BLOG

ブリュッセルの食レポ&買い付け分スペシャルヴィンテージの紹介

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「バレンタインデー」だそうです。

チョコはゴディバよりピールマルコリーニ

と言わんばかりに、今回もベルギーへ行ってきました。

アムステルダムから特急で2時間くらい。東京からだと、ちょっと仙台行ってきまーすって感じですかね?

アムステルダムの買い付けが芳しくなかったので、昨年撃沈したアントワープと、(飯が美味くて)お気に入りのブリュッセルへ。

こうやってそれなりに経験を重ねると、だんだんと臨機応変に動けるようになってくるんだなぁ、、、と自己満足。

お蔭でアントワープではウエストンとかパラブーツとかドリスヴァンノッテンとか色々出ました。

昨年の雪辱は果たせたかな。

そしてブリュッセルでもフレンチヴィンテージなど、それぞれの土地でそれらしいものが見つかって嬉しい限り。

ブリュッセルは相性がいいですね。

何がって舌の相性がいいんだと思います!

ブリュッセルに来た半分の目的は、シェ・レオンにムール貝を喰いに来たようなもんです!!!

バケツいっぱいのムール貝。見てるだけで涎が。。。

 

 

というわけで、本日は買付分ヴィンテージウェアのご紹介最終日。

それにふさわしいスペシャルヴィンテージをご紹介いたします。

いわゆるマニア垂涎てやつです。

 

昨年いわゆるスペシャルヴィンテージを買ってきたんですけど、誰にも求められてないのが分かったので、

もうスペシャルヴィンテージは買ってくるのやめようかと思ったんです。

でもね、なぜか買ってきてしまった。

買わない方が(経営的に)良いのは頭ではわかっているんです。

でも目の前にあったら買っちゃう。。。

 

「そこに山があるからだ」と言ったのは、イギリスの登山家・ジョージマロリーですが、

「そこにヴィンテージがあるからだ」と言ったのは誰だったっけ?

 

というわけで、本当にこういうのもうやめようと思うので、最後のスペシャルヴィンテージかもしれないよ!

 

ドウゾ!

なんだ、またバブアーかと思った方いませんよね?

出ましたよ!白タグが!!!!!

個人的に最も通好みだと思うSolway Zipper(ソルウェイジッパー)の白タグ!

入手できるバブアーの中では、ひとまず最高峰と言っても過言ではありませんよ!!!

しかも、サイズは推定38という日本人のゴールデンサイズ!!!!!!あり得ません!

なんなら40か42だったら間違いなく私物行きなので、売りに出しません!

 

それくらいの代物ですが、昨年似たようなアイテムを買ってきているので、

もしご存じでない方は下記のリンクからご覧ください。

Barbour(バブアー)のCirca 1950’s~1960’s Solway Zipper(Click!)

昨年は、同じソルウェイジッパーの黄色タグを買い付けてまいりました。

その時のこの紹介文、我ながらいいですね。

「イギリスのディーラーは、このソルウェイジッパーのことを「プリンス」と呼びます。

最初は何のことだか分からなかったのですが、ロイヤルワラントを与えたのはエディンバラ公=フィリップ殿下(Prince of United Kingdom)が

乗馬する時に好んで着ていたことからと言ってました。

 

これが何を表すかというと、今ご紹介しているこの「黄色タグのソルウェイジッパー」こそ、

最初にロイヤルワラントを授かったということが分かるわけですね。

 

バブアーをバブアーたらしめるアイテムだと思うんです。」

 

痺れる~~~~~!

たまに自分で書いたブログみて思うんです。

「いいこと書くよなぁーーーー!」って!wwwww

 

 

で、「バブアーたらしめる」まで書いといて、さらにもっとすごいのが入荷しちゃいました!

まあでもディテールは変わらないんですけどね。

違うのはホントにタグくらい。黄色か白かの違いです。

ベルトもオイルもしっかり残ってて、

ダメージもほとんどありません!!!!!

擦り切れやすい袖口も、ご覧の通りしっかり残ってます!

このサイズでこの状態の1950年代ソルウェイジッパー。

ざっくり言うと、「大変希少です!!!!!」

 

 

次です。

震えました。

これだけ有名になったバブアーですが、80年代という比較的新しい年代にもかかわらず、希少すぎるほど希少なミリタリーバブアー。

パッと見は先ほどご紹介したソルウェイジッパーなのですが、こちらは1980年代半ばの数年間だけ軍用に作られたものになります。

ですのでイギリス軍特有のDPMカモ柄のオイルドクロスとなっているんです。

DPMカモの好きなところは、適度にポップさが入ること。

なんとなくですが、アメリカのウッドランドカモよりも物々しさを感じません。

またミリタリーということで、裏地もオリーブ一色というのもカッコいいですね!

さらにはなんと!!!

(お客様から聞いたのですが)最近人気急上昇中のバブアーのライナーも付いてます!

上下だけでも珍しいのに、ベストもついた3点セットでいかがでしょうか!?金利手数料などはお客様が負担しますよ!!!

