BLOG

店休日と営業時間変更のお知らせです。

2/22(水)は、展示会による出張のため店休日とさせていただきます。

2/23(木)は、都合により店休日とさせていただきます。

また上記日程は随時更新いたしますので、ご来店の際にはご確認いただけると幸いです。

 

WORKERS(ワーカーズ) のLot.802 Slim Tapered, White denim

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「漱石の日」だそうです。

でも今の千円札は野口英世です。

確かに初めて見た時は、野口英世の左目に違和感を感じましたね~!

どういう意味か気になる方は、「野口英世 フリーメイソン」で検索!

信じる信じないはあなた次第です!

 

 

というわけで、もうさすがにアムステルダム食レポはネタが付きました!

とりあえずトイレの写真でも貼っときます!

お食事中の方いたらすいません!

衝撃的だったのが、男性用お小水トイレ!俺は未来に来たんでしょうか!?!?!?

そして大の方も気になりますよねー?

レバーの向こうに便器が見えるのが分かりますか?

そうなんです!透けてます!!!!!

これは恥ずかしい!

 

扉の意味はあるんでしょうか!?

そもそも扉の意味とは???と哲学すら感じるほどのトイレ!!!

この時は便意ではなく尿意のみでしたが、、、

まあ、入りますよね。

鍵を締めると若干曇ります。なるほど。

これは防犯にもいいのかも?

あと最近個室で携帯いじっててなかなか出てこない人とかいるでしょ。

マジで殺意覚えますからね。

便意か殺意かっていうと、やっぱり便意の方が先なんですけど。

そう考えると便意ってすごいね!便意って平和!

 

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】WORKERS(ワーカーズ)

【アイテム】Lot.802 Slim Tapered, White denim

【価格】¥19,440-(税込)

【コメント】

今季も届いております!が、今回は新作になります!

どういうことかというと、、、

WORKERSが正真正銘糸から作り込んだデニムと同じ糸を使ったホワイトデニムが登場しました!!!

ご覧の通り、真っ白ではなくネップが見られます。

まさにこれがワーカーズのホワイトデニムの特長。

デザイナーのT野さん曰く、「真っ白ではないホワイトデニムを穿いていたかった」という想いから誕生しました。

 

その辺の生みの苦しみは、T野さんが自身のブログで詳しく書いていますので、ご興味のある方は下記のリンクをご覧ください。

↓↓↓↓↓

ホワイトデニムのできるまで1(Click!)

 

なるほど。言われてみれば確かに。

初めてこの生地を見た時、「ホワイトデニムなのに表情がある」と感じたんです。

それはリンクにも書いてある通り、経糸(たていと)は真っ白にした糸で、緯糸(よこいと)は生成りの糸で織り、

「インディゴデニムを作る時と同じように」生地を作ったからかもしれません。

またこれを読めば、なぜホワイトデニムを含めたカラーデニムがのっぺりした表情になってしまうのかも分かります。

おそらく洋服好きは、ほとんどみんなデニムが好きです。

それだけに目が厳しい。

自然とデニムという生地に対する期待値が上がってしまいます。

ですが、このワーカーズのホワイトデニムは、そんな厳しい目を持った方にほど見てほしい生地です。

 

これだけ起伏に富み、糸ムラもある生地ならば、それはもう素晴らしいタテ落ちが楽しめることでしょう。

インディゴデニムであればね。

それくらいの生地を、敢えてホワイトデニムで楽しんでしまう。

こんな贅沢なことがありますか!?!?!?

 

またこの生地がどれくらい贅沢かというと、

パッチの部分が紙になってるのが分かりますでしょうか?

まさに紙ってるってやつです。

インディゴジーンズの方はレザーパッチなのですが、このホワイトデニムに思った以上に生産コストがかかってしまったため、

レザーから紙に変更を余儀なくされたそうです。

インディゴの方と価格を合わせるために腐心してくれた、デザイナーさんの気持ち。ありがたいと思いませんか?

