SKIF(スキフ)のCardy

オンラインショップもご覧ください!つくばのセレクトショップ「Diaries」

☆★☆natunatunaの似顔絵をプレゼントに添えてみませんか?☆★☆

ダイアリーズの
今日は何の日?

今日は「キッチン・バスの日」だそうです。

昨日は月初だというのに、ブログをお休みして申し訳ございませんでした!!!
ちょっと特別ゲストと飲みに行くことになりまして、、、

そんなお詫びも込めまして、と言いながら本当は昨日紹介するはずだったとっておきのニットをご紹介します。
やっぱ月初めは気合い入れていかないとね!って1日遅れてんだけどね!

ドウゾ!

【ブランド】SKIF(スキフ)

【アイテム】Cardy

【価格】¥41,790-(税込)

【コメント】
SKIFというブランドのニットが入荷しました。

まずはブランド紹介からどうぞ。

----------------
1994年、アメリカはミズーリ州セントルイスで立ち上げられたブランド。
デザイナーのNINA GANCIは、マルタンマルジェラやエルメスのニットデザイン、
映画「マトリックス」の衣装デザインを手がけるなどの経歴を持つ。
クオリティーの高い天然繊維を使い、手編みや機械編みを駆使して作られています。
----------------
というものです。

なんと華々しい経歴でしょうか。
また調べたところ、マルジェラどころかMISSONIのニットも手掛けているとか。
ミッソーニって世界最高のニットブランドという認識を持っていますが、
まさかミッソーニがデザインを外注しているとはね。
また、マルジェラともかなり昔から親しいらしく、ブランド立ち上げくらいから手伝っているのだそう。
なので、超が付く一流メゾンのニット部門の陰の立役者と言っても過言ではありません。

そんな世界のファッションの最先端の人も頼みの綱にするような人が作るニットが、
まさかウチの店にあるなんてね。


「従来のニッティングを無視し、セーターの基本構造を変えるニットウェア」なんて表現されるくらいなので、
ウチにしてはかなりモード寄りのアイテムだと思います。

やはり毎シーズン、いい意味で期待を裏切りたいという気持ちがあります。
今までのセレクトがトラディショナルでクラシックなイメージが強かっただけに、
このニットが当店のお客様に受け入れられるかどうか心配して悩んだんですが、
結局「俺が着たいか着たくないか」というシンプルな答えに行きつき、仕入れることにしました。

なので、きっと誰にも分かってもらえないんじゃないかなと思います。
着こなすイメージが湧かないんじゃないでしょうか?

多分それは俺の責任。着こなしを伝えられないお店はダメだと思います。

なので、自分とお店のポテンシャルを上げるためにも、それを試すにも絶好のアイテムなのではないかと。

というわけで、入荷と同時にゲットン!

こんなあいてむ久々!
10年ぶりくらいではないでしょうか?
大学生の頃に着てたギャルソンのリネンニットやドリスバンノッテンを彷彿とさせます!

若い頃は自分でも全然似合ってないのが分かりましたが、今ならどうかな?

ボタンを留めない方が好み。

合わせる服は、「これからの時代を作っていく」という思いを込めて、
インナーのシャツはSemohのギャザーシャツを。
ふんわりしたシルエット・雰囲気を壊さないように、このカーディガンがしっくりきます。
パンツは、これまた今季より取り扱いを始めたDomestic Workwear。
トップスを活かす細身のシルエットが最高です!

それじゃ詳しく見て行きます。

襟の形はアシンメトリー(非対称)。
向かって右の襟はジャケットのようになってて、左はいかにもカーディガン。

ボタンはメタルボタン。

ボディは裏使いで、袖は表。

組成は、ヘンプ、コットン、リネン、ヴィスコースレーヨン、ナイロンなど、
様々な素材を組み合わせて作る、まさに時代の最先端ニットウェアです。

このブランドのお陰で、また一つハードルを越えることができました。
誰か付いて来てくれる方いませんかー!?

よろしくー

じゃ、また。お店で会いましょう。

--------------------------------------------------------------------------------–
【Diaries(ダイアリーズ)】

〒300-0035 茨城県つくば市松代2-1-5

Tel:029-875-7754

E-mail:info@diaries-shop.com

営業時間12:00~20:00(不定休)

オンラインショップ→「つくばのセレクトショップ Diaries」