Blog

WORKERS(ワーカーズ)のMaple Leaf Jacket & Maple Leaf Trousers

NEW ENGLAND SHIRT FAIR 開催中!!!

 

 

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「ファッションショーの日」だそうです。

1927年、銀座の三越で日本初のファッションショーが行われたそうです。

意外と昔だね。

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】WORKERS(ワーカーズ)

【アイテム】Maple Leaf Jacket

【価格】¥38,880-(税込)

【コメント】

ワーカーズからは冬でも使えるジャケットが入荷してます。

ブランドとして通年定番のラウンジジャケットではなく、秋冬定番のメイプルリーフジャケットです。

タイプとしては、「3つボタンの段返り、チェンジポケット、フックベント」のジャケット。

段返りとフックベントというアメリカのジャケットらしいディテールに、

チェンジポケットというイギリスのジャケットぽいディテールが組み合わさってますが、

個人的には好きなバランス。なんでもアリだけど盛ればいいってもんじゃないからね。

そしてこれがMaple Leaf Jacketなのか、と聞かれるとそれはまたちょっと違いますかね。

WorkersデザイナーのT野さんが自分で作って名付けたジャケットです。

Maple Leafという名前は、T野さんが好きなラグタイムというジャンルの音楽の代表曲から、と勝手に予想。

また、そのように予想したのは、今季のこのジャケットのブランドリリースでブルースブラザーズをネタにしてたから。

まあ~名作ですよね!絶対見た方がいい映画の1つです!(2000の方はまだ見たことない・・・)

曲も「あ~!これ聞いたことある!」ってやつばかりなので、飽きませんよ!

哀悼の意を込めて、アレサフランクリンのシーンを貼りました。

ブルースブラザーズといえばロックな映画で、主人公2人のブラックスーツにサングラス(あとハットと黒いネクタイ)が特徴です。

しかし、なぜロックな映画にブラックスーツを着せたかというと、黒=ロックという単純な図式ではなく、

実はジョン・リー・フッカーというジャズミュージシャンに影響されてなんです。と、Wiki大先生が言ってました。

 

なので、そもそもこのブラックスーツはジャズミュージシャンから着ている。

そして、本日ご紹介するジャケットの名前はMaple Leafであることからすれば、

ジャズの中のラグタイムから来ていると考えられるかと思います。

 

そういや、この夏に紹介した商品で、こんなの思い出しました。

1958年にニューヨークのジャズミュージシャンを集めて写真撮ったよ!ていう、FotofolioのTシャツがあったでしょう?

トムハンクス主演の映画・ターミナルのインスピレーション元にもなった写真のやつ。

なるほど確かにみんな黒い(またはグレー?)のスーツ着てるわーーー!

またこの写真の中にラグタイム奏者はいるのかな?と思って調べてみたら、Horace Silverという方がそうみたいです。

どの方かは知りませんが。あまり深く突っ込んで、うっかり「スーツ着てねえじゃねぇか!」ってなったら困るので。www

 

と、ちょっと話が逸れましたが、商品紹介に戻りましょう。

先ほども書いたように、段返りにチェンジポケットなど、ミックスしたディテールはまさにジャズの様とも考えられます。

また形も袖は立体的に前に振られ動きやすく、シルエットもキレイです。

もしかすると、この動きやすさというのもMaple Leafに必要なのかも?

だってこのジャケットのコンセプトからすると、「ジャズミュージシャンが演奏できる」くらい動けそうでしょ?

気持ち着丈が短かったりと、軽快な印象だと思います。

 

なんて書いてますが、そもそもワーカーズのジャケットはどれも動きやすく作られているので、俺の考えすぎだけどね!www

(でもこうやって背景を考えるのが、diariesの服の楽しみ方なんですよね。服ヲタでしょ?w)

 

次は予想じゃなく確実な話。

今回オーダーした素材のせいで、実は動きやすく作らないとヤバかったのかも???

diariesが今回オーダーしたのは、ダブルクロスという生地。

これが極厚でヤバイ!ジャケットならおそらく立つレベル。

例えるならレザーのよう。綿100%なのにガッチガチ!でも着れば着るほど柔らかくなります。

こちらは浜松産の超高密度生地だそう。

ざっくり説明すると、ヨコ糸が細い糸と太い糸の2種類使う。

それに乗っかるタテ糸に段差ができる。

結果、二重構造のような状態になり、生地に厚みが出る。

まるで2枚の生地を貼ったように感じるので、ダブルクロス。

でいいのかな?間違ってたらスマソ。

 

ま、厚くて対決しがいのある生地だと思ってもらえれば!

対決って!!!w

 

もし全身全霊でダブルクロスと対決したい方は、こちらもオススメです!

【ブランド】WORKERS(ワーカーズ)

【アイテム】Maple Leaf Trousers

【価格】¥20,520-(税込)

【コメント】

まさに全身!ダブルクロスで最初はガチガチ!

最初は自分の物で無さそうなので、だんだん柔らかくなっていくことで、やっと自分の服になった気がするんです。

退色も含め、経年変化好きにはたまらないアイテムでしょう。

 

またブルースブラザーズを引き合いに出されたら、これはもう上下揃えないわけにはいかないです。

綿100%だからガンガン着ることができますし。

(洗濯表示はパンツは洗えますけど、ジャケットはドライです。袖の裏地がキュプラのため。ま、俺は洗っちゃいますけど。)

こんな上下があると、冬のイベントも楽しくなりますね。

秋冬のライブやフェスとか(またフェスかよ!)、みんなアウトドアの機能的な服を着てる中、こういうのもいいよね。

夏のイベントではできない恰好です。

 

シルエットは、Workers Officer Trousersより裾幅を狭くしてるとのこと。

でもこの生地の厚みで足の上げ下げに支障をきたさないのはさすがのパターンメイキング。

このたたんだ時の、お尻がピョッと出たこの部分。このゆとりは絶対必要ですね。

ポケットのフラップは両方とも。

前はボタンフライで、ウォッチポケットが付いてます。

フラップが多いので、得した気分になります。(どういう紹介だ・・・)

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018