Blog

Quilp(クイルプ)のChambers

ゴールデンウィーク期間中の休店日と営業時間変更のお知らせです。

5/3(金)~5/5(日) 通常営業 12:00~20:00 

5/6(月)短縮営業 12:00~18:00

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解の程よろしくお願い致します。





ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「名刺の日」だそうです。

実は、名刺の住所はまだ前のお店の住所のまま・・・めんどくさくて。

そういうのを愚図といいます。



さてお店の方ですが、GWは前半が忙しくて後半はヒマになる例年通りの流れ。

平成最後のラーメンに喜乃壺をキメたおかげで、前半は乗り切れました。


しかし後半ともなると私の集中力も切れてくる頃ですので、ヒマな時はボケ~っとしてます。

愚図でボケ。どうしようもない(豚)ですね。

長いGWもあとちょっと。

遊び疲れた方も、「まだ始まっちゃいねーよ(キッズリターン)」という方も

是非ともご来店ください。お待ちしております!!!





じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】Quilp(クイルプ)

【アイテム】Chambers

【価格】¥28,080-(税込)

【コメント】

Quilp(クイルプ)といえば、diariesではトリッカーズのイメージが強いですが、

トータルブランドとして洋服から帽子まで作られているんです。

もちろんどれもこれも非常に深いこだわりを感じ、高いクオリティで作られたアイテムばかり。

そのすべてを当店で表現するには、ちょっと荷が重いです。

なので、エッセンスだけ伝えることしかできてないのですが、

さすが当店のお客様はそれを敏感にキャッチしてしまうので、

いつもブログで紹介する前に売れてしまうんです。

今回は入荷も遅くなったりしたおかげもあって、ご紹介に至りました。



それでは詳しく見ていきましょう。

こちらは夏のライトアウターのような感覚で使えるスタンドカラーのシャツ。

例えば胸ポケットを見ると、「なんかデカくね?」って思いませんか?

このデフォルメ(強調)を使った、ベーシックなアイテムの中に潜む違和感。

それがクイルプの特徴だと思っています。

日常の中に潜む狂気。そんな風に例えてもいいかもしれませんね。

ブランド名の元になったダニエル・キルプを考えると。



そんなわけで、実際に着る僕らは違和感を楽しみ、

ふと気づくディテールにゾクッとしたり、

なんかバランスが良いのか悪いのかよく分からないんだよな

とか思いながら毎回違った着こなしを楽しんでみて欲しいです。



それでは違和感をバシバシ感じてください!

マチが・・・デカい!

もはやデカすぎてマチとしての意味があるのかどうか分からないほど!

カフが・・・長い!!

こんなに長いカフがヴィンテージであったのかどうか、それは定かではありません。

ですが、剣ボロの部分を見るとなんとなく理由が分かります。

YANKカフのような造りになっていて、袖口が調節できます。

開くとアウターなみの袖口の太さに。まさにライトアウターですね!

閉じるとワークシャツっぽくなります。

そしてブランドタグまで・・・長い!!!

コンセプトのMode & Artisansも忘れてはいけません。

Artisansというからには、素材がこれまたすごい。

使用する素材は「高密度オックスフォード」ですが、

あまりに高密度で見た目でオックスフォードって分からない!

さらに、オックスフォードてのはザラザラした手触りが特長なのですが、

高密度すぎてザラザラしません!!!w

なんか変な質感なんです。

よく洋服屋さんが使う「ヌメリ感」て、おそらくこのシャツを触れば分かります。



着てみるとこんな感じ。

サイズ感は大き目なので、Sサイズを無理矢理きてますが、普段Mサイズの人でちょうどよさそう。

ちなみにXSは完売してしまいました。

オーバーサイズにならない程度のAラインがカッコイイです。

太めのパンツには間違いなく合うやつですね。

なのでウチの店で売っているパンツならだいたい合いますね。

テンダー然りKUON然り。アメリカ軍のM-65と合わせるのもいいと思います。





それではまた。お店で会いましょう。