1st Pat-rn

イタリアのブランド『1st Pat-rn (ファーストパターン)』は、2011年にデザイナーCristiano Bertoによって立ち上げられた。ブランド名の由来は、ミリタリー用語として使われた”First Pattern” (一番最初のプロトタイプ)からきている。ブランドのコンセプトは、ニット生地やシンプルかつファンダメンタルな素材を使うことによって、洋服として普遍的な構造・品質・デザインを復刻させることにあり、そのため大量生産を避け、生地や縫製にこだわり1着1着最高の洋服を作ることだ。デザインのインスピレーションは主に、『Civil (シビル)』『Military (ミリタリー)』『Utility (ユーティリティー)』の機能美からきているが、1st Pat-rnの洋服は、糸・生地の生産から、ボタン、レーベル、タグ、商品の仕上げの工程まで、すべてがイタリアで行われている。そして、洋服としての最高の品質と仕立てを常に追及し続けている。例えば、英国とイタリアの仕立ての具合をうまく融合させ、綺麗なウエストライン、すっきりとした肩のライン、動きやすくスタイリッシュに裁断された腕周りなどの新しいフィットを作り出したり、第一次世界大戦でイタリア陸軍や海軍が着用していたユニフォームをデザインのインスピレーションにしたり、レーベルにモデル名を入れたりと、細かな気配りとこだわりが1st Pat-rnの価値をより一層引き立てるものとなっている。デザイナーCristianoが “We must try to wear them, to understand” と主張しているように、1st Pat-rnの本当のフィットの良さは、実際に着てみないとわからないものだ。長く大切に着て初めて分かる本当の洋服の良さを教えてくれるような洋服作りが 1st Pat-rnの洋服作りだ。伝統的なイタリアのものづくりを後世に継承していきたいというデザイナーCristianoの気持ちがあふれ出ている。