タグはこちら。

本来モデル名が入る黄色いラインの間に記載がありません。

サイズは40。これがもし42だったら俺が着てます。

ご覧の通りの2クレストまたはワラント。そもそもこの2クレストが1982年からの5年間のみ。さらにこの迷彩バブアーは2回マイナーチェンジが施されます。

このソルウェイジッパー以降はエポーレットが付いたりとより軍物らしくなってくるので、個人的には一番欲しいのがこのタイプ。

 

パンツはオーバーパンツ(パンツの上に履くパンツ)なのですが、それほど太くなくテーパードもかかってて、

イージーパンツとして普段着でも履けるサイズ。

パンツだけでも欲しいです。。。

こちらも同様の2クレスト。

何度も言いますが、これね、ものすごく希少なんですよ・・・・・

大して古くないくせにさー!すんごい珍しくて憎らしいヤツなんです!

あまりに凄すぎて、ブログの書き方が鈍るくらい。絶句とはこのことか!!!

 

 

 

そして次で最後。

最後らしく、古くてレアなどうしようもないヴィンテージです。

 

昨年、個人的に過去最高のバブアーを買ってきたつもりでしたが、今年は記録更新。(当社比)

あり得ない・・・とつぶやいてしまったバブアーの登場です。

ドウゾ!!!!!

え~っと、まず何から説明しようかしら。

一応昨年も同じようなやつを買い付けてきているので、ご存じで無い方はまず下記のリンクからご覧ください。

Barbour International -white label- (Vintage 1940’s~)

 

とまあ、こちらもいわゆる究極のバブアーです。

もうこれ以上のバブアーなんて、そうそうないです。

ホントに勘弁してください。

あってもなかなか売ってくれないし、事実イギリス人と取り合いました。

なんでこんなのがウチの店にあるのか、よく考えてみると不思議な気持ちになります。

 

それくらい珍妙なバブアーインターナショナルなのですが、

それは上下セットというだけでなく、ヘルメットが付いているからってわけでもありません。

こちらをご覧ください。

もうね。こんなのどこぞの大手セレクトショップが別注しました的なバブアーにしか見えませんよ!(さっきの迷彩もだけど!)

まさかのオールブラック!これを1950年代にやるとは!!!

襟裏もブラック!しかもコーデュロイではなくべロア仕様!(古いやつは茶色のべロアです。)

そしてチラッと見えてしまいましたが、

こちらも白タグ。でも文字が緑ではなく茶色?それとも退色した黒?分かりません!

年代は1940~1950年です。が、こちらは間違いなく1950年代。

 

なぜそう言い切れるかというと、このバブアーの持ち主の話を聞いたからです。

中古車でいうところのワンオーナー物。

車で1950年代の車がワンオーナーで出てきたら相当ヤバイですよね?

それくらいの代物。

 

元の持ち主は御年80歳。そしてこのバブアーは20歳前後の頃に着ていたものだそうです。

そのおじいさん、若い頃はカフェレーサー。

当時はBSAのバイクに乗っていたそう。

ガチですね。(どんな音楽聴いてたのかも知りたかった。)

トライアンフでもなくノートンでもなく、BSAって!!!

 

だからヘルメットも付いているんです。

ちなみにヘルメットのMという文字は、マチレスというメーカーのもの。

このマチレスもBSAと並び、イギリスで最も古いバイクメーカーの1つとされます。

 

このバイクでこのヘルメットの組み合わせはちょっとヤバいですね。

トライアンフでもノートンでもなく、BSAとマチレス。オシャレすぎます。

ちなみにグローブは、ワディントンというメーカーのMatador(闘牛士)というモデル。

いちいちオシャレすぎるんじゃないでしょうか?

そしてこのオールブラックのバブアーインターナショナル。

もう~~~~~これは完全にカッコいい不良でしょう!

男が一番憧れる「カッコよくて強い人」!!!

ずるいわ~!俺もそうなりたかった!

 

 

 

で、話を戻します!

このオールブラックの存在に関してですが、

なんと!!当時は個人でオーダーできたそうなんです!!!!!

驚愕の事実!

Folioは恐らく品番。

Styleはinternational suitのはずですが、よくわからない表記。

Sizeはかろうじて40(M~L相当)というのが見て取れます。

結果的になんだけど、BSAのバイクに乗ってマチレスのメットかぶってオールブラックのバブアーインターナショナルを着るっていう、

このセンスにはもはや脱帽を通り越して、髪の毛が抜け落ちてしまいそうです!!!

 

そしてこちらも当時のライナー付き!!!

ただし!こんな素材でこんなタグが付いたライナーなんて見たことありません!!!

ボアではなくフェルトのライナー!

ボタンも見たことないNEWEYのボタンです!そしてNEWEY BROTHERSという会社名だったことも知りましたよ!

 

そうそう!NEWEYで思い出したのですが、

ジャケットの胸ポケットについているジッパー!

