Blog

Yarmo(ヤーモ)のRailway Jacket

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「財務の日」だそうです。

事業主の皆さん!確定申告お疲れ様でした!深刻さが確定したようなもんですけどね!

そんなうすら寒いことしか思いつかないくらい追い込まれてます!

今日はこれから入荷した靴30足分の靴ヒモ通しが待ってるので、そそくさと商品紹介に移ります!

とりあえず靴ヤバし!

 

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】Yarmo(ヤーモ)

【アイテム】Railway Jacket

【価格】¥23,760-(税込)

【コメント】

暑かったり寒かったりと忙しいですね~。

そんな時に必要なのが、こういった薄手のアウター。

しかも丸洗いできるやつ。花粉とかも付いちゃうしね。

洋服を楽しみつつ、着て脱いでをめんどくさがらずに、体調も整えましょうね。

 

というわけで、先日ご紹介させていただいたドライバーズジャケットは、おかげさまで好評。

でもさすがに8年間毎年扱っているので、だいぶ多くの方に行き渡ってきた感がありますね。

しかしここに来て、ヤーモがドライバーズジャケット並みに使えそうなアイテムをリリースしたのが昨年秋のこと。

 

その名もレイルウェイジャケット。

レイルウェイという名前は、おそらくですが鉄道作業員のイメージではないでしょうか?

イギリス国鉄の制服のイメージ?

レイルロードジャケットと言っちゃうと、古着をはじめ洋服業界ではアメリカのデニムカバーオールの印象が強いので、

レイルウェイジャケットと呼ばざるを得なかったような苦しさを感じます!www

ただ、それでも作りたかったジャケットということでしょう!

確かに力作でございます!

 

ディテールはというと、目を引くのはやはりこのノーカラー。

着てみると首元スッキリ

Shirts/TENDER Co. (Type483 Tesseract shirt) ¥45,360-

Pants/KUON (Dorozome wide pants) ¥31,320-

Shoes/7CCR (7171 Slip-on with zip) ¥価格非公開

ウチみたいなワークスタイルにもしっかりハマるシルエットです。

ワークウェアなのにどこか洒脱な雰囲気が持てる。ノーカラージャケットならでは。

 

襟を寝かせてかっちり着るのもいいですね。

Shirts/INDIVIDUALIZED SHIRTS (Cambridge oxford B/D) ¥24,840-

Pants/WORKERS (Air force baker pants) ¥18,360-

Shoes/SANDERS (Straight tip oxford) ¥52,920-

アメリカ物のヴィンテージのエンジニアジャケットは、ノーカラーでもVネックになってしまってるので、

このような着こなしはできません。どうしてもコテコテのイメージになってしまいます。

 

また今回は色展開も渋くて、フレンチワークのインクブルーのような色と、

ストライプの方は、「ジャーマンストライプ」という名前が・・・

もはやどこの国のワークウェアなのか全然分かりませんね!!!

まあこれはこれで、アメリカ物のヒッコリーとはまた違ったドレッシーな雰囲気に着こなしてもかっこいいと思います。

 

そうそう、この辺はイギリスのワークウェアらしくて好きですね。

ポケット補強用のテープをダダダーって縫い付けちゃうところ。

表にアタリが出てくるとカッコいいんですよね~。

そしてテープはやっぱりヘリンボーン!!!

 

 

他にも着こなしとしては、ノーカラーにフードを合わせたりとかよくやります。

あと個人的には首が短いのが悩みなので、首が長く見えるといつもよりカッコよくなれた気がします。www

こちらのジャケットもYarmo的には定番の仲間入りになりそうです。

でも毎シーズン素材が変わりますので、これだ!と思った方はお早めにどうぞ。

 

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018