 

さらにありがたいのは、こちらのディテール。

インディゴデニムのように生地を作ったおかげで!!!ホワイトデニムなのにミミがありますよ!!!!!

たったこれだけの事なのですが、個人的には非常に嬉しい出来事!

また折り返すと、生地の裏側が見えますが、生成りが強く出てるのが分かります。

 

また生地は、生機と書いて「キバタ」と読みます。

生ってことです。防縮加工も表面の毛羽立ちを無くす毛焼きも行っておりません。

 

私も20代の頃は、1980年代までの501ホワイトデニムを好んで穿いていました。

それは毛焼きを行ってなかったから。

まさに同じことを求め、できるだけ表情のあるホワイトデニムを穿きたかったんです。

 

でもやっぱり真っ白すぎると汚れが気になってしょうがないんですよね~。

靴を磨いたばかりの時も、クリームが裾に付いちゃいますからね。

ですが、このワーカーズのホワイトデニムの色合いは、

ホワイトデニムなのに多少汚れても、「味」と思えるくらいのトーンだと思います。

 

この生地は作るの大変かもしれませんが、Gジャンとかジャケットとかに仕立てたものも見てみたいです!

 

 

まあそれくらい思いの詰まったアイテムなので、店頭ではすでにかなり人気です。

一度完売してしまったので、追加しました。今ならサイズが揃ってます。

また、実はこのホワイトデニムをお買い上げいただいた方の4割が女性。

みなさんがおっしゃるには、白のスキニーはもうさすがに・・・ということ。

確かにあまりピタピタだとセクシーすぎるし、かといってボーイズデニムだとホワイト=膨張色なので子供っぽく見える。

ですがこの802のシルエットは絶妙です。

ヒップ周りはしっかりとゆとりを持ちつつ、裾に行くにしたがってスリムに。

早い段階でテーパードが利いてくるので、小柄な女性が裾上げをしても、しっかりとキレイなラインが取れます。

また生地も厚みがあるので、透けないところもメリットだと思います。

diariesでも28インチから取り扱ってますが、メーカーさんの方では27から作っているので、お気軽にご相談下さい。

 

とまあ、生地だけで大分尺を取ってしまったので、ディテールはサクッと。

こちらはボタンフライ。

女性の方には新鮮に映るのでしょうか?

 

またホワイトデニムなのに、、、

白い糸でVステッチをやってくれてるところに感涙!

ヴィンテージジーンズに興味なければ全く意味がありません。

それをさらに白に白で分かりにくく!!!この無駄がたまりません!!!!!好き!

 

リベットから毛が生えてるのは、処理が甘いわけではありませんからね!

抜き打ちリベットってやつです。

 

以上。

 

三寒四温のリズムとともに、春が近づいてるのが分かります。

ちょっとテンションあがりますよ!このジーンズは。

 

 

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Semoh(セモー) のRound Collar Shirt

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「旅券の日」だそうです。

いつも緊張するのは入国審査の時。

なぜなら写真があまりにも違いすぎるので。

最後にパスポートを更新したのは約10年前で、ちょうどサラリーマンの頃でした。

※左が俺ね。

今の見た目だと審査がかなり厳しい!!!

しかし!アムステルダムは甘かった!今までで一番ユルかった!大丈夫か?オランダ!?

とまあ、入国から「移民に寛容な国・オランダ」を感じることができました。

なので、ありとあらゆる人種がいる。ということは、ありとあらゆる国のレストランがあるわけです。

先日ご紹介したレバノン料理の店も驚きでしたが、個人的に非常に舌に合ったのがこの国の料理店。

スリナムという、ブラジルの北に位置する南米で最も小さい国の料理。

例によって混ぜ混ぜして食べるのですが、この下のヌードルの味、ほぼソース焼きそばでした!!!

