BLOG

WORKERS(ワーカーズ)のLot.802 Black Jeans Washed

※個人オーダーの場合、保証金として商品代の50%をお支払いただき、ご注文を完了させていただきます。

万が一キャンセルとなった場合、生産中止の場合を除きいかなる理由においても返金は致しかねますので予めご了承ください。

またご注文いただいたとしても、展示会サンプルとはサイズや色・風合いなどが異なる場合や、

稀に生産中止となる場合もございます。ご理解いただける方のみご注文を承ります。

※混雑した場合は、入場規制させていただくこともあるかもしれません。その際は整理券を配らせていただきますが、

何分小さなお店ですので、ご協力お願い致します。

また既にdiariesでTENDER Co.の商品をお買い上げいただいているお客様は、優先的に入店していただけますのでご安心ください。

 

 

 

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「バイクの日」だそうです。

バイクは男のロマンですね。

そしてファッション及び身だしなみも。

こちらはクリーニング屋さんのネクタイのパッケージ。

いつまでもこのままでいてほしいもんですね!

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】WORKERS(ワーカーズ)

【アイテム】Lot.802 Black Jeans Washed

【価格】¥22,680-(税込)

【コメント】

人(diaries内)呼んで「狂気じみたジーンズ」が、昨シーズンに引き続き新作デニムが登場です!!!

インディゴのデニム、ホワイト生機(きばた)デニム、そして今回はこれまた生機のブラックデニムです!

綿(わた)から作ったデニムということ!

綿から作るとは、つまり糸のさらに前段階からワーカーズオリジナルというわけ。

ワーカーズオリジナルではないのは、もはや綿を栽培する畑くらいのもん?

だから狂気じみているというのです!!!!!

 

で、今回のアイテムはデザイナーのT野さん曰く、ジャケットに合うブラックジーンズとのこと。

シルエットも定評のあるLot.802タイプです。

 

これがまた、インディゴ染めのデニムよりもコストがかさむんだそう。

そもそもインディゴほど人気は及ばないはずのブラックジーンズをここまで作り込むとは、本当に頭が下がります。

昔ながらのデニム生地同様、縮み・捻じれ防止、表面の毛羽を焼く毛焼きも行っておりません。

またこんな感じでネップがあるのも個人的には好きなところ。

実はこの良さを伝えるのが、お店としては一番難しかったりして。

 

分かりやすいところで言うとこういった部分なんでしょう。

ブラックデニムにしては、パキッと出たアタリ。

それもそのはず。

ブラックデニムにセルヴィッジ(ミミ)とは!?!?驚愕のディテール!!!

 

思えばブラックデニムをカッコいいと思ったのは何年ぶりでしょうか?

個人的には20年ぶりですね。

ちなみに20年前に買ったのは、リーバイス501のレギュラーを下北沢のDESPERADOで。

レギュラーのジーンズやリバースウィーブなんかを、安くしかも選び抜ける時代でした。

それで適度に色落ちしたブラックジーンズに、チャムスのハリケーントップに、ナイキのエアベイクドがその頃の定番。

 

そんな経験もありまして、今回セレクトしたのもウォッシュタイプ。

ワーカーズさんからは、ワンウォッシュのブラックジーンズと、こちらのウォッシュドタイプが出てますが、

もう完全に個人的嗜好でウォッシュドタイプのみでいかせていただきましたよ!!!

よく考えてみると、diariesにブラックジーンズが入荷するのって初めてかも?

それはそもそも、カッコいいと思うブラックジーンズに出会わないというのが理由で、

カッコ良いブラックジーンズぽいという意味で、テンダーのログウッドをお勧めしてました。

しかもログウッドは後染めなので、履いていくと青くなっちゃうし。

なので、純粋にブラックジーンズをセレクトしたのは初めてでございます!!!

 

 

何はともあれ、黒耳ブラックデニムてだけで、もうジーンズ好きはたまらない!!!はず!?

