BLOG

British Military Pouch (dead stock from 1964)

※イベント日程を延長しました!

TRUNK SHOWの商品とExhibition(受注会)のサンプルに関して、16日~18日までご用意してお待ちしております。

ただし、デザイナーのウイリアム氏がいる時間は当初の予定通り、16日12:00~17:00となりますのでご注意ください。

 

※Exhibition(受注会)のオーダー方法が一部変更になりました!

個人オーダーの場合、保証金として現金1万円をお支払いただき、ご注文を完了させていただきます。

その後のお支払に関しまして、合計金額から1万円を引いたお品代を頂戴いたします。

例)シャツ¥39000+パンツ¥42000=¥87480(税込)のオーダーを行った場合、

オーダー時に現金1万円をお支払いいただき、商品到着時に残金¥77480をお支払いいただきます。

また代金は入荷のご連絡をしてから1か月以内にお支払ください。

万が一キャンセルとなった場合、生産中止の場合を除き、いかなる理由においても返金は致しかねますので予めご了承ください。

またご注文いただいたとしても、展示会サンプルとはサイズや色・風合いなどが異なる場合や、

稀に生産中止となる場合もございます。ご理解いただける方のみご注文を承ります。

 

※TRUNK SHOWの商品のお取り置きに関して。

トランクショーの商品は、その時だけしか買えないアイテムが多いのですが、

お取り置きに関してご質問を頂戴しております。

取り置きに関しては、ご購入を前提とした上で承ります。

こちらも内金(1万円)をいただき、キャンセル不可とさせていただきます。

またお支払は、1か月以内とさせていただきます。

万が一キャンセルされた場合の返金は致しかねます。

 

※混雑時は、お客様のご協力をお願いします!

当日までどような状態で運営するのか、お恥ずかしながら分かりません。

ですので混雑時はお客様のご協力が必要となります。

何分小さなお店ですので、ご理解のほどお願い致します。

また既にdiariesでTENDER Co.の商品をお買い上げいただいているお客様は、優先的に対応させていただきます。

 

※駐車場を十分にご用意できないため、つくば駅から公共交通機関をご利用ください。

つくば駅からは、バスよりもレンタサイクルがお勧めです。

 

※当日は、是非ともTENDERを着用いただきご来店ください。

当日の服装に関して、ご相談されるお客様の多くが「全身TENDERの服では恥ずかしいかな?」

というお悩みをお持ちです。

しかし、約1000kmも離れたイギリスから、わざわざこのような茨城の片田舎にいらっしゃっていただくのですから、

敬意を表す意味で、是非ともお手持ちのTENDERを身に着けてご来店いただければ幸いです。

こんな色落ちをした、何年着用した、このアイテムが気に入っている等の話をするのも、

デザイナーからすればとても嬉しいことと思います。

英語を話せない方でも、当日はアテンドがいるのでご安心ください!

 

 

 

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「公衆電話の日」だそうです。

ついにdiaries的に運命の週が始まりました。

英気を養うべく、今週は水木と連休を取らせていただきますね。

まあ、片方は展示会でもう片方は準備でお店にいることになりそうなんですけど!

というわけで、着々と準備は進んでおります。

さらには2018年春夏のオーダーも同時進行中です。

ハゲそうです。

 

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【アイテム】British Military Pouch (dead stock from 1964)

【価格】¥1,296-(税込)

【コメント】

またデッドストックですが、今度は小物です!

これ何ぞ???

キャンバスに布テープがついたやつ。

恐らくこんな感じで、クルッと丸めて使うのかな?

このストラップのお蔭で使いやすいし、ちょうどポーチ的なアイテムの在庫がなかったので、

diariesのラインナップにもバッチリはまりました!

 

でまあ軍物なのはなんとなくわかりますが、いつごろの物でしょう?

答えは内側に。

1964年の表記とともに、あると嬉しいブロードアロー↑!!!

しかもビニールの裏張りがしてあるので、布1枚よりは耐久性も格段にアップしてると思います!

なので、ペンケースにも使えるかな~と。尖った物入れても穴が空きにくいので。

あと携帯とかiPad入れてもいいですけどね。水も通しにくいので。

※あ、でも古いやつなので信用しないでくださいね!