あとフライドライスも隠れてて、この麺と米をミックスすると独特の食感になってマジで美味い!

そしてもう一品。

こちらはSaoto soup(サオトスープ)という、まるで日本人の名前みたいなスープ。

ざっくり言うと、ちゃんと作ったカップヌードルとごはんです!でもこれも美味しいです!

ヌードルを食べたあと、スープにライスを入れて食べます。日本のラーメン屋でもよくやってます!

こちらは中華街で食べるヌードルといったところでした。

でもこの醤油ぽい味付けのお蔭で、日本食が恋しくならずに済みましたよ!!!

だいたい4日目くらいから、和食禁断症状が出るんですよね。

でも海外で日本食食べると負けた気がするから、パッタイで我慢します。

(毎年同じようなこと書いてた気がするけど。。。)

これからはスリナム料理が選択肢に増えましたね。

でも、トイレ行く時にキッチンを覗いたら、中国人の方が鍋を振ってました。

道理で舌に合うわけだ。

今度はまた別のスリナム料理に挑戦してみよっと。

新しいスタンだードを発見です!

 

 

 

じゃ、商品紹介です。こちらもニュースタンダードな代物!

ドウゾ!

【ブランド】Semoh(セモー)

【アイテム】Round Collar Shirt

【価格】¥16,200-(税込)

【コメント】

今季も届いておりますよー!Semohのラウンドカラーシャツ。

Semohのシーズンスタートを告げる象徴的なアイテムでもあります。

そしてもちろん、当店では定番としてずっと扱い続けていきたいアイテム!

こちらのシャツもブランド設立当初より作り続けており既に5年目となりますが、

インディヴィジュアライズドシャツ同様、毎回人気でいつも完売してしまいます。

なんならインディヴィのシルエットが好きな人は、たいていこのシャツも好きですね。

まずは定番のシャツ。最もコーディネートがしやすい、ラウンドカラーのスリムフィット。

割とゆったり目のフィッティングが多いセモーですが、

こちらは程よくシェイプされてるので、これからの時期は重ね着もしやすいアイテムです。

 

素材にはこれまた至極汎用性のあるピンオックス(ピンポイントオックスフォード)を使用。

細番手の糸を使い、ブロード生地のしなやかさとオックスフォード生地の通気性を併せ持った理想的な素材ですね。

ボタンもオリジナルの貝ボタン。

 

縫製も、この巻き幅と運進数を見れば分かる通り、

当然細かくドレスシャツ並みといったところです。

 

そして一番の魅力は、やはりこのラウンドカラーでしょう。

個人的に気に入っているのが、最もフォーマルなラウンドカラー。

いや、デザイナーさんがどういう想いでこの設定にしたかは分かりませんが、

この丸過ぎずかわいくなりすぎないラウンドカラーが絶妙なんです。

 

そして、先ほどフォーマルなラウンドカラーと言いましたが、

実はラウンドカラー自体は1800年代から存在し、フォーマルにも着用されておりました。

なんとなくカジュアルで遊びの利いた印象がありますが、むしろこんなスタイリングが好みです。

ラウンドカラーのタイドアップ。

以前のワーカーズにもありましたけどね。でもあればピンホールが目玉だったので。

このスタイリングの面白いところは、カジュアルだと思われているラウンドカラーをクラシックに着こなすことです。

「実はラウンドカラーってクラシックでフォーマルなスタイリングなんだぜ、へへっ。」っと誰に言う訳でもなく、自己満足するためのスタイル。

 

またSemohのシャツの特徴として、ネックサイズが広めというのがあります。

例えば、このラウンドカラーシャツのサイズ1(S程度)はインディヴィの14H程度なのですが、

比べるとネック周りは1㎝以上大きいです。

ですので少々首が太めの方でもトップボタンが閉まるようになっています。

どうぞお試しください。

 

そして今季より、実は大幅な変更が加わっています!

