Blog

WORKERS(ワーカーズ)の1-tuck trousers

日時:5/19(土)~5/27(日)12:00~20:00

Brand Concept:KUON(クオン)は日本語の「久遠」、「遠い過去または未来」「永遠」に由来しています。

世界中に存在する古着や古布の持つ歴史や文化を取り入れながらも、

その枠に捉われず、時代が巡っても変わらない、

理屈抜きのシンプルなカッコよさを追求することをブランドの真髄としています。

新しいものは古くなるけれど

美しいものはいつまでも美しい

Designer:石橋真一郎(Shinichiro Ishibashi)

丸の内の老舗テーラーにて修行後、

パリコレクションブランドのパタンナーとして入社、

2014年独立し、フリーパタンナーとして数々のブランドを手がける。

2016S/SよりKUONのデザイナーに就任。

 

 

 

 

 

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「ヨーグルトの日」だそうです。

給食で出てたヨークコア。あれ今買えないんですかね?大人買いしたいわ~。

俺の記憶の中ではLG21が一番近い気がします。でもなんと言ってもコアです。ハードコア。

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】WORKERS(ワーカーズ)

【アイテム】1-tuck trousers

【価格】¥16,200-(税込)

【コメント】

夏に活躍するパンツなのですが、気が付いたらラスト1点(Lサイズのみ)となっていたので、慌ててご紹介いたします。

こちらはワーカーズ流の夏用の長ズボン。

シャツ並みの涼しさと、パンツとしての耐久性を考えたどり着いたのが、5オンスのシャンブレーという薄さ。

これが作られた理由は、30代後半になってくると室内で半ズボンではいられないことから。

現に私も昨年夏に最も履いたパンツなのですが、1日中室内でエアコン付けていると、確かにダルくなります。

でもエアコン止めるわけにはいきませんからね。お店なので。俺も暑がりだし。

暑がりのくせに加齢で体が冷えるのは嫌だという私のワガママボディのニーズに、見事に応えてくれたパンツでございます!!!

 

またこれが非常に履きやすくて、立ったり座ったりが非常に楽。

というのは、デザインのベースとなっているのがジャングルファティーグという、アメリカ軍のカーゴパンツ。

そんなカーゴパンツをベースにしながら、なんと太もも部分のカーゴポケットを取っちゃったデザイン!

なのでお尻や太もも周りはゆったりしているから、動きが非常に楽なんです。

 

そして今季はさらに改良を加えられ出来上がったのがこちらのパンツ。

さりげなく、ひざにアクションプリーツがあるのが好きです!

こうヒップや太ももが太くて裾にかけてすぼまっているシルエットってだけで、「ギャルソンぽい」と言いたくなりますね!素人か!www

昨年のモデルは、裾にドローコードが入ってましたが、私は邪魔なので切ってロールアップしちゃいました。

そんな私のニーズを満たすかのように、今回は裾がキュッとすぼまりドローコード要らず。

さらに手軽に履きやすくなっています!

 

大分簡素になったかもしれないですが、その分ウエスト周りのディテールが凝っていますね!

前にはウォッチポケット。

ウエストはストラップで調整。この辺は軍パンそのまま。

なので、夏のイージーパンツとして考えた方がよさそうですね~。

 

ホント俺もよく履いたなと思って同機を考えてみました。

冷房でつまさきへの血流が悪くなる。

車に乗っていると、冷房で足が冷える。

お出かけ、特に夕暮れ時やお墓参りとか、蚊に刺されるのが嫌だ。

などなど。

考えてみると、ホントどうしようもないワガママ豚野郎だわ~www

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018