サイズはiPadミニが横に入るサイズです。

まあ大体縦横25㎝以下の物なら入りそうです。

 

で、そもそもこのポーチが何用なのかってのが気になります。

でもデッドストックをまとめて仕入れたお蔭で分かりました。

当時の包み紙ごととどいたのですが、(ここにも嬉しいブロードアロー!!!)

「Wallets Anti-Mosquito Outer」と書いてあります。

蚊よけアウターを入れるやつ。ってことですね。

恐らくアウターといっても、頭部だけを覆うネットのような物だと想像できます。

体は長袖で覆われているはずなので。

そして1960年代で蚊よけということは、恐らくマラリアが怖いアフリカ向けでしょうね。

1964年とかだと、ローデシア軍に送られるものだったのかな~とか。

そしてデッドストックのまま眠ってしまったのは、

ジンバブエがローデシア軍から独立しちゃってイギリス軍が撤退してしまい、

必要がなくなってしまったからなのかな~?とか。

この辺の情報は、歴史と照らし合わせて考えた、俺の完全な妄想なので信用しちゃダメですよ!

 

 

ま、とにかく使ってみなはれや!!!

 

Dead Stock from 1964|British Military Pouch|Green

それではまた。お店で会いましょう。

Schiesser(シーサー)のSEBASTIAN

※イベント日程を延長しました!

TRUNK SHOWの商品とExhibition(受注会)のサンプルに関して、16日~18日までご用意してお待ちしております。

ただし、デザイナーのウイリアム氏がいる時間は当初の予定通り、16日12:00~17:00となりますのでご注意ください。

 

※Exhibition(受注会)のオーダー方法が一部変更になりました!

個人オーダーの場合、保証金として現金1万円をお支払いただき、ご注文を完了させていただきます。

その後のお支払に関しまして、合計金額から1万円を引いたお品代を頂戴いたします。

例)シャツ¥39000+パンツ¥42000=¥87480(税込)のオーダーを行った場合、

オーダー時に現金1万円をお支払いいただき、商品到着時に残金¥77480をお支払いいただきます。

また代金は入荷のご連絡をしてから1か月以内にお支払ください。

万が一キャンセルとなった場合、生産中止の場合を除き、いかなる理由においても返金は致しかねますので予めご了承ください。

またご注文いただいたとしても、展示会サンプルとはサイズや色・風合いなどが異なる場合や、

稀に生産中止となる場合もございます。ご理解いただける方のみご注文を承ります。

 

※TRUNK SHOWの商品のお取り置きに関して。

トランクショーの商品は、その時だけしか買えないアイテムが多いのですが、

お取り置きに関してご質問を頂戴しております。

取り置きに関しては、ご購入を前提とした上で承ります。

こちらも内金(1万円)をいただき、キャンセル不可とさせていただきます。

またお支払は、1か月以内とさせていただきます。

万が一キャンセルされた場合の返金は致しかねます。

 

※混雑時は、お客様のご協力をお願いします!

当日までどような状態で運営するのか、お恥ずかしながら分かりません。

ですので混雑時はお客様のご協力が必要となります。

何分小さなお店ですので、ご理解のほどお願い致します。

また既にdiariesでTENDER Co.の商品をお買い上げいただいているお客様は、優先的に対応させていただきます。

 

※駐車場を十分にご用意できないため、つくば駅から公共交通機関をご利用ください。

つくば駅からは、バスよりもレンタサイクルがお勧めです。

 

※当日は、是非ともTENDERを着用いただきご来店ください。

当日の服装に関して、ご相談されるお客様の多くが「全身TENDERの服では恥ずかしいかな?」

というお悩みをお持ちです。

しかし、約1000kmも離れたイギリスから、わざわざこのような茨城の片田舎にいらっしゃっていただくのですから、

敬意を表す意味で、是非ともお手持ちのTENDERを身に着けてご来店いただければ幸いです。

こんな色落ちをした、何年着用した、このアイテムが気に入っている等の話をするのも、

デザイナーからすればとても嬉しいことと思います。

英語を話せない方でも、当日はアテンドがいるのでご安心ください!

