BLOG

Zip Up Drill Jacket by JOHNSONS HOLDFAST (Dead stock from 1960’s~)

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「リサイクルの日」だそうです。

寒さが増すほどにモフモフになってくるウチのネコ。

ブラッシング(ファーミネーター)でとれた毛をリサイクルして、セーターを作れないかな~と。

まあそれくらいボ~ッとしながら毛を刈ってたら、一か所ハゲましたけどね。ごめんよ。

 

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【アイテム】Zip Up Drill Jacket by JOHNSONS HOLDFAST (Dead stock from 1960’s~)

【価格】¥25,920-(税込)

【コメント】

まだまだ溜まってるデッドストックです!

本日ご紹介するのは、割と直球なヴィンテージアイテムになります。

1800年代から存在し、1980年ごろに消失してしまったイギリスのワークウェアブランド。HOLDFAST。だと思います。

だと思いますというのは、初めて見るタグなので。

分かりやすいホールドファストのタグだったらよかったんですけど。

一応HOLDFASTの名前と一緒に、JOHNSONSとあるのですが、

HOLDFASTというレーベルはJohnson & Sons Ltd.という会社により運営されていたので、

どっちも書いてあるならHOLDFASTでいいんじゃないでしょうか!?

 

ホールファストといえば、数年前に日本でも復刻されてましたが、ちょっと早かったんですかね~。

実はOLD TOWNがデザインしてて、結構作りはよかったんですけど。

近年話題のライ〇ロを含め、イギリスに当時多数存在したワークウェアブランドの1つ。ライ〇ロなんかもね。

 

そしてこれまた面白いのが、このHOLDFASTを作っていたJohnson & Sons Ltd.が存在した地名がGreat Yarmouthってこと。

そう。あのYarmoのお膝元・グレートヤーモスにあったんですね~。

てことで、同業者ということで仲が良かったのか悪かったのか知りませんが、

服作りには共通する部分が多数ございます!

 

例えばこんなとこ。

唯一のディテールらしいディテールですが、胸ポケットの部分。

ヤーモのドライバーズジャケットと全く同じペンポケットの構造でございます!

ホントこんなどうでもいい部分に気づいてニヤッとしちゃう私は、やはりバカなんでしょう。

 

さらには素材も今季のヤーモとそっくり!

古いイギリスのワークウェアやミリタリーウェアに使用されるドリルという生地ですが、

分かりやすく言うと、一般的に使われる「ツイル」という織り方より荒々しいと思ってもらえればいいかな?

ツルッとしたツイルより粗く、デニムよりは細かい。触った感じとしてはそんなとこですかね?

なので、今季のヤーモが使っている「ムラ糸ツイル」もこれにそっくりなのでございます。

さらに驚くべきは、なんと染料がインディゴ!と、ディーラーから伺っております。

イギリスのインディゴってのは珍しいと思います!!!!!

最初はただのネイビーかと思いましたが、生地の淵を見るとなるほど確かにインディゴのような色ムラがあります。

これは着こんでみないとどうなるかわからないですね。でも私のサイズはないので、レポートはできませんでした!

ぜひとも着られるみなさんで楽しんでほしい逸品です。

サイズは38なので、日本人のS~M程度なので。

 

もう一つヴィンテージらしいディテールがこちら。

付いてて嬉しいアルミのAEROジッパー!

さらには、写真を撮り忘れましたけどコの字留めです!!!

これを見ると50年代の可能性も入ってくるかな?

 

なにはともあれ、50~60年前の服を真っ新な状態から楽しめるってのは贅沢ですね!

なので例えばポケット周りのアタリとかも、

胸ポケットの周りにステッチがあるけどなんだろな~と思ったら?

内ポケットを縫い付けたステッチだったのね~と思いつつ、

このポケットが浮き出るように色落ちがしてくるのを常に見られるのがいいなという、

変態的な楽しみ方をしてほしいです。

 

 

在庫は全部で4着あったのですが、すでに残り2着になっているので、なるべくならお早目がよさそうです。

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

GITMAN VINTAGE(ギットマンヴィンテージ)のWidespread Collar Shirts

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「貯蓄の日」だそうです。

は?マイナスだよ!!!

というわけで、荒れてます。主に胃が。

そんな時は、やっぱり日本酒に限りますね~!