実は全く別物に変わっているんです!!!

 

というのは、

なんと!サイズ3が新たに加わりました!!!!!

これは俺的に非常に嬉しいです!

今までサイズ1(S~M)と2(M~L)しかなく、私のようなFATでSHITなブタ野郎は、着用を諦めるしかありませんでした!

やはりデザイナーズブランドは着る人を選ぶのか・・・と。

私は常に排除される側の人間。いやブタなのだ・・・と。

 

思い起こせば、某セレクトショップで働いている頃、

プレスのN沼さんに「俺も雑誌で使ってくださいよ~」と頼んだところ、

「お前太ってるからウチの服着れないじゃん!(嘲笑)」とバッサリ切り落とされました。あの時の俺はもう豚小間。

 

また自分が着ることができないくせに、その服を売ることに背徳感を禁じ得ませんでした。

 

それが、、、ついに、、、着れた!

これでもう迷いはありません!

インディヴィジュアライズドシャツの16~16Hの方はサイズ3でイケます!

 

そうそう。このシャツだけでなく、ブランドの方向性にも変化が見られました。

Semoh ARCHIVES(セモーアーカイヴス)となり、このラウンドカラーのような定番アイテムはアーカイブラインとして、

継続的にリリースされることになりそうです。

これなら毎シーズン安心して買うことができるので安心安心。

 

diariesにデザイナーズブランドがあまりないのは、そのシーズンだけしか着られないような服は置きたくないという想いがあります。

熱しやすく冷めやすい服は要りません。ジワジワとボディブローのように効いてきて、思わず足が止まってしまう服がいい。

 

しかし、そういった商品は購入を後回しにされる可能性が高いので、商売的には難しいんですけどね。

でも、今買わないと無くなるよって勧め方は大嫌い。(でも言いますけど。実際にそういう商品もあるので。)

だからこういった商品をお客様に購入していただくには、口を酸っぱくして言い続けるしかありません。

この服はいいよ!ってね。

このラウンドカラーシャツも、5年間「いいよ!」と言い続けてきました。

おそらく今後も言い続けることでしょう。

是非とも、お試しください。

 

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

comm.arch.(コムアーチ) のGraph Paper Pullover

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「プロレスの日」だそうです。

先日、泉田純選手が若くしてお亡くなりになってしまいましたね。

昨年末には永源遥選手も。元全日本プロレスの訃報が続いてしまいました。

渕には(なぜか呼び捨て)元気でいてもらわないとね。

 

それでは食で振り返る(ことになってしまった)アムステルダム紀行もいよいよ佳境!

つまりネタが切れそうだということになります!

というわけで、本日のアムステルダムはこちら!フレッシュミントティー!

もうこれしか紹介するのないのかよ!と思われそうですが、この葉っぱが浮いた金魚鉢のようなグロテスクな飲み物もアムスらしいやつ!

もうそのままミントをお湯の中にブッ込んだだけの飲み物です!

(※これはベルギーで飲んだフレッシュミントティーなので、ちゃんとしたティーの中にミントが入ってます。さすがベルギー。美味しい。)

ちなみにスーパーでもこのようにして売ってますよ!

美味いマズいかで言うと難しいですが、クセになります。

しかしそれよりも、その効能が素晴らしい!

ネットで拾った情報でざっくり説明すると、

食べ過ぎ・飲みすぎ後の消化促進、腹痛・胸焼けの緩和、吐き気も抑えられるということで乗り物酔いすら予防できます!

また鎮静効果もあるので良い睡眠をもたらしてくれたり。

抗菌作用もあるので、虫歯やインフルエンザからも守ってくれるとか!!!

これすげーよ!魔法の水!