ライトニングではなくニュージジップ!!!マジかーーーーーーーー!

 

最後にパンツはサラッと!

もうここまで来たら当然のように白タグのパンツも付いてます!こちらも裏地ブラック!

でもね、こんなの当然じゃないですからね!見る人が見たら「奇跡」と呼びますから!!!

 

ちなみにですね、ヘルメットとグローブだけ売ってもらえませんか?ともよく聞かれます。

これだけでも珍しいですからね。

ですが、元の持ち主の気持ちを尊重し、こちらのジャケットを購入していただいた方にお付けいたします。

正直、ディスプレイとしても十分雰囲気が出るので、こっそりしまっておきたいくらいです。

というわけで、これにて2017年冬の買い付け分の紹介はおしまい。

スペシャルヴィンテージの買い付けも、本当にこれで最後かも。。。正直、色々しんどいです。。。

(ご購入前提で)ご要望であれば考えます!www

みなさま、お付き合いいただきましてありがとうございました。

次回からはバッチリご紹介が滞ってるセレクトアイテム達の番になります!どうぞお楽しみにお待ちください!

 

 

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

買い付け分ヴィンテージ(レディース)アイテムのご紹介。

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「苗字制定記念日」だそうです。

さて、そろそろこのブログも飽きられてきたころでしょうか!?なんかそんな気がします!!!

そのくせに、土曜日を休んでしまってすいませんでした!

ちなみに何をしていたかというと、、、

東京大学!いわゆるトーダイに入りました!!!

いとこの結婚式で!

こちらはルヴェ・ソン・ヴェール駒場という、東大駒場キャンパスの中にあるフレンチレストラン。

ちなみにいとこは東大卒。なので東大の学食で披露宴やるなんてさすがだな~と思ったんですが、

さすが東大です!東大生は学食で毎日こんなの食べてるらしいですよ!

頭が良いってやっぱり羨ましいですね!

東大生が30000円のフレンチを食べてる頃、俺は300円の唐揚げ定食で腹を満たしてたんでしょうね!

というわけで、めでたい席にもかかわらず、私の卑屈な精神はかわりませんよ!

 

まあ俺がどれくらい卑しいかというと、

結婚式が近くの代々木八幡で行われて、披露宴が14時からだったので、

腹がへっちゃうよ~と思った私は、

代々木八幡から東大駒場キャンパスのちょうど中間にある「らーめん山手」で腹を満たす有様!

 

でもな~、この辺来たら寄っちゃうよな~。

だって懐かしいもん。しかも都内来てもなかなか通らない場所だし。

梅ヶ丘に住んでる頃は、バイクや自転車でちょいちょい通る道だったんです。

ちょっと腹を満たすんだったら、並びにボンダイコーヒーもザコーヒーショップもあるのに。

なんならこちらも昔よく行った、フレッシュネスバーガーの1号店もすぐ近くなんですけどね。

やっぱりラーメン(チャーシュー増し)でした。

 

 

 

背脂

 

 

 

 

じゃ、本日も買付分ヴィンテージのご紹介ですが、数少ないレディースアイテムをご紹介致します!

ドウゾ!

まずはカットソーです。

こちらはフランス軍のカットソー・・・と言いたいところでしたが、このタグどこの国の表記方法だったか失念!

フランスだっけ?オランダ?ベルギーだっけか???あれ?なんかベルギーのような気がしてきた!

というわけで、1960年代頃のその辺の国のカットソーでございます。

素晴らしいのはそのネック。

人間の曲線にフィットするくせに、完全に長方形を描いてくれてます!

見ていて非常に気持ちがいいですね!

また胸にアンカーマークやネックのラインが3本の物が多い中、この1本ラインの物だけを仕入れてきました。

夏らしくマリンぽいのはもちろんですが、できるだけマリンウェアに見えないものを選んできましたよ!

しかもサイズはレディースサイズです。メンズでは無理なサイズ!なかなかありませんよー!

 

 

次です。

フランス軍のウールVネックベストよりも見かけない前開きタイプのベルト。

今回はコットン製とウール製が1点づつ見つかりました。

前合わせがセンターではないのがポイントですね。

また素材が違うと表情も変わる分かりやすい例。

 

ウールはボタンが1つ欠損しているのですが、柔らかいのでドレープ感を楽しむのもアリ。

コットンの方は後の襟部分にダメージがあるのですが、

非常に丁寧にリペアされていて、大事に着られていたのが分かります。

 

どちらも身幅があるので、こちらは男女問わず着用できます。

 

 

次です。

こちらはドイツ軍のメディカルコート。

この生地の感じ。ネップ混のスウェーデン軍のパジャマシャツのような雰囲気と、織はジャーマンコードと呼ばれるそれ。

1960年代のデッドストックです。

 

 

実は先日ご紹介した、こちらのコーディネートで中に着ていたもの。

女性が着るミリタリーデッドストックのコーディネート。

こういう人をもっと増やしたい!!!ぜったいカッコイイから!!!!!

