 

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018