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

M.F.Saddlery(エムエフサドラリー)の1.25 West End Buckle Belt

※個人オーダーの場合、保証金として商品代の50%をお支払いただき、ご注文を完了させていただきます。

万が一キャンセルとなった場合、生産中止の場合を除きいかなる理由においても返金は致しかねますので予めご了承ください。

またご注文いただいたとしても、展示会サンプルとはサイズや色・風合いなどが異なる場合や、

稀に生産中止となる場合もございます。ご理解いただける方のみご注文を承ります。

※混雑した場合は、入場規制させていただくこともあるかもしれません。その際は整理券を配らせていただきますが、

何分小さなお店ですので、ご協力お願い致します。

また既にdiariesでTENDER Co.の商品をお買い上げいただいているお客様は、優先的に入店していただけますのでご安心ください。

 

 

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「米の日」だそうです。

茨城は米どころですが、稲穂が揺れるのを見ていると和みます。ウチはもともと農家だったので。

稲穂といえば、フジロックでレキシのライブをユウチュウブで拝見した時に、稲穂持ってるファンに度胆を抜かれましてね。

もうね、この光景を見た瞬間、まつりつくばで毎年呼んだ方がいいと思いましたよ。まさにフェスティバル。

そもそも田舎のお祭りなんて、大抵は豊作を願う農民の祭りなんです。だからだいたい雨が降る。

 

というわけで、お盆はみなさま田舎で過ごされた方も多いと思いますが、田舎やっぱりいいよね。

田舎ナメンナ

これぞ茨城の風景。つくばの中心から車で10分も走ればこんな光景が広がりますよ!

ちなみにこちらへは蕎麦を食べに。

味はまあまあですが、安いです。野菜天せいろで980円。

食べた後の散歩もオススメ。

全く気が休まらないおやすみ処もいいね!

こちらは小町の館。

小野小町にゆかりがあるとのこと。

看板も1つあれば十分だと思いますが、なにぶん高齢者の方が多いので親切ですね!

ちなみに当店取扱いのcomm.arch.(コムアーチ)とは、何の関係もございません。

大八車の車輪も、樽と英語を組み合わせれば西武劇になります。

おじいちゃんおばあちゃんから外国のお客様にまで優しい小町の館。

でもWelcomeだけだと、どこに来たか分からないかもよ!?!?!?

 

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】M.F.Saddlery(エムエフサドラリー)

【アイテム】1.25 West End Buckle Belt

【価格】¥11,880-(税込)

【コメント】

またまた新シーズンの到来を告げるアイテムですよ!

すっかりおなじみのM.F.Saddleryのベルト。

こちらは、マーティンフェイジーのセカンドライン・MFサドラリーです。

ブランド名のM.F.というのは、デザイナーのイニシャル。そしてSaddleryは馬具という意味。

マーティンさんといえばファイヤーマンバックルベルトですが、

こちらはイギリスらしい馬具をデザインソースにしたブランドということですかね?多分。

 

で、そのマーティンさんについても触れておきましょう。

Martin Faizey(マーティンフェイジー)。


Martin Faizeyは、イギリス人の革職人。個人名でのブランドは2011年秋冬から始まりました。
革職人として40年近いキャリアを持つ彼の代表的な作品が、「Quick Release Belt」。
クイックリリース=読んで字のごとく「素早く取り外し」できるベルト。
マーティン氏が「DAINES & HATHAWAY」(デインズ&ハザウェイ社)と共同制作し、世に送り出しました。
現在は、英国ウスターシャー州の工房で、数名のスタッフと共に、オールハンドメイドにて制作しています。


というブランドです。

ファイヤーマンバックルベルトとはまた違った、

このようなシンプルなベルトも作ることで、よりベルトの定番ブランドとしての地位が盤石のものになりそうです。

個人的には、ベルトはバックルが命だと思っています。

恐らく一般的にはレザーが命でしょう。

でもね、普通にセレクトショップで売っているベルトで、そんなに悪いレザー使ったベルトなんて見ます?