 

そしてこのワンピース?の好きなところはココ。

ワンピースのくせに、ポケットの付き方がヨーロッパのワークウェア・カバーオールに見られるそれと全く同じだということ。

かわいらしさ、素朴さ、野暮ったさがごちゃ混ぜで、狙っては作れないバランスが気に入りました。

 

そして思いついたのがコレ。

あえてです。

こう着るようには作られておりませんが、前後を逆に着てスプリングコートのように着る方法。

 

後から見ると、、、

ポケットがそのままでちょっとマヌケに見えるのはご愛嬌。

これぞ古着の楽しみ方です。

そもそも自由な発想がないと古着は楽しめません。

あらかじめ着こなしを決められたブランド服ではできない楽しみ方。

私がわざわざ買い付けに行くのも、こういった感覚を呼び覚ますためなのかな~と思ったりもします。

正解のない、自由なファッション。

 

 

次で最後です。

こちらはなんと19世紀のリネンシャツ!!!1800年代ってことですよ!

50着くらい似たようなのがあったのですが、これだけ!この1着だけがとてつもないオーラを放っていました!

あ、もちろん霊的な意味ではないですよ!作りと素材が凄すぎたんです!

ネック周りのガセットやギャザーの入れ方は、資料として手元に置いときたいくらい。

腕が太目に作られているのも珍しく、プリーツの取り方も参考になります。

縫製もえ~っと何縫いって言っていいのか、すぐには出て来ませんね。

ざっと120年以上前に作られた服なんです。

レディースの買付分は以上です!

気になるお値段ですが、このリネンシャツで2万しないくらい。後は全て1万円以内です。

本当はもっとレディースのヴィンテージも買ってきたかったのですが、この辺は様子を見ながらですね!

 

 

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

たまにはアムステルダムの風景&買い付け商品のご紹介(Lewis Leathers・ルイスレザー)

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「ニットの日」だそうです。

昨日の展示会では、新しいニットの取り扱いが決まりました。多分。

イギリスのニット業界も色々ありまして、それにともない当店のラインナップも見直しを図ろうと思います。

 

それでは本日も食で振り返る・・・と思いましたが、まさに食傷気味!?かと思うので、それっぽい写真をチラッと。

アムステルダムといえば、運河と自転車の街。

どこもかしこもこんな感じの景色です。

にしても木の自転車はすごいね!

ご覧の通り極太のカギでがっちりロックされてたので、それなりの価値があるもんだろうなというのが分かりますね!!!

 

 

それでは、本日も価値あるアイテムのご紹介です!

ドウゾ!

ルイスレザーです!垂涎てやつです!涎が垂れる~!

こちらも昨日紹介したGRENFELLと同じく、自らの手で買い付けてみたかったヤツ!!!

自分が着るならコレ!というやつを仕入れてきました!

ウチの店に革ジャンとかが並ばないので、たまにお客様にも聞かれます。

diariesだったら何をセレクトしますかって。

考えだけ聞かれるのはちょっと・・・なので多くは語りませんが、やはりルイスは外せません。

現行ものもいいのですが、俺の体型だとちょっと似合わないので、(ロックミュージシャンのように痩せてないとね・・・)

いつかヴィンテージで用意できればなと考えてました。

なので満を持しての入荷となります!!!

 

ですが!先日ルイスのタグをアップした時に、「もう買い付けてこないかも・・・」と書きました。

それがどういうことかと言いますと、、、

いえね、向こうで現物を手に取った時は、ちゃんと動作確認をしたんです。

それでね、日本に持ち帰って来た時にちょっと匂いがキツイな~と思いまして、

あと汚れもできるだけ落としてから店頭に並べたいな~という気持ちもあり、

いつものように洗濯機で洗ったんですよ。

(皆さんに驚かれるのですが、みんな普通にやってると思いますよ。革ジャン用の洗剤があるので。)

乾かしてオイルを塗りこんでいたら、何か(思い出ではない)がポロポロ落ちてくるんです。

何だろうと思ったらジッパーのコマ。ツメ。

ポロポロ落ちてくるのが涙に変わった瞬間でした。

もう嫌んなっちゃってね・・・せっかく見つけた良い状態のSUPER PHANTOMが・・・

これで予定より販売価格を3万下げました・・・

 

だからね、こんなことでいちいちショックを受けている自分が情けないし、

いくつものトラブルを自らの力で乗り越えることができる古着屋さんて、本当にすごいなと思ったんです。

それでね、もう自分にはヴィンテージのバイイングなんて向いてないなと。

やっぱりヴィンテージショップの猿真似でしかないんだなと痛感したわけです。

 

これでもね、洋服屋のキャリアのスタートは、下北沢にあったFOUR CORNERSという古着屋なんですけどね。

だからね、古着屋は大好きなんですよ。

 

だからこそもう、ヴィンテージを買い付けてきてドヤ顔するのやめます。お恥ずかしい。

B級セレクトショップのC級バイヤーでした。すいません。

 

 

ホントにもうこんな店で買い物してくれるお客様には、まるで頭が上がりません。

皆様には足を向けて寝られませんが、どこにお客様がいるか分からないので、どこを向いて寝ていいか分かりません!

