Blog

TENDER Co.(テンダー)のPlautus Face Wrist Torc Bangle & Plautus Face Bead Bracelet

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「脱出の日」だそうです。

この日はパリ最後の日。

初めてのパリは無駄足多すぎで、回りたいところも回り切れず最後までバタバタでした。

でも最後の最後まであがくためにスーツケースをパリ北駅に預けて、向かった先はクリニャンクール。

ぼちぼち買える物買って見つけたのはこの宇宙船!?

中はこんな感じのレトロフューチャー。

欲しい!だけどどうやって移送するのこれ?てか商品???

ちなみにこの宇宙船の名前はFuturo。1968年に作られたレジャーハウスです。

日本にもあるみたいですけど。群馬県に。

ちなみに先週、久々に2001年宇宙の旅を見たんですけど、たぶんこのFuturo見たせいじゃないかな?

まさかパリでFuturoを生で見ることができるなんて、普通に感動しますよ!

しかし感動もつかの間、気を抜いてボケ~っとしてたら、スリにピッタリくっ付かれてました!

何も盗られてはないですけど、その気配の隠し方や身のこなし、

目の端で確認したポケットへ滑り込む鮮やかな手さばきなど、

もう熟練の域なのですが、まだ中学生くらいの女の子ですからね。。。

やっぱり気を抜いちゃダメです!

つーかもう、ぶっちゃけパリ疲れるわ~!

というわけで、向かった先はアントワープ。

3年ぶりのアントワープ。

3年前は何も買えなくて、もう二度と行くか!と思ったアントワープ。

久々に行ってみようかなと思ったのは、移動途中にあったのと、自分の成長を確かめるため。なんつって。

着いたのは夜なのでちゃんと写ってませんけど、やっぱりアントワープ駅はカッコイイ!荘厳!

そして怖い人もいない!ベルギー安心するわ~~~!

ヒューガルデンも日本の発泡酒並みの値段!安心するーーーーー!

ベルギーは部屋も広いし、久々に熟睡できるーーーーーーーーーー!!!!

わけのわからない絵がわけのわからない場所にあって、全っ然寝付けない!!!





じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】TENDER Co.(テンダー)

【アイテム】Plautus Face Wrist Torc Bangle

【価格】¥21,600-(税込)

【コメント】

今季最初の TENDER Co.(テンダー)のご紹介です。

相変わらずデニムの生産は遅れておりますので、シャツとアクセサリーが届いてます!

本日は、テンダーにしてはちょっと珍しいアクセサリーをご紹介します。

もはや出オチでございます!

棒状の真鍮のバングルの先に、おなじみのテンダーフェイス!www

ニュル~ンと顔が出てくるターミネーターT-1000のイメージ。

完全にキモカワ。たまんない!!!

本気か冗談か分からないスレスレのところが最高です!

しかもこの顔、向かい合ってるんですよ!

もう片方にもテンダーフェイス。

実はこのデザイン、由緒正しきヨーロッパの装飾品から取ったとか。

一般的には「バングル」と呼ばれるデザインですが、

もともとはTORC(トルク)という、鉄器時代(日本だと弥生時代)の鉄の首飾りがモチーフになっているそう。

トルクは合金ではなく単一の金属で作られ、両端には動物の頭が彫られていました。

それを手首サイズにし、動物の顔の代わりにテンダーフェイスを配したのが、このバングルというわけです。



また単一の金属ということで、素材はソリッドブラスを使用。

テンダーが最初からお願いしているジュエラー(宝石職人)にお願いし、

マスターパターンを銅で作ってもらいました。

それをロストワックス製法で鋳造。

仕上げにはニスやラッカーなどの化学薬品は使用せず、

砕いた大理石とともに振動槽で磨かれています。

さらにここから黒ずんできてアンティーク調になり、経年変化も楽しめます。


そしてサイズですが、ソフトブラスにしてくれてるので、

ゆっくり曲げてもらえればサイズ調節もできます。




さらに本日はもう1点ご紹介!

ドウゾ!

【ブランド】TENDER Co.(テンダー)

【アイテム】Plautus Face Bead Bracelet

【価格】¥34,560-(税込)

【コメント】

先ほどのバングルはキモカワでしたが、今回のブレスはキモイやつ!www

これでもかと言わんばかりのPlautusテンダーフェイスです!

一応この顔にもPlautus(プラウトゥス)という古代ローマ時代の劇作家の名前がついています。

なぜ劇作家かと言いますと、テンダーの象とサーカスが関係してます。

その関係は・・・省きます!w


ちなみにこちらのビーズも1つ1つ手作業で作られています。

同じくジュエラーによるロストワックス製法。

さらに今回はジュエラーかた、また違う職人の手に渡ります。

なぜなら留め具もオリジナルだから!!!!!

この砂時計型の留め具もオリジナル。ナスカンなんて使いません。

ビーズの大きさを元に、独特の形状をした留め具が作られました。

それからまた最初のジュエラーに戻り、スチール製の糸を通して完成です。

この徹底したこだわりがテンダーなんだよなあ~。



誰でも作れるわけじゃない。

デザイナーのアイデアと、それぞれを担当する職人がいて、

誰ひとり欠けても作れなくなってしまう。それがテンダーのアイテム。



実は、ジーンズやベルトなんかも人1人欠けてしまうと、生産が止まってしまうんです。

買う方は知ったこっちゃないですが、何度も存続の危機があったみたい。

でも良い物ほどそうですよね?



先日もdiaries取り扱いの商品だと、7CCRがブランド休止したように。

長年やってると、今買わないといけない物ってなんとなく分かってくるんです。

まあ、ウチの店にあるアイテムなんてだいたいそんなもんかな。



なので、手に入ることを本当に幸せに感じて欲しいんです。

僕はこういうアイテムが無事にお店に届いて、本当に幸せだと思っているので。

テンダー尽くし。





それではまた。お店で会いましょう。