先日飲んだ日本酒がこちら。その名も「マニアックラヴ」。ラブではなくてラヴがポイント。ダブではなくダヴと一緒。ヴ王。

お酒のことは置いといて、個人的にはこの名前からは懐かしさ以外感じません!

マニアックラヴといえば、青山のクラブでした。

基本的にはファイに行く方が多かったから、キャプテンファンクを聞きに行った時かな?

それでちょうど俺が茨城に帰ったタイミングでマニアックラブは閉店したと思うんだけど、

その時、つくばのお隣・土浦にあったクラブが、マニアックラブのサウンドシステムを引き継いだという情報を聞きつけ、

さらにそのクラブのオープニングイベントがRYUKYUDISCOだったものだから、

まさかこんな近くで琉球ディスコが聞けるなんてと思い、言った覚えがあります!!!

 

キャプテンファンク!琉球ディスコ!懐かしすぎて涙が出るわー!

 

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】GITMAN VINTAGE(ギットマンヴィンテージ)

【アイテム】Widespread Collar Shirts

【価格】¥21,600-(税込)

【コメント】

先日ご紹介させていただいたインディゴ染めのギットマンのシャツはおかげさまで大好評でした!

そして、1型だけかなり遅れて届いたボタンダウンが届き、やっとこさっとこ今季オーダー分のギットマンが出そろいましたよ。

今季もすべてプチ別注ですが、内容はかなり満足しています。

そんな中、新しいアプローチでオーダーしたシャツが今回のやつ。

カジュアルシャツという立ち位置のギットマンに、まさかのドレスシャツを作ってもらいましたよ!

いいのかな?どんなんなるんだろう?と期待と不安がフィフティーフィフティー。

しかしいざ届いてみると、もう楽しくてしょうがない!!!

ちゃんと冠婚葬祭からビジネス向けの形はとりつつも、しっかりとギットマンらしさも残った1着に仕上がってます!

 

それでは詳しく見ていきましょう。

まずは肝となる襟の部分。

 

やっぱりワイドスプレッドカラーにはウィンザーノットが合いますね!

襟のロールもばっちりです!

しかし久々にセミウィンザーで巻いてみましたが、慣れないせいかディンプルが甘ぇ~・・・(と、人に言われるまえに自分で言っとく。)

 

襟の裏側も見てみましょう。

カラーキーパー!

あなたのカラーをがっちりキープする、カーラーーーーーーキーーーーーパーーーーーーー!!!!!

台襟も高く設定されているので、カジュアルに着崩すのは難しいですよ!

 

次です。

ギットマンらしくスプリットヨークはありますが、ロッカーループはありません。当たり前っちゃ当たり前か!?

ピシッとアイロンをかけて着てくださいね!

素材は、今夏も使用したゼファーオックスフォードという生地。

通気性としなやかさと光沢を併せ持ったピンオックスのギットマンバージョンてとこです。

 

次。

敢えて指定はしなかったポケット。

実用的に結構大き目のポケットを付けてきましたかー!

でも一応ドレス寄りにVヘムにしてますね。

ブルックスやラルフにあこがれてきた日本人からすれば、

インディヴィジュアライズドシャツやギットマンブラザーズには、付いていてほしい胸ポケット!

自分がビジネスマンだった(今はヒママン)頃の経験としては、胸ぽけっとあった方がいいので、これでOK!

がしかし、既にニューヨークのウォール街では、胸ポケットは田舎者が着るダサいディテールとされています!

そしてギットマンのオフィスがあるのもニューヨーク!

それを知った上での胸ポケットということになるので、ギットマンらしさを貫いたことになるのでしょうか!?

はたまた、茨城の片田舎で着るシャツなんてこんなんでいーんだよジャ〇プが!ってことなんでしょうか!?

 

ファッキンジャップくらい分かるよバカヤロー!(アウトレイジ見てない。)

 

次。

ギットマンならではディテールといえば、一番下のボタンホール。

通常は、ホールの向きが横になって、ステッチもギットマンカラーのグリーンになってますが、さすがにこちらはノーマル仕様です。

ですが、よく見るとボタンの形状がいつもと違います。

いつも使用するボタンは厚みのある貝ボタンですが、今回は厚みがありつつも角を削ったボタンとなっています。

 

角落としはこちらにも。

カフスの形は角落とし。ラウンドではなく、カッタウェイを選ぶとは、さりげなく攻めてますね~。

陳腐な表現ですが、デキる男っぽいと思います。(ネクタイひとつ満足に結べないくせに!)