立って寝るか。足がむくむから嫌だな・・・革靴が履けなくなる。

 

というわけで、当店で扱うのは最初で最後のルイスレザーかもしれないので、大事に売らせていただきますよ!

 

前置きは長くなりましたが、ルイスレザーの中では、割とオシャレ好きの方に人気があるスーパーファントムです。

やっぱり前合わせがシングルなのが着やすくて人気なんだと思います。

ちなみにどの辺がスーパーかというと、通常のファントムより着丈が長くなってます。それでスーパーファントム。

この左右対称の逆ハの字ポケットがアクセントになりますね。永久不滅のデザイン。

ジッパーはYKK。交換を期にCLIXに変えちゃいましょう!

胸のポールチェーンや袖のLジップは元気です!

次は裏地。

赤のキルティングで、まだまだ色も残ってますね~!本当に状態が良い!

なのになぜメインジップだけ・・・

内ポケットの引手も破損してました。ニットやスウェット着る時気を付けてね。

ジッパーごと外しちゃってもいいかもね。

(男らしい意味での)赤文字!で青羽根です。というわけで70年代前半のもの。すごい肉厚のレザーです。

サイズ表記はおそらく38。S~M程度です。

 

ちょっと面白かったのがここ。

このストラップなんですが、ファントムって普通この腰のストラップが後ろに回るもんだと思うのですが、

ライトニングのように前に巻いてあります。

パッと見違和感があって、なんでだろ~と思ったらこれでした。

偽物かと疑ったりもしましたが、他のディテールは全てルイスのそれなのと、

この肉厚の革質が本物偽物という疑いを吹き飛ばすクオリティだったので問題ないですね。

デザイン的にも、ストラップが前に回って来た方が好きかもしれません。

逆ハの字が薄れて嫌だという方もいらっしゃるかもしれませんが、

前身頃がすっきりしすぎると肩&肘パッドが目立っちゃいますからね。

このストラップが前に来て、見た目盛ってる感じが好きになりました。

 

次です。

こちらは廃盤というかレーシングスーツのため、モデル名さえ不明のルイスレザーです。

似ているモデルで例えるとすれば、MONZAといったところでしょうか。

 

実は一緒にパンツも見つかったのですが、もちろんこれとセットアップの、

さすがにレザーのレーサーパンツを履く人はいないだろうなというのと、重すぎたので置いてきました。

なので着丈が短いのはそのせいです。

ウエスト裏のジッパーは、パンツを繋ぎ合わせるためのもの。

 

さらにご覧の通り、珍しいのが裏地の色。

ライトブルーなんて見たことないです。

 

タグはこちらなので、

GENUINEではなくREALの方ということで、60年代後半から70年代前半といったところでしょうか。

サイズ表記は38ですが、やはり小さ目でUK36のS程度と思ってもらえればOK。

 

ちなみに胸にパッチは付きません。

おそらくレース用なので付きません。

ただ、このようにオーバルとスクエアのステッチ痕が残ってました。

ルイスのタグだけ取られちゃったのかな?と思ったんですが、

どちらの痕もルイスのタグとはサイズが違います。さらに歪んでます。

ワッペンとかそんなのを縫い付けてたんじゃないでしょうか?

こちらもまた偽物かどうかということになりますが、それ以外のディテールや革のクオリティを見て判断しました。

まあディテールと言っても、付け替えられてないCLIXジッパーが付いてるので大分安心したんですけど!

ボールチェーンもしっかり残ってます!

特にダメージらしいダメージは見当たりませんね。

と思ったら、袖口にちょっとだけ。。。

袖口はLジップでございます。

 

 

そして最後!!!

とりあえず一つの山ですね。BRONXのしかもTWIN TRACKモデル。

こちらも70年代頃のタグ。

最も勢いに乗ってる頃ですかね?

勢いがつきすぎて、フロントジップが2本になっちゃいました!!!!!

こちらもCLIX!さらに引手も現存!引く手あまた!

なぜ2本あるかというとインナーの厚みでサイズを調整するためです!そのままですね!

このツイントラックブロンクスが誕生したのが1966年。

こちらもREAL HIDE表記ということを考えると、このモデルが誕生したばかりの時に作られたんだと思います!

にしても状態も完璧でございます!!!

ダメージをあげるとすれば、、、

バックルがハゲてるくらいなのですが、ベルトもバックルもしっかり残ってるのが嬉しい・・・

あとはピンズを付けていたであろう襟の部分に、針の痕がグサグサといくつか。こんなもんです。

それよりやっぱりこのダブルジップに目が行っちゃいますね!

このサイバー感がたまりません!!!唯一無二だわ~。

 

そして他に無いディテールといえば、

革ジャンのクセにマップポケットが付いているという親切仕様!!!

