Blog

WORKERS(ワーカーズ)Medium Wallet Noblessa Calf

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「クロスカントリーの日」だそうです。

この2,3か月、全く運動してないのでちょっとヤバイですね。

あ、でも買い付け直後はみなさんから「痩せた?」とよく言われました。

なんでだろう?海外の食事が合わなかったかな~?って思ったんですが、

iPhoneのアプリ「ヘルスケア」で万歩計を見たらなるほどね。

パリ着いたその日に1万歩超え!?7㎞。ウエストン5足担いで5㎞はまあまあ辛かったな~。

初めてのパリに戸惑いつつも、10㎞以上と踏破!疲れたなー!

展示会へ行った日も、なんだかんだで歩いてました!どんどん距離が増える!

明日の蚤の市ではどれくらい歩くのか不安になるレベル。

ほら、やっぱり歩いてた!歩きすぎ!効率悪すぎ!階数が異常???

日曜も午前中蚤の市で割と歩き、残った時間で街を回って、やっぱり10㎞。

初めてのパリは疲れた思い出しかないわ。

アントワープも回るところ少ないけど、ずっと歩きなので10㎞超えます!

割と慣れてきたアムステルダムは、電車とトラムで歩くのを抑えられます。

とはいえやっぱり10㎞超えますね!



とこのように、マジで体力無いと海外買い付けなんてやってられない!

この距離プラス、良い物買い付けたら荷物は増えるし、

物が出ないと今度は気持ちが焦って足が進むし、

新・技・体が揃ってないと、いい仕事なんてできないんだなと改めて思いました。








じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】WORKERS(ワーカーズ)

【アイテム】Medium Wallet Noblessa Calf

【価格】¥30,240-(税込)

【コメント】

ワーカーズより、できたてホヤホヤの新作である長財布が届きました!!!!!

デザイナー自ら ドイツまで革を見に行くことから始まった財布です!

ちょうど1年前に長財布が登場しましたが、今度は二つ折りタイプ!

でも大人が持ってもカッコイイ二つ折りです!!!

それでは詳しく見ていきましょう。



まずは革から。

タンナーはドイツの「PERLINGER(ぺリンガー社)」。

ぺリンガー社は150年以上に渡り家族経営で運営されており、

創業者からかぞえて第5世代にあたるウルリッヒが代表を務めています。



まあタンナーはまあそれくらい歴史ありそなロゴしてますね!

そしてそのぺリンガー社の中でも使用している革は、「Noblessa Calf」というもの。

Noblessa=高貴という意味です。高貴なカーフ!

という革なのですが、すごく分かりやすく言うと「エル〇スが使ってます」ってことです!!!

高貴でしょ!?www



といっても下賤な私では使ったことのない革なので、デザイナーの言葉をお借りします。

使い続けると「モチっとした手触りにエイジングしていく」とのこと。

使ってみたいことこの上なし!!!

表情はシボ革ぽいですが〇〇〇となります。

新品の段階ではサラサラとした手触り。これからモチっとモチオッティ。ちょっと想像つかないですね。



次が引手。

この上品な革にそぐわないようなゴツ目のジッパーがワーカーズらしいところ。

YKKがオールドアメリカンジッパーを意識して作った特別なジッパーだそうです。

しかしあまり人気が無いらしく、1回だけの生産で終わる勢いだとか。


さらにこのガリガリしたジッパーなのに、ファスナーテープにはコットンを使用!

この天邪鬼っぷりは好きです!!!



素材といえば、財布は裏までちゃんと作ってあるかがポイント。

お札が入る部分なんかは見えないので、ほとんどのサイフはペラペラのナイロンですが、

こちらは当然のように革です。コストかかってるのが分かります。

小銭も大量収納が可能。立体的にガバっと開く小銭入れ。ものすごく使い易いです!

中は硬めの牛革を使っているということで、二つ折りですが簡単にはつぶれなそう。

とはいえ、ケツポケットに入れて使うのはちょっと・・・って感じです。

サイズもケツポケットには入らないかも?折りたたんだ状態で12㎝×11㎝なので。

二つ折りにしては大きいなとは思うんですが、

個人的には二つ折り財布でもそこそこのボリュームがある方が好みです。

フェ〇ージのサイフでそう思いました。コロンとした感じのあのやつ。

なので、いつもよりちょっとだけ丁寧に扱いたい二つ折りサイフは、

大人っぽいな~と思います。





それではまた。お店で会いましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019