 

 

 

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「下水道の日」だそうです。

 

PCのハードディスクが壊れて早や1週間。

3年前に約15万で買ったVAIOが壊れるなんて、ソニータイマーにしては早すぎるだろうと思ったのですが、

太陽フレアのせいだったんだろうなとさっき気が付きました。

太陽のバカヤロー!っていうセリフ、昔はよく聞きましたね~。

昭和いいな。昭和に戻りたいな。と思うのは、

PCが壊れた途端、俺なんにもできないじゃん!?てことに気づいたから。

PCだの携帯の機能てのは能力のアウトソーシングで、

記憶力を始め、人としての能力がどんどん衰えているなぁというのが分かりました。

このままじゃまずいよなと思いつつ、PCなんて使えて当たり前でないともっとまずい。

なのでPCとか携帯がなかった昭和に戻りたいと思っちゃうんですね!

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】Schiesser(シーサー)

【アイテム】SEBASTIAN

【価格】¥17,280-(税込)

【コメント】

まだまだ続きます!シーズン始まりとともにご紹介する定番ブランド!

ですが!今季のシーサーは定番の無地は仕入れておりません!!!

今季は、このSEBASTIANだけ!シーズン限定のこの色しかご用意しておりませんよ!!!

もうね、この写真だけで伝わりますでしょうか!?

いつものマーセライズドコットンの前立てに貝ボタンの組み合わせに、この細畝ストライプの組み合わせ!!!

しかも白黒!!!

このデザイナーズブランドがやりそうな配色を、ファクトリーブランドであるシーサーがやっちゃうのがヤバイ!

もうね、ただカッコイイだけのTシャツなんです。

これだけでカッコイイっていいよねぇ~。

ご覧ください。この完璧なVゾーン。V系です!

 

いつもウンチクばかり弄してるdiariesのブログですが、今回は無し!

カッコイイでしょ!いい感じでしょ!?

ウチの店にしては珍しく、アパレルらしいフワッとした言葉でゴリ押ししたいと思います!

 

でもやっぱりそれだけだと怖いので、、、

「モードな佇まいの中に、ライン入りリブのクラシックさが同居している絶妙なバランスです!」

と、それっぽいこと言ってボケた写真ともに締めくくりたいと思います!www

 

カッコイイだけのロンTはいかがでしょー?

あ、もちろん着心地はシーサーなので、当たり前のように良いのでご安心くださいね。

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

WORKERS(ワーカーズ)のWorkers Officer Trousers Slim-fit Type2

※イベント日程を延長しました!

TRUNK SHOWの商品とExhibition(受注会)のサンプルに関して、16日~18日までご用意してお待ちしております。

ただし、デザイナーのウイリアム氏がいる時間は当初の予定通り、16日12:00~17:00となりますのでご注意ください。

 

※Exhibition(受注会)のオーダー方法が一部変更になりました!

個人オーダーの場合、保証金として現金1万円をお支払いただき、ご注文を完了させていただきます。

その後のお支払に関しまして、合計金額から1万円を引いたお品代を頂戴いたします。

例)シャツ¥39000+パンツ¥42000=¥87480(税込)のオーダーを行った場合、

オーダー時に現金1万円をお支払いいただき、商品到着時に残金¥77480をお支払いいただきます。

また代金は入荷のご連絡をしてから1か月以内にお支払ください。

万が一キャンセルとなった場合、生産中止の場合を除き、いかなる理由においても返金は致しかねますので予めご了承ください。

またご注文いただいたとしても、展示会サンプルとはサイズや色・風合いなどが異なる場合や、

稀に生産中止となる場合もございます。ご理解いただける方のみご注文を承ります。

 

 

※TRUNK SHOWの商品のお取り置きに関して。

トランクショーの商品は、その時だけしか買えないアイテムが多いのですが、

お取り置きに関してご質問を頂戴しております。

取り置きに関しては、ご購入を前提とした上で承ります。

こちらも内金(1万円)をいただき、キャンセル不可とさせていただきます。

またお支払は、1か月以内とさせていただきます。

万が一キャンセルされた場合の返金は致しかねます。

 

※混雑時は、お客様のご協力をお願いします!