そりゃ20代の頃はルイスレザーといえばライトニングやサイクロンしか目に入りませんでしたが、

大人になった今は、このツイントラックブロンクスが一番好きかも!?

ちなみにサイズは40なのですが、いつものルイスよりなんか大きいような。

私で着られるかちょっと小さいか。日本人のL程度とお考えください。

 

 

番外編!

こちらはレディースのルイスレザーです!

でもナイロン!

年代は1980年代。そういわゆるルイスレザー低迷期のアイテムです!!!

デザインも思い切りベルスタッフやバブアーインターナショナルに引っ張られてますね!www

別にルイスレザーなんて興味ない!でもベルスタッフとかバブアーインターナショナルを着て人とかぶるのが嫌だという天邪鬼な方へ!

レディースなので、女性に気軽に羽織って欲しいです。

前合わせを気にしなければ、メンズのXSでもいけますね。

ちょっと袖の内側にダメージがあるので、ルイスとは思えない価格です。

 

マイサイズだったら間違いなく自分の物にしてますけどね!

そして先日ご紹介した(まだ売れていない)ELVISのホワイトジーンズに合わせますよ!

すげ~嘘くさいスティーブ・マックイーンを目指します!wwwww

 

 

あ~それにしても洋服って面白い!そして服なんてどうでもいい!

ルイスレザーというブランド1つとったって絶頂と低迷があるし、

どっちも買い付けちゃったのは俺にセンスが無いだけだと思うけど、

そもそも俺がセーターを忘れて空港で買ったユニ○ロのベストを来て、プラダの革ジャンを買い付けてるってのも珍妙な光景だし、

俺が世界観やコンセプトやスタイルを考えようが、所詮自分で作った服を売っているわけではないし、

そもそもC級バイヤーにそんなことでるわけないし、

結局はお客様に(値引き以外で)喜んでもらえればそれでいいや。

後はどうでもいいやと思えたバイイングトリップでした。

 

前述の初めて働いた古着屋で、言われたことを覚えています。

「ウチラみたいなお店はな、いつもお客様に商売させてもらってるんや。それを忘れたらアカンで。」(関西の方でした。)

この言葉は、私が仕事をしていく上での原点となっています。

 

 

さて、買い付けてきた商品も、あと2日で紹介が終わると思います。

ヴィンテージに興味が無いお客様には退屈かもしれませんが、もうしばらくお待ちください。

今季は春物の入荷もまだ少しなので、ゆっくり参りたいと思います。

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

アムステルダムの食レポ(スーパーマーケット)&イギリス買い付け分のVintage wearのご紹介。

ダイアリーズの今日は何の日

今日は「鮒の日」だそうです。

鮎じゃなくて鮒ね。

 

食で振り返る(ことになってしまった)アムステルダム。

というわけで、なんかいつも美味しそうなご飯食べてますね~と言われます。

が、もちろん毎日ではありませんよ!

いい仕入れができた日だけ、ちょっと贅沢するようにしています。

外に食べに行かない日は何にするかというと、

もちろんスーパーです。

先日も書いたように、野菜不足を解消するのにもスーパーは最適!

特に最近はオーガニックなスーパーがどんどんできているので助かりますね~。

イギリスではWhole foods market、ベルリンは忘れた、ブリュッセルではDELHAZE、

アムステルダムではアルバートハインがメジャーですが、たまに見かけるこのmarqtが良かった!

中もすごいカッコいい!

鮮魚売り場にこのインダストリアルなランプの組み合わせ。ヤバイですね~。

そしてオランダといえば、、、

チーーーーーズ!

ビールは安いし、その分生ハムに投資できるし、

とまあ、節約といいつつ食に貪欲なのでどうしようもないですね・・・

 

そして今回気になったのがこちらの機械。

ご覧の通り、オレンジをそのまま絞ってくれるオレンジジュース生絞りマシーン!略してオレ生!

見た目も鳥みたいでカワイイのですが、オレンジジュース好きであり機械好きの俺にはもうたまらない機械!!!

見た目はもうこれでしょ!?

俺もこのジュース飲んだ瞬間、この顔みたいに「クゥ!ウメェ~~~ッ」ってなったもんね。分かるわぁ~。

また、色んなスーパーで飲んだんだけど、毎回味が違うのが良い!

酸っぱかったり甘かったり。

そりゃ基本的には甘い方がいいけど、すげ~疲れてる時に酸っぱいのが出て来たときも最高!

このタイミングでクエン酸(酸っぱい)摂らせてくれるとは!分かってるねー!って思っちゃう!

 

1つだけ難点が。

自分で容器にジュースを入れるんだけど、絞ってる瞬間を見ることができないこと!

容器から溢れないように、どうしても手元を見るしかなくて、実際どうやって皮をむいて絞ってるのかが見れないの!

あ~日本にも上陸しないかな~。

 

 

 

それでは、ひと足先に日本上陸を果たした買付分の商品をご紹介しますよ。

ドウゾ!

当店初の取扱いになります!そのブランドは、、、

GRENFELL!!!

