Blog

WORKERS(ワーカーズ)のSilk Knit Tie

James Mortimerトランクショー終了しました!!!(まだまだマイナーでしたね~)

 

つくばロックフェス2018 チケット発売中!!! ※日曜13時まで※

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「カルピスの日」だそうです。

カルピスプレスリー!!!

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】WORKERS(ワーカーズ)

【アイテム】Silk Knit Tie

【価格】¥8,100-(税込)

【コメント】

なんだかんだで気が付くと完売しており、やっぱり人気なのでどんどん色が増えていく、

ワーカーズのシルク100%のニットタイでございます。

全色ではないですが、個人的にお気に入りの色が揃ったのでご紹介させていただきますね。

ワーカーズさん曰く、この工場が無くなったらどうしよう・・・というくらい、

もう日本ではここでしか作られてないという貴重なファクトリーのシルクニットタイ。

 

ワーカーズのデザイナー・T野さんが、工場を訪れた時のことをブログで詳細に書いていますので、下記のリンクをご覧ください。

↓↓↓↓↓

Silk Knit Tie Factory(Click!)

 

私もこのブログを読んでみて、個人的にツボったのはココ。

なんと編みデータをカセットテープに記録!?!?!?

マジで?すげー!ていうか磁器テープが心配です!!

目黒のワルツに探しに行かなきゃ!

 

そんなことはさて置き、今度はちゃんと製品を扱う者としてツボったのはここ。

靴下の編む機械を改造して作られたという、小寸の丸編み機。

 

そしてこれで作られたニットタイがこちら。

小っちゃい丸胴のタイになります。

丸胴状なので、要は生地が2枚重なっているのと同じ状態。

安物のペラペラのニットタイとは違います。

プレーンノットでもしっかりボリュームが出るんです。

なのでこのように、ワイドスプレッドカラーでもイケちゃいますね。素晴らしい。

あ~、やっぱりブルー系のストライプにシャンパンゴールドのネクタイは鉄板だわ~。

私も営業やってた頃は、新規のアポではだいたいこの色の組み合わせ。

清潔さ・爽やかさと、適度なオシャレ感を出せる色だと思います。

2回目のアポはピンクのシャツにグレーのドットタイでしたね。

3回目の契約時は、白シャツにレジメンのタイでビシッと決めに行く。

と書いてますが、そう簡単にいくわけねぇーわ!理想だ理想!!!

でもこうやって妄想に浸れるファッションはやはり楽しい。妄想の中では俺最強。つまりファッション最強。

 

で、今ある色はコチラ。

まさにこのGoldが今季の新色になります!

そしてグレーとカーキ(グレートカブキ)は私が一番使う色でもあります。

ちなみにグレートカブキさんは、現在文京区小石川で「かぶきうぃずふぁみりぃ」というお店を経営してます。

 

ダークトーンの方はコチラ。

左がMidnight。夜。つまりダークネイビーってことですね。

真ん中がド定番のNavy。

右はForestでグリーンです。色が分かりにくいですけど。

 

シルクならではのツヤは、色が濃いやつの方が分かりやすいかもしれませんね。

夏なのであまり使う機会もないかもしれませんが、最近はビジネスシーンでも重宝します。

というのはクールビズを初め、ビジネスシーンのカジュアル化が進んでいるので、

ニットタイくらいのボリュームがちょうどいいと思うんです。

あとはノータイでもOKと言われても、気分でニットタイを締めてみてもいいんじゃないかな~?

あなたのモチベーションが上がるのであればね!

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018