どこも良いレザーばかり。

だから、顔になるこの部分をどこまで考えているかにかかってきます。

そこには当然、「シンプルなほど難しい」という例の問題が出て来ますね。

 

バックルは正面から見た時の見た目はもちろん、

革の太さ・厚み・硬さに合わせて、微妙に変わってくるもの。

そんな中、このMFサドラリーのバックルは、シンプルながらその流線形が非常に素晴らしいと思います。

ちなみにWest End Buckleと名付けられたこのバングル。

ロンドンのとあるエリアを「ウエストエンド」と呼んだりするので、そのことなのかなぁと。

どんなエリアかって言うと、サヴィルロウ、オックスフォード、コヴェントガーデン、ピカデリーなどなど

、銀座と新宿と渋谷を回るような感じでショッピングなどができるエリアです。

というと軽く聞こえるかもしれませんが、古くからロンドンを盛り上げてきたエリアなので、

そのような歴史を含めてウエストエンドの名を冠したのかもしれませんね。

 

そうそう。もちろんレザーのクオリティも間違いないのでご安心を。

こちらはサドルレザーということで、ブライドルレザーよりも柔軟性は劣りますが、その分耐久性が増します。

オイルもたっぷり入ってて、いつもと同じ素材に思えてしまいそうですが、

固い分オイルなどが抜けやすいので、いつものブライドルよりはマメに手入れした方が良さそうです。

またジャベツクリフの時と比べると、穴に番号が振ってないのが寂しいと思いますが、

数ある同じようなアイテムの中でもあれはジャベツが始めたはずなので、ジャベツに敬意を表して選んでました。

逆にマーティンがジャベツのマネをして、同じデザインにしなくて良かったと安心しています。

どうぞ、サイズが揃っている内にご検討下さい。

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

店休日と営業時間変更のお知らせです。

〇が付いている日付が店休日となります。

※8/21は18:00閉店とさせていただきます。

また上記日程は随時更新いたしますので、ご来店の際にはご確認いただけると幸いです。

 

POKIT(ポキット)のClassic Shoulder Capsule

※個人オーダーの場合、保証金として商品代の50%をお支払いただき、ご注文を完了させていただきます。

万が一キャンセルとなった場合、生産中止の場合を除きいかなる理由においても返金は致しかねますので予めご了承ください。

またご注文いただいたとしても、展示会サンプルとはサイズや色・風合いなどが異なる場合や、

稀に生産中止となる場合もございます。ご理解いただける方のみご注文を承ります。

※混雑した場合は、入場規制させていただくこともあるかもしれません。その際は整理券を配らせていただきますが、

何分小さなお店ですので、ご協力お願い致します。

また既にdiariesでTENDER Co.の商品をお買い上げいただいているお客様は、優先的に入店していただけますのでご安心ください。

 

 

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「刺身の日」だそうです。

なんか夏終わってない!?!?!?

気が付けば、つくばロックフェスが夏の始まりで終わりでした。

まあ後悔はしてないです。

なぜなら、場所が変わって初めて行ったつくばロックフェスは想像以上に良くて、

たとえフジロックに行けなかったとしても、発狂せずに済みました。

つーかホント最高だから!つくばロックフェス!

何万人ていう観客でウェーイするのもいいけど、

しっとりしっぽりマイペースで楽しめるユルさが、つくばロックフェスの醍醐味です!

そんなつくばロックフェスを一言で表すと、「満足度が高いフェス」と言えるでしょう。

誰が出るかとか関係なく、あの空間が素晴らしいというのは、フジロックにも共通することなんです。

もっと多くの方にあの空間を体験してほしいので、来年はお客さんにガンガン声かけていきたいですね~。

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】POKIT(ポキット)

【アイテム】Classic Shoulder Capsule

【価格】¥43,200-(税込)

【コメント】

春夏より取扱いが始まったPOKIT(ポキット)が、今季も届いております!

その怪しげな佇まいに、敬遠されている方も多く見受けられますが、でも一度目に入ると気になってしょうがないみたいです!

その圧倒的で唯一無二の存在感は、そりゃ無視できないわな。

 

というわけで、久々の紹介なので、改めてブランド紹介からまいります。


pokitは1999年、バイオード・オデュオールとクレア・プリングルにより、ロンドンで設立された高いデザイン性と品質を備えたラグジュアリーグッズブランド。

バックミンスター・フラーのジオデシック(Geodesique)ドーム理論に影響を受けたショルダーバッグが、同ブランドを代表するアイテムです。

ジオデシックドーム理論とは、三角形・五角形・六角形の組み合わせで構成し、最小限の表面積で最大の空間を作り出す理論のこと。

ちなみに、ノースフェイスの75年に発表されたテント「オーバルインテンション」はこの理論を元に完成しています。

またデザイナー自身が元は大学の化学専攻であるため、分子の構造式から思いついたデザインだそうです。

またそのデザインは高く評価され、MoMA(ニューヨーク近代美術館)の永久収蔵品にも選ばれています。


というブランド。

 

アパレル関係にしては珍しく理系出身!?