ちなみにサイズですが、こちらもXS/S/M/Lの展開となってます。

おなじみのインディヴィジュアライズドシャツと比較すると、

XS=14を着ている人

S=14Hを着ている人

M=15Hを着ている人

L=16Hを着ている人

と考えていただければ大丈夫かと思います。

では中間の人はどうすれば?

当店では、シャツの袖丈詰めのサービスも行っております。

カフスがあっても移動できるので、ご安心ください。料金は3000円くらいです。

ぜひともご検討くださいませ。

 

Gitman Vintage|Widespread collar shirt|white zephyr oxford

それではまた。お店で会いましょう。

店休日または営業時間変更のお知らせです。

10月の店休日または営業時間変更のお知らせです。

〇が付いているお日にちは店休日とさせていただきます。

ご来店前に、確認いただければ幸いです。

お客様のご来店を、心よりお待ちしております。

Gicipi(ジチピ)のCashmere Mix Crew Neck L/S

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「ボスの日」だそうです。

茨城を代表するボス=横綱となった稀勢の里が、これまた茨城らしいニュースを提供してくれましたよ!

稀勢の里、拾った木刀で異例稽古35分間(Click!)

筑西市で秋巡業中の稽古で、稀勢の里曰く。

「木刀はその辺(筑西市)で拾った。」とのこと。

 

木刀拾いたかったら茨城県へどうぞ!!!

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】Gicipi(ジチピ)

【アイテム】Cashmere Mix Crew Neck L/S

【価格】¥8,424-(税込)

【コメント】

メンズでは2,3年ぶり?の入荷になります。

diariesでのカットソーブランドといえば、ぶっちゃk最近はサブトラクトにシェアを奪われつつありますが、

やはりジチピはジチピにしかない魅力がありますね!

思えばジチピもdiariesがオープン当時から取り扱っているブランドで、今季で9年目を迎えます。

何年経ってもメディアに取り上げられるでも流行ることもなく、

ご購入いただいた方だけに圧倒的な信頼を得ている、静かなブランドでございます。

まるでdiariesのよう・・・

ま、変な流行に惑わされず、このままずっとやっていけたらいいなと思えるようになりました。

 

そんなわけですが、今季届いたジチピのコットン×カシミア生地は新作になります。

いつもはVネックをセレクトしてばかりでしたが、今季はクルーネックのみ。

しかし、ネック以外にも変更点がございます。

いつもは細身のジチピのカットソーですが、今季はゆったりコクーンシルエット。

コクーン=繭です。繭のシルエットをイメージしてください。

そして前身頃が短く、後ろ身頃が長くなってます。

 

さらに袖もやや短く。

短くというか、正直これでちょうどいいかも?

というのは、ジチピの袖ってすごい長いんですよ。

インポートウェアらしいっちゃらしいですが。

でもそれにしても長すぎるので、私は袖のリブを切り取ってきてます。

なので、そのリブが無いくらいの長さなので、個人的には理想的。

あ、もちろん耐久性も問題ないですよ、ジチピは。

 

そして久々の紹介なので、まだご存じでない方もいらっしゃるかもしれませんが、

ジチピは基本的に生地が素晴らしいです。

中でもこのカシミアミックスは一番好きかな。

タグの羊?あれ?カシミアってヤギから採るんじゃないの?それともこれヤギなの?これで???

まあ15%くらいしか入ってないので、華麗にスルー願います!www

なもんで保温性が高まるかどうかは正直知りませんが、肌触りは抜群に良いです!

そして洗濯もガンガンできますよ!

 

ホントにこの生地はオススメなので、これを機に是非とも着てみてほしいです。

ちなみに私もdiariesオープン当時買ったやつを3年ほど着まくりました。

さすがにくたびれてきたので、4年目からはパジャマへ移行。

それからパジャマとして2年。

あまりに気持ちいいのでずっと着ていたくなるんですよ。

なのでパジャマとしての方が回数は着たかも?