ちょうどアムステルダムに行ってる時は、日本ではインフルエンザが大流行してたみたいですが、

私はフレッシュ(ダブルソース)ミントティーのお蔭で、一切風邪をひきませんでしたよ!(←勘違い。)

 

あとはやっぱり、それぞれの街のオシャレでおいしいコーヒー屋さんは寄っちゃいますね。

こちらはLot Sixty Oneというお店。

ロンドンではMonmouth。ベルリンではBonanza Coffeeに寄りましたよ。

そして甘い物も忘れずに。

Winkel43のアップルタルト。オランダのデザートはどれも甘い。甘すぎる。俺は一口で十分かも。

女性にはオススメです!

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】comm.arch.(コムアーチ)

【アイテム】Graph Paper Pullover

【価格】¥18,360-(税込)

【コメント】

新品セレクトアイテムがどんどんとどいてます。今すぐ着られるやつからどんどん紹介していきましょう!

コムアーチから早くも届いたのは、やや大き目の格子柄が印象的なサマーニットです。

色はBreach(=white)とDenim(=navy)の2色。

これはもうどちらに絞れませんでしたね。

2色で、ボディとチェックの色を入れ替えただだから、どっちかでいいかな~と思ったんですけど、

どちらもそれぞれよくて決めきれず・・・やられました~。

 

そしてこのチェックの出し方が実はポイント。

こちらのニットは「プレーティング」という編み方で作られています。

どうやって編むとかは説明しても仕方がないので割愛しますが、(そもそも俺もよく分からないし)

特徴としては「表と裏の色が違う」こと。

なので、この生地を裏返すとこうなります。

分かりますか?ちょうど色が反転しているのが。

そしてボディーとチェックの部分は、「色が反転している」ということは「編み方を反転させている」ということになるんです!!!

まあ柄物のニットというのは、たいていジャカードかインターシャといったところでしょう。

しかし、プレーティングで「編み方を反転させて柄を表現した」というのは個人的には初めて見ました!

私が見てないだけで以前にもどこかであったかもしれませんが、あまり見ないのは確かだと思うんですけど!?

 

そして昨日、そんな説明をしていたら、そのお客様には

「タグを取ってリバーシブルで着るのもいいですね~」というまさかのアドバイスをいただきましたよ!

なるほど!!!と思わず膝を打ちました!

と同時に、なぜそれに気づかなかったのか、、、とも!

それなら悩んで2色とも仕入れることもなかったんじゃないか、と!!!!!

 

若者の自由な発想というのは恐ろしいですね!

私の凝り固まったおっさんの頭を、ガツ~~~ンと殴られた気分です!

 

なのでお客様に「色が迷う」と言われたら、「そんなもんどっちでもいいじゃん」と接客するので、悪しからずご了承くださいね。

 

で、このプレーティングでチェックを作りましたー!と慢心することなく、まだまだデザインは続きます。

俺も、そしてdiariesのお客様も好きなガンジーセーターぽい袖付け!

だいたいみんな言いますね。ガンジーぽいね、と。

みなさん説明するまでもなく、さすがでございます!!!!!

 

結構リブはキツメに編まれていると思います。

なので伸びにくそうで、長持ちしそう。

またリブが強めでも、裾にはスリットが設けられているので、

 

裾が必要以上にすぼまらない分、チェック柄の直線的な雰囲気が壊れません。

 

というわけで早速着てみました。

※身長178㎝・体重85kgでサイズ4を着用。

Pants/Monitaly (Nayarit pants) ¥21,600-

Shoes/Phil Howard (Slip on) ¥37,800-

 

着てみて分かったのですが、チェックの雰囲気がものすごく変わります!

これはなかなか説明が難しいのですが、一言でいうと「動き」が出ます。

チェック柄のラインの太さが、部分部分で変わるんですよ!

