BLOG

某ブランドのScandinavian & New Mexican

日時:5/19(土)~5/27(日)12:00~20:00

Brand Concept:KUON(クオン)は日本語の「久遠」、「遠い過去または未来」「永遠」に由来しています。

世界中に存在する古着や古布の持つ歴史や文化を取り入れながらも、

その枠に捉われず、時代が巡っても変わらない、

理屈抜きのシンプルなカッコよさを追求することをブランドの真髄としています。

新しいものは古くなるけれど

美しいものはいつまでも美しい

Designer:石橋真一郎(Shinichiro Ishibashi)

丸の内の老舗テーラーにて修行後、

パリコレクションブランドのパタンナーとして入社、

2014年独立し、フリーパタンナーとして数々のブランドを手がける。

2016S/SよりKUONのデザイナーに就任。

 

 

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「世界亀の日」だそうです。

カメェェェェッー!(FF5)

ま、割とヲタな方です。

 

そろそろKUON以外のアイテムも紹介しないとヤバいですね。

あとレディースの商品紹介もご無沙汰しちゃっててスイマセン!!!

 

なので、本日は久々にレディースの紹介です。しかも結構レアなヤツ!

 

ドウゾ!

【ブランド】都合により非公開

【アイテム】Scandinavian

【価格】¥34,560-(税込)

【コメント】

えええっ!?もうdiariesには入荷しないって言ったじゃない???という声を、

既に店頭でご覧になったお客様から多く頂戴しております。

申し訳ございません。色々ありまして。。。

 

そうです。昔から当ブログをご覧いただいている方にはご存じと思われるFernand Leatherの靴。

フェルナ〇ドレザーというブランド自体は存続するものの、もう創業者のスティーブフェルナンド氏が手掛けてないことから、

diariesでは取り扱いをやめておりました。(コバの仕上げとか細かいところもちょっとな~って感じだったので。)

 

しかし今回届いたのは、ケガをしたスティーブとその弟子T氏が手掛ける本物のフェルナ〇ドレザー!というか、

フェルナ〇ドレザーではなく〇〇〇〇〇ッドというブランドになります。

すいません!ここは大人の事情で非公開とさせていただきます!

が、もちろんクオリティは間違いございません!!!

 

それでは詳しく見ていきましょう。

こちらはスカンジナビアンという、ビル〇ンでいうところのボストンみたいなスリッポンです。

夏だし、サクッと履けるのがいいですし、特にお子さんが小さくて両手が空かない方などにお勧めですね!

スリッポンといえど、本当にこの靴はなじみがよくて、ちゃんと足型に沈んでくれるんですよね~!

まあ中物のコルクとか入っているわけではないので、厳密には沈みとは言わず、ただの革のなじみになっちゃうんですけど、

それなりに厚い革を使用しているので、沈みと思えるくらいよく成型されます。

あと、このインソールにスタンプされたComfort(快適な)+Feet(足)を足したComfootという造語もそのままで嬉しいです!

 

そしてやはりSteveとT氏が手掛けた靴は、コバの処理が丁寧でいいですよ!!!

ちなみにごく少量入荷となっており、メンズサイズは1足だけあったのですがとっくに完売。

レディースは、23.5㎝と24㎝と25㎝が1足づつ、計3足となっております。

サイズが合う方には強くオススメしたいです!!!

 

 

 

そしてもう一型!

【ブランド】都合により非公開

【アイテム】New Mexican

【価格】¥31,320-(税込)

【コメント】

こちらはレディースらしい、つま先が開いたタイプのニューメキシカン!

これはもう間違いなくかわいいですよ!

肌の露出が若干多いのは、商品名のNew Mexican=ニューメキシコ州の通り、暑い砂の上を歩くイメージで作られたのかも!?

インディアンジュエリーやエルパソブランケットやターコイズなど、アメリカンフォークロアテイストに最高にはまるサンダルです!

着用感ですが、ヒールをグルっと巻いてしっかりホールドするので、

革の分量の割にはホールド感も良く、履き心地も抜群でございます!

すでにこちらのサンダルは残り1足となってしまい、

残すサイズは24㎝のみとなっております。

できればメンズで欲しかったな~。

実はこの靴も今回で最初で最後かもしれません。

次あったとしても、結構値上げしちゃうみたいだし。。。

なのでお早めにお願いします!

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

KUON POP UP STOREから商品紹介です。


日時:5/19(土)~5/27(日)12:00~20:00

Brand Concept:KUON(クオン)は日本語の「久遠」、「遠い過去または未来」「永遠」に由来しています。

世界中に存在する古着や古布の持つ歴史や文化を取り入れながらも、

その枠に捉われず、時代が巡っても変わらない、

理屈抜きのシンプルなカッコよさを追求することをブランドの真髄としています。

新しいものは古くなるけれど

美しいものはいつまでも美しい

Designer:石橋真一郎(Shinichiro Ishibashi)

丸の内の老舗テーラーにて修行後、

パリコレクションブランドのパタンナーとして入社、

2014年独立し、フリーパタンナーとして数々のブランドを手がける。

2016S/SよりKUONのデザイナーに就任。

 

 

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「探偵の日」だそうです。

探偵といえばホームズでもコナンでもなくガルです!

