Blog

WORKERS(ワーカーズ)のLong Wallet Noblessa Calf

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「水戸の日」だそうです。

というわけで、今日はこれからちょっと水戸まで!

なので前置きは無しです!

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】WORKERS(ワーカーズ)

【アイテム】Long Wallet Noblessa Calf

【価格】¥32,400-(税込)

【コメント】

ワーカーズより、できたてホヤホヤの新作である長財布が届きました!!!!!

昨年、ドイツまで革を見に行ったと聞き、いつかいつかと待ちわびてましたが、いきなり出来上がってました!

この新年度のタイミングに合わせてくれるなんて、最高すぎますねー!

 

まああのワーカーズさんですし、ジーンズと同じように素材を現地まで見に行ってまで作られたサイフですから、

モノづくりにこれ以上信用が置ける人もなかなかいないよ!って思うくらいのワーカーズですので、

今更私から申し上げることはないのですが、2点だけ言わせてください。

 

まずはやっぱり革ですね。

「デザイナーのT野氏が現地まで見に行った」という現地とは、ドイツ。

タンナーはドイツの「PERLINGER(ぺリンガー社)」。

ぺリンガー社は150年以上に渡り家族経営で運営されており、創業者からかぞえて第5世代にあたるウルリッヒが代表を務めています。

 

まあタンナーはまあそれくらい歴史ありそなロゴしてますね!

そしてそのぺリンガー社の中でも使用している革は、「Noblessa Calf」というもの。

Noblessa=高貴という意味です。高貴なカーフ!

という革なのですが、すごく分かりやすく言うと「エル〇スが使ってます」ってことです!!!

高貴でしょ!?www

 

といっても下賤な私では使ったことのない革なので、デザイナーの言葉をお借りします。

 

使い続けると「モチっとした手触りにエイジングしていく」とのこと。

う~ん、使ってみたいことこの上なし!!!

表情はシボ革ぽいですが〇〇〇となります。

新品の段階ではサラサラとした手触り。これからモチっとモチオッティ。ちょっと想像つかないですね。

 

 

そしてもう1点が、小銭入れ。

コインはセンターにしまうようになるのですが、ジッパーやフラップが付いておりません!

以前ご紹介したPokitのサイフもそうでしたが、ジッパーを締めればコインが飛び出さない構造となっております。

 

ここに何もつけなかった理由としては、「薄く仕上がるように」といる考えがあるようです。

しかし、私は違うふうに受け取りました。

 

コイン部分にジッパーその他留め具を付けないことで、

使い込んだ後、ジッパーなどの留め具が革表面に浮き出なくて良いんじゃないか、と。

 

ですのでカード類をパンパンに詰め込まず、やはりサイフの中にも気を使ってスマートにお使いいただきたいサイフです。

 

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018