当日までどような状態で運営するのか、お恥ずかしながら分かりません。

ですので混雑時はお客様のご協力が必要となります。

何分小さなお店ですので、ご理解のほどお願い致します。

また既にdiariesでTENDER Co.の商品をお買い上げいただいているお客様は、優先的に対応させていただきます。

 

※駐車場を十分にご用意できないため、つくば駅から公共交通機関をご利用ください。

つくば駅からは、バスよりもレンタサイクルがお勧めです。

 

※当日は、是非ともTENDERを着用いただきご来店ください。

当日の服装に関して、ご相談されるお客様の多くが「全身TENDERの服では恥ずかしいかな?」

というお悩みをお持ちです。

しかし、約1000kmも離れたイギリスから、わざわざこのような茨城の片田舎にいらっしゃっていただくのですから、

敬意を表す意味で、是非ともお手持ちのTENDERを身に着けてご来店いただければ幸いです。

こんな色落ちをした、何年着用した、このアイテムが気に入っている等の話をするのも、

デザイナーからすればとても嬉しいことと思います。

英語を話せない方でも、当日はアテンドがいるのでご安心ください!

 

 

 

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「世界占いの日」だそうです。

またテンダーのイベントに関するお知らせを更新しました!

今度はトランクショーの商品のお取り置きに関してです!ご一読ください!

 

さらに!先日打ち合わせをしてきまして、トランクショーに出す商品をチェックしてまいりましたよ!

テンダーのトランクショーって都内でもすでに何回か行われてるから、ぶっちゃけもう商品も少なくて、

diariesで前回開催したトランクショーのクオリティは越えられないよな~と思ってたんですが、、、

 

大幅に超えてました!!!!!

 

これまだあったんかい!?!?!?というような俺の好きなジャケットとか、

サイズ1や2という人気のサイズもまだまだございます!

そして物量がすごい!

ちょっと並べてみないと分からないのですが、今ウチのお店に並んでいる商品を、

一旦どこかに移さないと並べきれないかも???ヤバイわ~。

 

というように、毎日毎日イベントの運営や準備でいっぱいいっぱいでございます。

ここんとこ火事の夢とか、竜巻の夢とか、ああ~完全に追い詰められてんな~と自分でも思いますね。

ちょっと気になって夢占いを検索しちゃいましたが(乙女チック)、火事の夢って吉夢らしいよ!

でも竜巻は凶夢だって。

やっぱ俺、イベント向いてないわ~!

なので、こんなイベント滅多にやらないので、是非とも楽しんでってくださいねー!

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】WORKERS(ワーカーズ)

【アイテム】Workers Officer Trousers Slim-fit Type2

【価格】¥15,120~17,280-(税込)

【コメント】

毎度おなじみワーカーズのチノパンでございます!

diariesのスタイリングはまずここから始まります。

インディヴィジュアライズドシャツときたら、下はワーカーズのチノパン・「ワーカーズオフィサートラウザーズ」です。

すっかりウチの定番のチノパンとなったようで、私も一安心。

 

定番アイテムというのは、得てして地味なものが多いので、つい後回しになってしまいがち。

しかし定番というのは本来基礎のようなもので、建築にしろスポーツで例えても基礎がおそろかになってしまうと、成立しないものなのでございます。

そんな基礎を踏まえなくてもなんとなく様になってしまうのが、良くも悪くもファッション。

なので、上っ面のファッションとならないためにも、このような基礎的なアイテム=定番が必要なのでございます。

 

それでは詳しく見ていきましょう。

当店でのこのWorkers Officer Trousersの位置づけは、いわゆるドレスチノと言われるような

ストリートからビジネスカジュアルまで使えるものであること。

なので、シルエットはいつもSlim Fitと名付けられたテーパードシルエットです。

ポケットは斜め。ほとんどのチノパンはスリットポケットでタテ型。

個人的にも、やはりこの方が手を入れやすいのでオススメです。

もちろんスリムと言ってもピタピタではございません。あくまでもトラウザーズですからね。

その秘訣がこのディテール。

 

バックは「USMCチノ」と呼ばれるパンツをベースに、斜めの1本ダーツ。

普通のパンツはタテに1本。ドレスパンツでだいたい2本。ちょうどその中間の効果があるのでしょうか?

ミリタリーアイテムとしての生産性の効率を考えると、非常に費用対効果のあるディテールで面白いですね。

ダーツのゆとりは動きやすさにつながってきますが、当然見た目にも作用してきます。

細身ですが大人の余裕というか、やはりヒップ周りがピタピタなパンツは若いうちにしか履けないかな~。

ある程度のゆとりがあるけど、シルエットはキレイに見える。頑張ってる感がないのがいいです。

大人の余裕=おしりの余裕ってことです。違うか。

 

で、いつもドレスチノと呼んでますが、今回はちょっとこなれてます。

何がこなれてるって?