個人的な意見ですが、ファッション好きには文系の人の方が多い気がします。

なので理系でファッション好きの人と話すと、観点が違ってて面白いんです。

それこそ正確なデータは無いので固定観念かもしれませんが、

このバッグを初めて見た時に感じた衝撃は、今でも忘れられません!!!

「なんじゃこりゃ!?!?!?」としか言いようがなかったですね。

 

 

 

 

ではそのなんじゃこりゃを、詳しく紐解いていきましょう。

まずはこれですね。

この立体的なドーム型のフタ部分。

2本のダーツで形作られています。なるほど言われてみるとジオデジックドーム。

 

別確度からもどうぞ。

この形を思い付きた時、デザイナーさんはまず平面に下書きをし、紙でバッグの形を考えたそうです。

 

これが初めて見た時の衝撃といったら、、、

衝撃を受けたのは形だけ、ではないんです。

最初はバックミンスターフラーだジオデシだ地デジだか地デ鹿だのは全然知りませんでしたから。

ジオデシックて聞いて最初に頭に浮かんだのは、フジロック98’に出てた、GEODEZIKてバンドくらい!?

オーディオアクティブからの流れってやつです!!!

やつです!!!てか、それくらいの記憶しかありませんが、カッコよかったです!エレクトロニカ好きなんで!

 

で、話を戻しますね。

まず何に衝撃を受けたか。

それは相反する物同士の融合。

 

 

メインとなるボディは、例えばブ○ディに代表されるイギリスの古典的なフィッシングバッグに使われるラバーボンディング。

しかもイングランド北部で未だに作られている、天然ゴムを使用したバルカナイズドキャンバス生地。当然防水性があります。

さらにレザー部分も、こちらも英国伝統のブライドルレザーを使用しています。

そして形はこの近未来性を帯び、いわゆる古典や伝統とは正反対じゃないですか。

分子の構造式から始まりジオデシックを経て、それらが違和感なく結合しているんです。

そしてもちろんバッグとしてのクオリティも、そりゃ相当なもんです。

負荷のかかる場所にはレザーで補強してあったり、

裏張りもあり。フラップの開閉もマグネットというのもポイントです。

またジッパー付きのセキュリティポケットも便利ですね。

ジッパーの引き手もよく見ると面白いデザイン。

この六角形は、おそらくジオデジックドーム理論へのリスペクトでしょうか?

また先ほど「近未来」と書きましたが、昔ロンドンにあったPOKITのショップも近未来的でした。

2001年宇宙の旅かっつーーーの。

いやでも、キューブリックのあの映画を見た時のような、時代性を飛び越える発想かもしれません!!!

 

クラシックなのに新しい。初めて見たのに、もうずっと使っていたような気がする。

実際手に持ってみると、そういった実感が湧いてくるんです。

 

なぜか安心するんです。でもそう思ってしまうことに衝撃を受けるんです。

 

もうわけわからないでしょ!?俺も書いててよくわかんねーもん!!!www

 

まあこのバッグがどれくらい凄いかって、例えるなら新元素・ニホニウムが見つかったようなもんなんですよ。

構造式つながりで無理矢理だけど!

イギリスだからイギニウムか。

イギニウムって言われても商品案内はできませんけどね!今日書いたブログのことは、明日には忘れてるんで!

 

で、このバッグの良い所はコーディネートにもつながります。

この手のバッグって、「スポーティじゃないもの」を探すのが意外と難しい。安易に有名ブランド物のボディバッグには逃げたくない。

しかし、このボンディングとブラドルレザーの組み合わせは、こんなスーツスタイルにもいけちゃいます。

フライツォーリならではかもしれないけど、これで自転車とかカッコいいな~。

時間軸を飛び越えたアイテムなので、スタイリングのジャンルなんて簡単に飛び越えるわけです。

 

でまあこれだけ素晴らしいアイテムなので、当然私も持ってるわけですよ。初めて出会った頃に買ったやつをね。

ざっと15年近く前の物になりますかね。昔すぎて、何色を買ったかよく覚えてません。ベージュなのかカーキなのか。今は作ってない色かも?

