Blog

SBTRACT(サブトラクト)のLinen Crew Neck Sweat

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「雑誌の日」だそうです。

雑誌といえば、まさかのファッション雑誌・2ndが紙媒体を中止!?

私が唯一ファッションスナップで載った雑誌なので寂しいです!太っててウケましたね~!

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】SBTRACT(サブトラクト)

【アイテム】Linen Crew Neck Sweat

【価格】¥18,144-(税込)

【コメント】

徐々に2018年春物も入荷してきており、それぞれのブランド毎のシーズン立ち上げを象徴するようなアイテムが届いてます!

そして、diariesのサブトラクトに求める最初の一発といえばコチラでございます!!!

リネン100%のスウェット!!!

このブランドに出会うまで見たことがなかった、綿と麻の混紡ではなく、麻100%のスウェットになります!

 

初めて取り扱った時は、オーダーしたものの製品化されず、

その理由は糸の調整が難しすぎて量産できず、結局待てど暮らせど届かなかったということがありました。

工場はシーズンを重ねるごとにその調整が上手になり、製品と生産のクオリティも安定してくるわけであります。

ということは、売る方としても毎年取り扱った方がいいと思うんです。

例えば工場の担当者が変わっても、これは毎年作られるものだからと、しっかり技術が継承されるようにね。

だからずっとずっと応援していきたいですね。

 

そんな特別なスウェットを、もっと近くでご覧ください。

リネン100%のスウェットは技術的に非常に難しく、これまで生産不可能と言われてきた素材だそう。

こちらのスウェットは、リネン特有のゴワゴワ感を抑えて生地に滑らかさを出すために、

和歌山の職人が手作業で糸にワックスを2度擦り込むという、大変手間のかかる作り方をしています。

だからご覧の下さい、このツヤを。

当然写真では伝えきれません。テロテロとしたゼリーのような弾力とツヤ。

また色は製品染めなので、素材感を活かしたまま仕上がっています。

ちなみにこのスウェットですが、1日に3着程度しか作ることができないんだとか!

 

またこちらは裏毛のスウェット。

裏毛というのは、裏がパイル上になっているスウェットのことで、これがよく汗を吸ってくれて夏も快適なんです。

ぜひ素肌でも着てほしいスウェット。腕をまくってショーツに合わせるのもいいですね。

 

ただ、リネンの特性として、生地にするとどうしても「伸び」が生じます。

思った以上に伸びます。5㎝くらい平気で伸びます。

ですので、その伸びを計算して細目に作られています。

さすがにリブはコットンですね。リネンだと伸びちゃいますので。

 

だんだん暖かくなってきましたので、今からすぐに着られると思います。

から秋口まで長い間着られます。

ちなみにこちらのスウェットは妻が着ておりますが、洗濯を繰り返してもワンシーズンではまだほとんど風合いが変わりません。

繊細さと耐久性が両立している稀有な素材です。

 

最後に、サブトラクトの工場の映像をご紹介いたしましょう。

 

 

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018