しかし、最後には乳首が透けそうなくらいになったので、

6年目には服を解体して布の状態にし、靴磨き用の布として全うしました。

心なしか、ほかの布より革靴も光るような気がします!!!

思い込みって大事ですね!!!!!

 

Gicipi|Misto cashmere 1706A giro collo ML|Forest
Gicipi|Misto cashmere 1706A giro collo ML|Caffe
 

それではまた。お店で会いましょう。

Yarmo(ヤーモ)のRailway Jacket

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「きのこの日」だそうです。

というわけで、おなじみ喜乃壺と書いて「きのこ」の至極の一杯をどうぞ。

今日のブログ、夜に見ちゃった人はヤバいね。

そもそもブログ書いている俺が食いたすぎる。でも日曜はお休みのお店です。ラーメン(アーメンの意味で。)

 

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】Yarmo(ヤーモ)

【アイテム】Railway Jacket

【価格】¥23,760-(税込)

【コメント】

秋が来ましたよ!そろそろアウターの出番です!

既にお買い上げいただいた方は、これからガンガン着てくださいね!

というわけで、先日ご紹介させていただいたドライバーズジャケットやセットアップのパンツは、おかげさまで好評。

でもさすがに8年間毎年扱っているので、だいぶ多くの方に行き渡ってきた感がありますね。

しかしここに来て、ヤーモがドライバーズジャケット並みに使えそうなアイテムをリリースしました!!!

その名もレイルウェイジャケット。

レイルウェイという名前は、おそらくですが鉄道作業員のイメージではないでしょうか?

イギリス国鉄の制服のイメージ?

レイルロードジャケットと言っちゃうと、古着をはじめ洋服業界ではアメリカのデニムカバーオールの印象が強いので、

レイルウェイジャケットと呼ばざるを得なかったような苦しさを感じます!www

ただ、それでも作りたかったジャケットということでしょう!

確かに力作でございます!

 

ディテールはというと、

テンダーのカバーオールとまではいきませんが、身頃の縫製にそってできるだけ大きく取られた胸ポケットがワークウェアらしいです。

上部のカッティングも斜めで、右利きの人には使いやすくなってます。左利きの人はドンマイ!

 

そして下の方に移る横のステッチ。

これは何かといいますと、裏返すとわかります。

ウエスト部分のポケットの縫製部分を補強するための当て布。

最も負荷がかかる部分ですね。

ダーッとテープを縫い付けちゃうところがワークウェアらしくて好きなディテール。

最初は表側からは見えなくても、着こんでアタリがでてくると外からも分かるようになるんですよね。

こういう経年変化が好きです。

 

袖口の処理は、ドライバーズジャケットと同じ。

人気で定番のドライバーズジャケットと同じ仕様にしたのは、こだわりなのかやっつけなのか?

それは俺には分かりません!!!でもどっちでもいいです。かっこよければ。

 

というわけで着てみました。

同ブランドのドライバーズジャケットよりさらにワークぽいのを意識してか、

比べるとワンサイズ近く大き目のゆったりフィットになってます。

肩幅はドライバーズジャケットと一緒でも身幅は広くなってるので、Aラインが強く出ますね。

となればやっぱり太いパンツは合うわぁ~!

身頃がたっぷりしている分、中にいろいろ着こめるのもいいですよー!

ニットはもちろん、インナーダウン的なものもOK。

ちなみに今回着ているのは、オランダ軍のデッドストックのキルティングライナーです。

 

それにしても、このノーカラージャケット、ノーカラーなのに襟の形がいいね!

ノーカラー=襟無しなのに、襟の形が良いという日本語は果たして正しいのでしょうか!?!?!?

それは俺には分かりません!!!でもどっちでもいいです。かっこよければ。(2回目)

 

素材も同じムラ糸ツイルなので、ヴィンテージテイストがドライバーズジャケット以上に相性良いと思います。

まだ同素材のパンツもございますので、あえてのノーカラージャケットでのセットアップなんてのも最高にカッコイイですね!

こちらもこれから定番として毎回扱っていく予定なので、どうぞお楽しみに。

Yarmo|Railway jacket|Brown
Yarmo|Railway jacket|Navy

 

それではまた。お店で会いましょう。