 

というわけで、まだまだ続くよKUONポップアップストア!クオンクオ~~ン!(俺豚の鳴き声)

まだまだKUONの商品はございますので、どうぞお越しくださいましね。

本日の商品紹介は、KUONのアイテムをハイライトでご紹介させていただきます!

 

ドウゾ!

まずはKUONといったら襤褸とかいてランルまたはボロと書いてBOROですね!

もはや世界中のアンティークファンにはBOROで通じるくらいの素材でございます!

それをゆったりたっぷりの~んびり着られる旅行けばプルオーバーTシャツでございます。

しかもボタンは陶器っていう・・・手洗いか・・・

 

次です。

奄美大島の藍染めシャツです。琉球藍になるのでしょうか?沖縄の海のような爽快な青!(エーシ元気か!?)

ポケットにワンポイント。

刺し子でございます。色落ちしてくると、この刺し子が浮きだってきて、経年変化が楽しめるという代物。

しかし、個人的にはこちらの方に反応してしまう。。。

な~んかおかしくね~?袖のステッチが、肩の縫い目ではなくヨークの縫い目につながってんのなんかおかしくね???

この辺の分かりにくいディテールがKUONらしくて好きです!細かすぎて伝わらない服!www

でもちゃんとシルエットを考えてのことなので、着てみると「へー!」ってなりますけどね!

また3本針のくせに、やたら運針数と巻きが細かいのにビビります。ホント細かいわ~~~!

 

次です。

diariesではKUONのアイテムの中でも定番として扱っているワイドパンツですが、

藍染めのMサイズ(32インチ程度)だけ在庫がありますよ!

 

次です。


夏に向けていかが?なショーツ。

素材は、こちらも昨年登場したチェコ軍の1960年代テントファブリック&市松。

市松は福島県の柳式刺し子織という、福島でしか作れない素材になります。

シルエットはワイドパンツをベースにしているので、グルカショーツのような太目のシルエットがカッコイイですよ!

 

次です。

こちらはお手頃なサコッシュ。

小さいながらも、存分にKUONらしい生地を楽しむことができます。

左は、こちらも福島県でしか作れない刺し子。

そして右は吉野格子。

日本古来の柄ながら、ワンポイントにいいですね~。

 

次です。


ボロと裂織(さきおり)のキャップです。

実はこちらのアイテムは、昨年からちょいちょいdiariesに入荷しているものの、いつもブログ紹介前に完売しているアイテム。

今季入荷分も売れちゃいましたが、まさかの登場でございます!!!これがポップアップストア!何が起こるか分かりません!!!


ボロの説明はいぜん説明したのでいいですかね。

なのでこの裂織をさくっと説明しましょう。

裂織という名の通り、裂いて織るから裂織。

例えばボロ自体も、物資がすくなくて「もったいない」という思いから、なんとか今ある布を再利用するために生まれた素材。

そしてこの裂織も、古い生地を咲いて織って、また布として使えるようにしたものなんです。

どちらもMOTTAINAIという日本人が世界に誇れる考え方から生まれたのです。

そして誇れる考えた方から生まれたこの素材も、やはり世界に誇れる素材であるのです。

あ~勿体ない勿体ない。

ちなみに勿体ないとは仏教用語で、ありがたやとも意訳できます。

なので、ありがたやありがたやとも取れますね。

ホントに有難い生地ですよこれは

 

次です。

襤褸のバックパックもございます!!!

多きさは日常使いのデイパックくらい。

なんだけど、タフに使えるようにラバーが!?!?!?

50年以上前の襤褸にラバーをコーティングして、水が入らないように作ってます!

これはマジでもったいねー!wwwでも贅沢ー!!!

でも普通にガシガシ使えるので、これぞKUONですね。

良い素材も惜しみなく、勿体なく=ありがたく使う。

こういった素材を身に着けると、日々の行動を見直せるようになりますよ。

 

次です。

見た目はただのコーチジャケットですが。

背中が!?

ボディの色にあわせて、またそれぞれ裂織とBORO。

あ~先ほどのキャップと合わせて着たら、相当カッコイイだろうな~。あとバックパックも・・・

 

次です。

こちらはコーチジャケットじゃなくてナイロンブルゾンまたはドリズラーずらー。

さわやかなブルーが印象的ですが、なんとこちらは藍染め。

ナイロンなのに藍染め!?!?!?

なんと、玉ねぎの皮で化学反応を起こさせ、藍で染まるようになってるんだとか???