実はマイナーチェンジを重ねているので、改良されています。

この擦り切れた部分には、今ではブライドルレザーで補強されていますね。

 

ここもまだ未熟だったな~

当時のはカードくらいしか入らない小さいポケット。

今ではパスポートくらい入るサイズになっています。

そしてこのPOKITのバッグは、私と一緒に生まれ故郷であるイギリスの地を踏んでいるんです。

それは2014年、初の買い付け!(決して私がイギリス生まれというわけではない。MADE IN IBARAKI。1977Vintageです!)

当時は経費を切り詰めて切り詰めて(むしろ借金して・・・)買い付けに行ってたんで、Wi-Fiなんか借りることもできなくて、

買付に行く場所の地図をプリントアウトして、マッピング(地図に印をつける)して持って行ってました。

大変だったなぁ~

 

いちいち傘なんて差してらんないので、やっぱり防水のハットは必要です。

そしてもちろんポキットは、中身をちゃんと保護してくれることも証明してくれましたよ!

 

ついでに約20年前に現・札幌THE SHOEGAZER店主・K田から譲ってもらったワイルドシングスのダッフルバッグは、今も買付で活躍中です!

やっぱりアウトドア物って強いわ~

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

UK Army SAS Weaving Belt

※個人オーダーの場合、保証金として商品代の50%をお支払いただき、ご注文を完了させていただきます。

万が一キャンセルとなった場合、生産中止の場合を除きいかなる理由においても返金は致しかねますので予めご了承ください。

またご注文いただいたとしても、展示会サンプルとはサイズや色・風合いなどが異なる場合や、

稀に生産中止となる場合もございます。ご理解いただける方のみご注文を承ります。

※混雑した場合は、入場規制させていただくこともあるかもしれません。その際は整理券を配らせていただきますが、

何分小さなお店ですので、ご協力お願い致します。

また既にdiariesでTENDER Co.の商品をお買い上げいただいているお客様は、優先的に入店していただけますのでご安心ください。

 

 

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「専売特許の日」だそうです。

diariesの週末は、控えめに言って忙しかったです!!!

まさに盆と正月が一緒に来たような忙しさ!でもやっぱり盆だけでしたけど!

 

それにしてもこの「控えめに言って・・・」表現はやってるんですかね~?

あとローンチ!FB開くと「〇〇がローンチ!」の連続!大体ファッション業界なんですけど・・・

俺も乗り遅れないようにローンチしよ!!!

 

ところでローンチって何?

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【アイテム】UK Army SAS Weaving Belt

【価格】¥4,104-(税込)

【コメント】

やっぱり祭ってますかね?またまたデッドストックの紹介です!

先日ご紹介させていただいた、ヴィンテージのフランス軍のベルトもお陰様でご好評につき完売しましたが、

同じデッドストック物ながら、まるで反対のデザインなのが、このイギリス軍のベルトです。

こちらはコットンではなく、ナイロン?ポリエステル?のウェビングベルト。

そしてまたバックルがカッコいい~!

艶消し黒メッキの男らしさったらないね!!!

実はこのツヤ消しってのも軍物らしいポイントで、光が反射しないようになってます。多分ね。

だって光が反射したら、どこにいるか敵に分かっちゃうでしょ?

なんてことが想像されます。

機能美とまでは仰々しく言わないけど、でもとある目的のために生まれて、それがたまたまカッコよかったら他に何も要りません!

 

あと、このヒモも取っちゃいたいところなんだけど、ヒモがあった方が脱ぐ時に便利だったりします。

その手軽さは、さしずめクリックリリースベルトと言ってもいいくらい!

シュルシュルと脱ぐ時の感触も独特です!あ~もう脱ぎたい!

 

で、こちらがなんのベルトかと申しますと、なんでもイギリス軍特殊部隊(Special Air Service)のベルトだとか。

1980~1990年代くらいのデッドストックになります。

なので、さりげなくブロードアローも付いてたりします。(※付いてないのもあります。)

 

あと、まあデッドストックなので汚れてたりもします。

なので、ご理解のある方のみお買い求めくださいね。

 

 

これらの素材だと、塩水以外の水にも強いと思うので、こんなリバーショーツなんかにも合いそうです。

このnauのショーツに合うわ~~~~~!

 

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。