今回はType2という名前がついていて、実は縫製部分が巻き縫いになってるんです。

前回までは脇割りでスッキリしてましたが、こんかいはパッカリングがしてきて、

経年変化が感じられるようになってます。

 

というわけで、ブルーのジーンズとベージュのチノパンとオリーブのベイカーパンツは、

ワードローブに必須の3大パンツでございます。

その一角を担うのが、ワーカーズのオフィサートラウザーズ。

お見知りおきを。

と、お見知りおきしたところで、今季は別素材も登場!!!

ウールに見えますが綿100%です!

「トップ杢糸」という糸を使った生地でサージ織り。

ご試着いただいたお客様からは、柔らかくて履き心地が良いと言われます。

その秘密は、上記の写真をよく見ると分かるのですが「左綾」であるということ。

ザックリいうと、綿100%なのにストレッチが利いているかのような履き心地。

(生地をストレッチにするには、ポリウレタン・エラスティックなどの素材を3~5%まぜないといけません。)

生地に弾力性が生まれ、動きを妨げないようになっています。

 

というわけで、早速今季のスタイリングに多用しちゃってますね。

これとか、

これも。。。。。

やべ~セレクトショップなのにワンパターンなのがバレちゃう!?www

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

お知らせ。

お知らせです。

いつも使用しているPCのハードディスクが突然壊れ、

入荷連絡等のお客様へのご連絡が滞っております。

 

本日、こちらの商品が入荷してまいりました。

詳しくはのちほどご紹介しますが、お心当たりのお客様は、

誠に申し訳ないのですが、ご連絡いただけますでしょうか?

ご迷惑をおかけ致しますが、宜しくお願い致します。

French Military Boots (dead stock from 1990’s~) & French Military Sox (dead stock from 1956)

※イベント日程を延長しました!

TRUNK SHOWの商品とExhibition(受注会)のサンプルに関して、16日~18日までご用意してお待ちしております。

ただし、デザイナーのウイリアム氏がいる時間は当初の予定通り、16日12:00~17:00となりますのでご注意ください。

 

※Exhibition(受注会)のオーダー方法が一部変更になりました!

個人オーダーの場合、保証金として現金1万円をお支払いただき、ご注文を完了させていただきます。

その後のお支払に関しまして、合計金額から1万円を引いたお品代を頂戴いたします。

例)シャツ¥39000+パンツ¥42000=¥87480(税込)のオーダーを行った場合、

オーダー時に現金1万円をお支払いいただき、商品到着時に残金¥77480をお支払いいただきます。

また代金は入荷のご連絡をしてから1か月以内にお支払ください。

万が一キャンセルとなった場合、生産中止の場合を除き、いかなる理由においても返金は致しかねますので予めご了承ください。

またご注文いただいたとしても、展示会サンプルとはサイズや色・風合いなどが異なる場合や、

稀に生産中止となる場合もございます。ご理解いただける方のみご注文を承ります。

 

※TRUNK SHOWの商品に関してはお答えできません!

トランクショーにどのような商品があるのか、多くの問い合わせをいただいております。

正直、届くまで私も何が入っているのか分かりません!

また今回に限り、トランクショーと合わせてExhibition(受注会)も同時開催となりますが、

本来我々バイヤーのみが来場できる展示受注会を、一般のお客様にも体験していただける企画となりますので、

2本立てのイベントとしてお楽しみください。

 

※混雑時は、お客様のご協力をお願いします!

当日までどような状態で運営するのか、お恥ずかしながら分かりません。

ですので混雑時はお客様のご協力が必要となります。

何分小さなお店ですので、ご理解のほどお願い致します。

また既にdiariesでTENDER Co.の商品をお買い上げいただいているお客様は、優先的に対応させていただきます。

 

※駐車場を十分にご用意できないため、つくば駅から公共交通機関をご利用ください。

つくば駅からは、バスよりもレンタサイクルがお勧めです。

 

※当日は、是非ともTENDERを着用いただきご来店ください。

当日の服装に関して、ご相談されるお客様の多くが「全身TENDERの服では恥ずかしいかな?」

というお悩みをお持ちです。

しかし、約1000kmも離れたイギリスから、わざわざこのような茨城の片田舎にいらっしゃっていただくのですから、

敬意を表す意味で、是非ともお手持ちのTENDERを身に着けてご来店いただければ幸いです。

こんな色落ちをした、何年着用した、このアイテムが気に入っている等の話をするのも、

デザイナーからすればとても嬉しいことと思います。

英語を話せない方でも、当日はアテンドがいるのでご安心ください!