是非ともご試着ください。その時に説明いたします。

 

さらに、元々プレーティングニットの着心地は好きだったのですが、この素材もまた素晴らしいですね。

ブランドからの説明によると、

「こちらはシーツなどにも使用される高級インド綿を、国内でコンパクトスピンで紡績した強撚糸で編まれています。

その為、シルキーでマイルドな光沢感がありながら、毛羽立ちを抑えることができます。

また度を詰めて編まれているため型崩れしにくく、スウェットのようにヘビーユースに耐えられます。」

とのこと。

 

なるほど、確かにシャリッとした感触で気持ちよく、暑い夏でも快適に過ごせそうです。

汗をかいても肌がベトベトしなさそう。

素肌で着たいコットンニットですね。

また綿100%で洗濯できるので(必ずネットに入れて)、ガシガシ着ても大丈夫です!

ボロボロになって着られなくなったら、このマス目で将棋でも指しましょう!

ニットの特長を最大限に活かし、ニットの弱さを克服したニットと言えるのではないでしょうか?(さらには将棋もできる!)

さすがのニット専門ブランドでございます!

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

The Superior Labor(シュペリオールレイバー) のCordovan Long Wallet

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「切干大根の日」だそうです。

そういや1年ぶりに訪れたブリュッセルは、目に見えて活気がなくなっていたなあ。。。

やっぱりテロの影響がジワジワと広がっているんでしょうか。

明らかに景気が悪くなっているのが分かり、昨年食べたボロネーゼが美味しい店も閉店、

おかげで何を食べてるか分からないオーガニックな食べ物を食べることに・・・

ベルギーの食で、初めて無言になった瞬間でした。店はすごいオシャレだったんだけどね~。ちょっと高いから油断してたわ。

他にも去年JMウエストンとかグレンソンとかチャーチとかターンブルアッサーとか、ノーチェックだったのにやたら良い仕入れができたお店も閉店してたり。

だから最後は美味しい物食べて帰りたいな~ということで、

まずハズレがない「PECK47」へ!

こちらはスタッフもすごい親切で料理も内装もオシャレ!ちなみに隣のフィッシュ&チップス屋もオススメよ!

そして観光地のグランプラスとか小便小僧からも近く、サクッと食べるのにオススメです!

料理は日本でも流行してる?スキレットのメキシカンプレート。

デフォでテキーラが付いてきます!!!合うわ~~~!

 

で、ホロ酔い加減でアムステルダムへ戻ったら、部屋のシャワーが冷たい水しか出なくて、キレそうになりましたけどね。

1時間後に直ったけど。

外は氷点下でただでさえエアコンの効き目も悪いのに、死ぬかと思ったわ。

 

死ぬかと思ったといえば、、、

買い付けの足元は、全天候型のブランドストーンなのですが。

(履きつぶしたらROSSI BOOTSに変えたいけど、なかなか壊れない。やっぱすごいねこの靴も。)

なんかカチカチ音がするな~と思ったら、

アンティークの錆びた釘が刺さってました!!!3㎝くらいグッサリと!

さすがジャンクな蚤の市!あぶねーーー!これスニーカーだったらちょっとヤバかったかもね~。

改めて革靴履いておいてよかったと思う瞬間でした。

 

革は偉大です!

 

というわけで、日本が誇る偉大な革のご紹介。

ドウゾ!

【ブランド】The Superior Labor(シュペリオールレイバー)

【アイテム】Cordovan Long Wallet

【価格】¥51,840-(税込)

【コメント】

さ~~~~~~~て、お待たせ致しました!

本日からセレクト商品の紹介に戻りますよー!

まあ俺の中では新品も古着も特に線引きはないんですけどね。

とはいえ古着屋さんの真似事をやってみて、改めて古着屋さんを尊敬できたし、

私は私でそれなりではありますが、セレクトショップを究めようと、少~しだけ誇りを持って頑張りたいと思います。

 

というわけで、セレクトショップ的商品紹介復帰最初の商品紹介はこちら!

2016年秋冬分としてオーダーしていた、シュペリオールレイバーのコードバン長財布が、やっとや~っと届きました!

今や本当に入手困難となってしまったコードバン!

