Blog

Yarmo(ヤーモ)のButcher Coat

Bijoux Touareg du Sahara

(訳:サハラ砂漠のトゥアレグジュエリー)

日程:4月28日(土)~5月6日(日)12:00~20:00

場所:diaries(茨城県つくば市松代2-1-5)

 

STORY

アフリカ大陸北部に位置する世界最大の砂漠であるサハラ砂漠。

その中を遊牧しながら生活している青い民・トゥアレグ族。

トゥアレグ族のシルバー細工は、伝統工芸として代々受け継がれて来た文化であり、

ヨーロッパの国(特にフランス)でネイティヴジュエリーと言えば、まずこのトゥアレグシルバーの名が挙がるほど。

フランスを代表するブランドであるHERMESでもコレクションが発表されているほどポピュラーな存在です。

純銀(ほぼ100%に近いSilver)を使い、鏨(タガネ)を使って柄を生み出す手彫りが特徴です。

 

CONCEPT

大量生産・大量消費の時代の中、同じ製品を作っていてもその時の作り手の気分が入り込み、

それが製品に反映されて1つ1つ違っていても良いのではないか?それは人が作っている物だから。

今日と明日では同じ物は出来ない。遠くサハラ砂漠で製作されるJewelryがあります。。

現代の職人が製作した作品と、時を経てAntiqueとなった作品をご用意しました。

たくさんの中から自分だけの作品を見つけてください。

 

 

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「日本ダービー記念日」だそうです。

だってよバービー君、いやオービー君。

なんだかんだ言っても、ダービーって言葉のカッコよさは異常だわ!

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】Yarmo(ヤーモ)

【アイテム】Butcher Coat

【価格】¥30,240-(税込)

【コメント】

これまた異常にカッコいいアウターが届いております!

ヤーモのいつものブッチャーストライプシリーズ。

でもコートをオーダーしたのは何年ぶりかな~?

初めてセレクトした時は、コートだったのを覚えています。

次の年はジャケットとパンツのセットアップ。エプロンもあったな。

昨年はワンピースでした。

まあざっくり3,4年ぶりくらいになるかと思います。

 

それでは詳しく見ていきましょう!

まずは、ヤーモのブッチャーストライプシリーズは、基本的にレディースに用いられます。

ハードな印象のブッチャーストライプを、女性が着るというミスマッチがカッコイイんです。

でも、もちろんサイズがあえば男性が着てもいいですけどね。

レディースサイズでSとMを用意してますが、メンズでいうとXSとSくらいで考えといてください。

 

以上を踏まえると、ラペル(衿)が通常のノッチドラペルでありながら、ラウンドカットされているのは、

ひと添えの女性らしさを残したと考えていいかもしれませんね?

 

そして先ほどからブッチャーと連呼してますが、まだご存じない方に説明すると、

Butcherとは肉屋の意味。

肉屋のストライプとはどういうことかといいますと、肉を切った時に飛んだ血や汚れを

視覚効果で隠し、汚れを目立たなくさせるための柄として生まれました。

当然それはまだ洗濯方法が今より劣っていたり、汚れを落としやすいビニールなどの化学繊維が広まる前からありました。

だからファッションのためというよりも、実は非常に実用性に基づいたものになっています。

 

なので出自が思いっきりワーク!

ワークウェアなのに素敵に女性に似合っちゃう!

洋服が好きになる瞬間でもあるんです!

しかもワークウェアだと、こんなチョーカッコイイストライプでも、カッコよすぎないのが良いところ。

 

diariesでセレクトする服って、そもそも「隙のある服」が多いと思います。

なぜか?

それは、計算されてカッコよく作られた服は、誰が着てもカッコイイんです。

しかし隙がある服には、着る人の雰囲気が入り込む余地があり、

言葉で説明するのは難しいのですが、しっくりくるというというか、本当に似合う服になるというか。。。

 

お店としても、やっぱり難しいところを突いていきたくて。

ぶっちゃけどんな人でもカッコよくすることはできます。素材とサイズにこだわればね。

ですが、オーダーメイドでもないのにその人にしか似合わないような服を見つけることができた瞬間って、

ただの買い物じゃなくなっちゃって、出会いって言葉だと軽くて、邂逅!になるんですよ。

 

服が好きだと、そこでドーパミンがグワワァーッと出ちゃって、

またあの体験を味わいたくなって、どんどん服にハマっちゃうんです。

 

すいません。

もう既に私がドーパミン出まくりで、話がそれてましたね。

 

そうそう、カッコよすぎない服。

それはこんなところも。

そこそこの値段がする服にもかからわず、ボディとポケットの柄合わせをしようという気持ちが

全っっっっっっっっ然感じられないところ!!!!!www

むしろ「これがワークウェアだろ?」って感じで、これに誇りを感じます!(深読みしすぎ)

ちなみに反対側のポケットも。

もう結構イラっとくる柄になってるから!!!!!

そこのストライプだけは隠せよと言いたい!

 

でもこんなことが許されるのはワークウェアだからなんです!

あ~俺も生まれ変わったらワークウェアになろう。適当に生きよう。

ドMだから雑に扱われても平気だし。

 

なんですが、ちゃんとしてるところもあります。

それもヤーモだから。

言ってもね、100年続くワークウェアブランドだからね。

いまだにイギリス製にこだわっているからね。

やればできる子。

 

胸ポケットのステッチとかも味があるんですよ。

胸ポケは裏についてたりしますからね。

生地的にはちょっと厚ぼったいと思われるかもしれません。

でも実は春夏向きの服。そんなに厚くないですし、暑くないです。

実は私も、この素材のパンツを持っていますが、冬は寒いので履いていません。

春・夏・秋の3シーズンはいてますよ。

なので、アウターも春・秋で来てもらえるといいかなと思います。

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018