今回買い付けの目標にしていたグレンフェルでございます!

もちろん素材は、このタグにも書いてある通りの「グレンフェルクロス」。

バーバリークロスだベンタイルだありますが、このグレンフェルクロスも同じくらい珍重されてもいいのにと思うやつ。

そもそもグレンフェル自体がもっと多くの方にも知られるべき。

100人中100人が知ってるバーバリー、90人が知ってるバブアー、70人が知ってるマッキントッシュ、30人が知ってるのがアクアスキュータムだとしたら、

グレンフェルは何人ぐらいが知ってるのか。。。

10人切ったりして。。。

だからこそ多くの方に知って欲しいとは思うのですが、

これまた大変なのが、日本より本国イギリスの方が評価が高く、向こうでもいい値段します。

なので、ちゃんとした古着屋さんじゃないと、グレンフェルを取り扱うのはリスクが大きいような気がします。

だからこそ、自分の手で買い付けてみたかったんですね。

 

そして店頭に並べてお客様の反応を伺っていましたが、やはりグレンフェルの知名度は・・・でした!!!

故に楽しみでもあります。

まだまだお客様に知られざる名品をご紹介することができるのですから!

形はベーシックなブルゾン。またの名をスウィングトップ。英語ではハリントンジャケット。

これぞ春のライトアウターです!

グレンフェルクロスの時点でほぼ説明が終わってるのですが、ハリ・コシ・シャリが素晴らしいとしか言いようがないです!

それだけでなく、作りもいちいち手が込んでいるのがグレンフェル。

ラグランスリーブにインバーテッドプリーツの組み合わせは、個人的に悶絶ゥ!

付いていると嬉しいライトニングジップ!

先ほどのブランドタグの写真を見て分かる通り、余裕の1950年代です!

タグにはまだエリザベス女王のロイヤルワラントが描かれておりません!

そしてサイズ表記は40だと思いますが、実際は38程度(日本人のM程度)となっております。

 

ちなみにこんなのもあったのですが、

これは40代以上じゃないと着こなせないオーラが出てましたね~。

 

次です。

また同じような物、、、と思われるかもしれませんが、少しこちらの方が新しいかも。

60~70年代頃のもの。

Greenspotというブランドですが、実は昨年買い付けてきたジャケットと同じメーカーのものになります。

詳しく知りたい方は、下記のリンクをご覧ください。

Vintage Jackets(BERTRAM DUDLEY, BELSTAFF, BLACK’S)

 

という非常にマニアックなメーカーなのですが、さらにこちらはデッドストック!!!

年代が新しくなった分、ベンタイルではなくシリコン加工を施した高密度コットンギャバジンになっています。

デッドなので撥水性もまだよさそう。

ここのジャケットは、とりあえずなんでもウエストが絞れますね!www

そしてこの年代でライトニングジップというのは、かなり嬉しいです!!!!!

 

 

次です。

ベンタイルの名前がちょいちょい出てきたら、やはりこれでしょう!!!

もはや説明不要ですかね!

てかディテール多すぎて説明が大変なんです。。。なので割愛。すいません。

とまあ多少アタリは出てますが、パーツ類は完璧です。

ちょっとサイズが大きいので、ちょっと安めに。

まあでも、元々バサッとかぶるやつなので、そんなに気にしなくてもいいと思いますよー!

ちなみに着用(私)で178㎝の0.085トンです。

 

 

次で最後!

汚い?いやアーティスティックでしょ!

たまにはこういうのも、、、と思いましたが、

結局仕入れた理由はコレでした・・・

某ケーボンさんのせいお蔭で、一気に知られることになったLYBRO(ライブロ)です!

さらに!!diariesのブログ読者ならもうお分かりでしょう!CC41のタグ付き!

そして私も初めて知ったのは、「UK PATENT」を持っていること!!!

何がパテント=特許かというと、恐らくLYSLEVEが特許なんでしょう。

読み方はLYBROのLYでライスリーブでいいんでしょう。

 

ではそのライスリーブを見てみます。

ただのラグランだと思いましたが、微妙なところをこだわっています。

かなり深く入ったラグランと、

ピボットスリーブのようなわきの下。

これがライスリーブ(特許)!!!

そしてその先は、

チェンジボタン!!!

ライブロのチェンジボタンはヤバイ!

だけどツナギなのでチェンジボタンがザックザク!

サイズも36と、日本人のSサイズ!

なので女性が着てもカッコいいと思います!

以上、駆け足の紹介でしたが、まだまだヴィンテージアイテムが眠ってますよ~!

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

アムステルダムの食レポ(ステーキ)&買い付け分の商品紹介(FRAY、PRADA)です。

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「西の日」だそうです。

食で振り返るアムステルダム。

オランダは南米の人も多いので、アルゼンチン料理の店もよく目にします。

ブラジルやアルゼンチンといえば、やはり牛肉。

あちらは日本とは逆で、牛肉が一番安くて鶏が一番高かったはず?Maybe???