納品はいつになるか分からないと前もっておっしゃっていただきましたが、待ちましょう!待ちますとも!

果報は寝て待て!家宝にしたいサイフです!それは言い過ぎ!

贅沢にガンガン使って下さい!サイフとして生まれた意味がなくなってしまうので!

今回は2色!BlackとBrownとありますが、Brownの方はどう見てもバーガンディです!どちらもかっこいい!

ちなみにこのコードバンは、おなじみ?の「新喜皮革」が鞣したもの。

コードバンといえば、アメリカのHORWEENか新喜皮革。世界でもコードバンの鞣しを行っているのは、この2社しかありません。確か。

どちらが優れているというのは関係ないと思います。

ただしオールデンを見る限り、新喜皮革のコードバンは繊細です。

アメリカ製(ホーウィン)と日本製(新喜皮革)の特長がそのまま出てるといえば分かりやすいかな?

コードバンが持つそのツヤは、革を鏡面仕上げしたそれとは根本的に異なります。

革をだんだん削っていって、「銀面」という部分を出してあげないといけないそうです。

当然その銀面探しも職人技。こんなミリ単位以下の技であれば、日本人の得意とするところではないでしょうか?

なので、新喜皮革のコードバンを使った革があっても、繊細すぎて履くのをためらうかも?

それくらい素晴らしい素材です。

 

次は形。

いつものジップウォレットではなく、こちらは新型になるのかな?

ボタンで留めるようになっているのですが、コインポケットもボタンのフラップ式。

この理由を詳しくは聞かなかったのですが、俺も作ったら多分これに近いものになると思います。

俺なりの推測ですが、ボタンだけにした理由は「ジップを使いたくなかった」から。

これだけ繊細な素材を使うと、経年変化も繊細です。

ジッパーがあると取っ手が浮き出てしまうんです。

これだけシンメトリーに作られているのに、ジッパー取っ手部分だけ膨らんでしまっては、美しくないと考えたからかもしれませんね。

少なくとも俺はそう思います。

 

ですので、ボタンも同じく最小限のものを。

真鍮で削り出したボタン。美しいです。

財布やバッグのボタンといえば、イタリアのFIOCCHI(フィオッキ社)を使っていれば、まず問題ありません。

コバの処理も完璧でございます。

 

しかし、個人的に最も感動したのは中の素材。

中の仕切りまでコードバンというのは、ちょっとやり過ぎ。普通はケチるところです。もしくはもっと価格を上げなきゃ!

 

実は新喜皮革の財布は、私も現在使用中。

3、4年かな?さすがにくたびれてきちゃったので、買い替えようと思っています。

こちらはウィスキーコードバン。

最初はウィスキーのような色でしたが、買って3日目に水たまりにサイフを落とし、ばっちり水シミに。

しかし気が付けばすっかり色も濃くなり、シミは分からなくなりました。

お手入れも1年に1回程度。最初は似たような表情でしたが、すっかりこの有様です。

でも道具に支配されるのは嫌い。道具は使ってこそ道具。

で、ちなみにこの外がウイスキーで中がオレンジという配色が気に入って買ったのですが、

こちらは外がコードバンで中がホースハイドなんです。

なので、今回のシュペリオールレイバーのコードバンウォレットはすごいなあと。

 

あ、アンパンマンは無視してください。

これには哀しい物語が。

いえね、銀行から融資(借金のことね)を受ける際、口座を作らないといけないと言われて、

「ああ、そうですか。分かりました。」と言ったら、後日届いたのがこのカード!?!?!?

40手前のヒゲモジャ個人事業主が持っていいものなんでしょうか!俺に似合うのなんてブタマンマンくらいのもんです!

キャッシュカードのデザインくらい聞いてくれたっていいでしょうよ!M戸信用金庫のK村さん!!!

羞恥プレイですか!?これはもう零細企業イジメとしか思えませんね!

 

 

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。