 

 

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「黒の日」だそうです。

PCのハードディスク突然逝って、俺!大ピンチ!

ピンチはチャンスなんて嘘!騙されねーかんな!

ピンチはピンチでしかないの知ってます!!!

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【アイテム】French Military Boots (dead stock from 1990’s~)

【価格】¥14,904-(税込)

【コメント】

なんだか最近、デッドストック物が豊作でございます。

さらに本日は、レディースアイテムです!!!

こちらは恐らく1990年代ごろのフランス軍のブーツ。

サイズが小さいせいか、コロンとしてて非常にかわいらしいです。

 

とはいえ、ディテールはミリタリー仕様。

シューレース(靴紐)の滑りを良くし、着脱のしやすさを狙った大き目のアイレット(靴紐を通す穴)。

さらには羽根部分の3本針ステッチもミリタリーらしい仕様です。

このハードな印象のディテールと、レディースサイズとの組み合わせというアンバランスさが魅力ですね。

 

革質も年代の割には悪くなく、80年代の可能性もあるかな?

コバにはステッチがかけられているのでグッドイヤーウェルトと思わせつつ、そこまでやるかなぁ?と。

見せステッチでフェイクかもしれないんですけど、これまたそこまでやるかなぁ?

よくわからないので、機会があったらセカンドフィドルさんに聞いてみますね。

 

まあとにかく分からないことだらけなんですけど、まあ見れば見るほどかわいいブーツ。

ヒールカウンター部分を覆う革も、そこまで必要?ってくらいすっぽりかぶせています。

 

驚いたのがタン部分。

アッパーは全体的にスムースレザーなのに、タンだけシボ革。

シャレててホントにミリタリーなの?と疑いたくなるデザインです。

内側もレザー貼りですしね。

 

この謎のかわいいブーツを作ったのは、MARCKというメーカーぽい。

こんなメーカーは知りませんが、同じ名前で軍物のユニフォームを作っている会社もあったので、

そのユニフォームの1つだったりして?

フランスの最北端にMARCKという町もありますが、どうなんでしょう?

 

もうさっきからすべて想像で書いてるので、全く商品紹介になってないのがウケます!www

でも木型も丸っこくてかわいいし、フランスよりイギリスぽいデザインなんですよね。

サンダースとかに作ってほしいくらい!

デッドストックなのでサイズが限られますが、合う人には本当にお勧めです!!!

ちなみに残すサイズは36表記。日本サイズで22.5~23.0㎝の人くらいです。

 

 

 

そして本日はもう1点!

ついでに合わせていただきたいこちらのアイテム。

ドウゾ!

【アイテム】French Military Sox (dead stock from 1956)

【価格】¥1,296-(税込)

【コメント】

今度はデッドストックのソックスです!

書いてあるのを見ると、VERNON社のMi-Cahussettes=クルーソックス。1956年のデッドストックとのこと。

ロゴがまたカワイイですね~。

50年代ということを考えると、恐らく2色刷り。

恐らく、ブランドロゴをプリントするだけで2工程設けてます。

この意味もなくこだわるところ。かわいいよなぁ~。

 

まだまだ続くかわいいディテール。

しつけ糸はなんと赤!!!

ムーランルージュだわ。(言いたいだけ)

履き心地はシルクのドレス用ソックスのようです!

 

そして極めつけの可愛さ!!!

中にはこんな紙が入ってて、書いてあることは「不良品がありましたら、こちらの紙と一緒に返送ください。メルシー!」

わかったよー!ヘルシー!

 

diariesのブログでこんなにカワイイって言ったの初めてかもしれないですね。

この俺の顔でカワイイと連呼するとか、キモかったらごめんなさいね。

 

French army boots(Dead Stock from1980’s~)
French army sox(Dead Stock from1956’s)

それではまた。お店で会いましょう。