というわけで、味は想像できるけどやっぱり「これぞステーキ」というものを食べておきたくて。

宿の近くでちょっといい感じのお店があったので入ってみたら、これが想像以上に美味かった!

木のお皿で食べるステーキ!いいですね!

 

意識高いこと言わせてもらうと、個人的には日本で出てくるような鉄板皿のステーキは、

最後は火が入りすぎて固くなってしまうので、できれば普通の皿にしてほしいです!

ステーキの神様・ルモンド@新宿or下北沢のようにね!

 

火が入りすぎないように、どうしてもレアで頼むしかなくなるのですが、

最初はレアすぎて途中が美味く最後は固いというのが、日本の一般的なステーキ。

でもそれはしょうがないのかも。

なぜかというと、霜降りが最上とでも言うべく脂が多いものを選ぶでしょ。

あれが冷めると脂が固まって大変ですよね。だからいつまでも熱いように鉄板なのかな~って。

その点赤身のお肉だと、冷めても硬くなることもないので、こういったお皿でも問題ないように思えます。

 

あ~肉食いて。

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

本日ご紹介するアイテムは、食べ物でいうステーキクラス。

ごちそうです。

ドウゾ!

よくタグをご覧ください。

まさかと目を疑いました。

どう考えても偽物としか思えないような場所に、雑多にかけられたハンガーラックの中から見つけた3着。(1着は汚れてたので残し、1着は売れて、残り1着)

そもそもまだ私がFRAYを着たことがなく、ルイジボレリまでしか持っていないため、これが本物のタグなのかどうかすら正直分かりませんでした。

しかし、触れた瞬間に分かるその生地。

本物だろうが偽物だろうが、この生地は並みのコストでは用意できません。

で、もちろん縫製をチェックしたら、もうこりゃ本物だよね・・・と。

FRAYなのにオックスフォード生地でボタンダウンというのも贅沢。

この域までたどり着くのにあとどれくらいの時間がかかるのでしょう。

「シャツ」という服の「頂点」に君臨する服です。

これを見れば、いつもINDIVIDUALIZED SHIRTSの説明で使うセリフ、「インディヴィジュアライズドシャツは全てのシャツの基準となる」がお分かりいただけるかと思います。

サイドのステッチ。

補強。

下から2番目のボタンホールだけ横になってました。ちょうどヒップ周りにあたる位置。なるほど。

トップボタンにはなぜか角度が付けられています。意味不明。

肩にはギャザーが。もう勘弁してつかぁさい。

サイズは俺でちょっと大きいくらいなので、かなりお安めになってます。サイズが合う人はラッキーです!

 

 

 

次です。

驚愕の・・・

ちょっと笑っちゃいます。しかも牛革。

シープやディアスキンではなく、牛革はヤバイです。

でももちろん、プラダだから仕入れて来たわけではありません。

PRADAってのはオマケ。(オマケといってもビックリマンシールと中のお菓子並みの関係だけど!www)

 

理由は、バラクータのG9の形をしていたからです。

うわ!やべこれ超欲しー!と思ったら、プラダだったので逆にやめようかなと思ったほど!

レザーのテーラードタイプだったら仕入れてないと思う。

 

天邪鬼な性格のため、つい有名すぎるブランドには手を引っ込めてしまうのですが、

直感的に自分が着たいと思った気持ちを優先しました。

 

先日もグッチの靴をご紹介した時に、「ブランドリサイクルショップにならないように・・・うんぬん」と書きましたが、

ありゃ詭弁ですね!自分で書いときながら!(あの靴を仕入れた時点では、そう考えてました。)

 

これを見つけた瞬間、自問自答を繰り返しましたよ。

そもそも何しに来たんだっけ?と。

色々理由は浮かびますが、最終的には1つしかありませんでした。

「結局は服が好きではるばる来たんだ。」と。

 

思えば洋服に興味を持ち始めた中学生の頃から、やっていることは変わりません。

気になるお店に行って洋服を見て、気に入れば買っているだけ。

今はその移動距離が変わっただけ。

 

でもその時とは立場が違い、買い手ではなく売り手となりました。

だからつい「コンセプトは~」とか「他の店はああだけどウチは~」とか、お客様にとってどうでもいいことを考えてしまうんですね。

なので今回は、「一人の服好き」としてこれを仕入れるべきかどうか、俺と俺のお客様は喜ぶかどうかを考えるようにしてまいりました。

 

なので、楽しんでいただければ幸いです。

まあ作りはさすがですが、あまり気負わず着てくださいね!

さりげなーくブランドが主張されてますが、それをバレないように軍パンやスウェットパーカーなどと合わせてはいかがでしょう?

プラダ別注のririジップとか!wwwww

バラクータのG9を着た有名人といえばスティーブ・マックイーンですが、どちらかというと往年の高倉健のような枯れた雰囲気を纏いたいもんです。

 

サイズは日本人でL程度。

春先に着るレザーもいいもんですよ!そんな色です。

 

 

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。