もはや藍への愛!藍への愛が止まらない!藍が加速する!愛がル・・・・・

 

次です。

ここから素材4連発。

先ほども出た福島の刺し子。

日本古来の幾何学模様って本当に素晴らしい。

次は遠州(静岡)の藍染め。

そこに刺し子を施したもの。

遠州は道着の産地でもあるため、ご覧の通り剣道をやられてた方には懐かしさすら感じる素材。

しかし、KUONのコンテンポラリーなパターンを組み合わせれば見事に調和します。

 

次は吉野格子。

そもそもこの吉野というのが、3代太夫に数え上げられる吉野大夫に由来し、

大夫というのは、江戸の吉原のような遊郭で働く遊女・女郎の中の上位である花魁、

そしてさらにその花魁の中でトップに君臨するのが太夫であり、

歴史上の太夫の中でも最高と絶賛される吉野大夫が好んだことにちなんで、吉野格子として伝わっています。

しかも!この吉野格子は一時は忘れ去られたものの、民芸運動の創始者である柳宗悦の甥にあたる柳悦孝が復活させかとか?

と、このように言われてみると、なんだか色気のある素材に見えてきますね~!(影響されやすい)

 

次です。

こちらは奄美大島の藍染めと泥染め。

この辺は着やすそうな3つボタンのワークジャケットですが、でもやっぱり欲見ると変なディテールがあるんだよね~!

このポケットとか。

ポケットの端を縫い付けてないの。あえて浮かせるようにしてるの。

なんだか違和感を感じるKUONの服。普通なようでちょっと違う。足し算引き算のバランスがものすごいんですよ。

 

で、こちらも今季diariesに入荷していたパンツ。

当店で既にパンツを買ってくれた方は、セットアップにも挑戦してほしいです!

 

次で最後!


泥染めのパーカーです!

こちらはスノーパーカーをベースにしているので、やたら大きいフードが特徴。

前から見ても、後ろから見ても圧倒的な存在感なのでございます!

そもそもこの奄美大島の泥染めとは、1300年もの歴史を持ち、着物の素材として頂点に君臨する大島紬の墨色を作りだす染色方法なのでございます。

大島紬の墨色は、85回以上の染めを行うといわれておりますが、このKUONの茶色い泥染めも60回もの工程を経ています。

泥染めといっても、土を塗ったから茶色というわけではないんです!

また色落ちも独特。茶色がだんだんグレーに近くなっていく、得も言われぬ経年変化。

それを踏まえた上での、圧倒的存在感なのです!!!!!

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

KUON POP UP STORE 絶賛開催中のお知らせ。

日時:5/19(土)~5/27(日)12:00~20:00

Brand Concept:KUON(クオン)は日本語の「久遠」、「遠い過去または未来」「永遠」に由来しています。

世界中に存在する古着や古布の持つ歴史や文化を取り入れながらも、

その枠に捉われず、時代が巡っても変わらない、

理屈抜きのシンプルなカッコよさを追求することをブランドの真髄としています。

新しいものは古くなるけれど

美しいものはいつまでも美しい

Designer:石橋真一郎(Shinichiro Ishibashi)

丸の内の老舗テーラーにて修行後、

パリコレクションブランドのパタンナーとして入社、

2014年独立し、フリーパタンナーとして数々のブランドを手がける。

2016S/SよりKUONのデザイナーに就任。

 

 

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「ローマ字の日」だそうです。

KUONとローマ字で書いて久遠のクオンポップアップストアは、おかげさまで大好評をいただいております。

非常に多くの方にご来店いただきまして、本当にありがたく思っております。

 

ハッキリ言って、接客よりもKUONというブランド、いやKUONが作った服、使用した素材を媒介として、

さまざまな雑談ばかりで、まるで服の説明とかをしておりません!

だがそれがいい!その人ならではの視点・解釈。触れてきた文化・民芸・歴史。

たった1着の服からそこまで話が広がるKUONの奥深さに、改めて私の中でKUONというブランドの良さを再認識しました。

 

で、本日の商品紹介をと思ったのですが、

お陰様で忙しくさせていただき、精根尽き果ててしまったので、また明日からにしたいとおもいます・・・

いつもブログを楽しみにしていただいている方には、本当に申し訳ございません。

 

言い訳するとすれば、GWが終わってから2週間ほどM(マジ)でY(ヤバい)くらいH(ヒマ)だったので、

どうせ今週も・・・と思ってたら、思っていた以上のKUONパワーでいきなり忙しくなって、

肝心の俺がヒマに慣れ切って油断してて、忙しいことにテンパって脇汗ビショビショになってしまったという経緯です。(ホントどうでもいいね!w)

 

だからね!マジでKUONナメンな!ってことです!!!(誰もナメてない。俺が一番ナメてたわ!ww)

 

こんなこと書いて、忙しくさせちゃ申し訳ないから行かない!なんて言わず、平日も来てくださいね~

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

KUON POP UP STORE開催のお知らせ。


日時:5/19(土)~5/27(日)12:00~20:00

Brand Concept:KUON(クオン)は日本語の「久遠」、「遠い過去または未来」「永遠」に由来しています。

世界中に存在する古着や古布の持つ歴史や文化を取り入れながらも、

その枠に捉われず、時代が巡っても変わらない、

理屈抜きのシンプルなカッコよさを追求することをブランドの真髄としています。

新しいものは古くなるけれど

美しいものはいつまでも美しい

Designer:石橋真一郎(Shinichiro Ishibashi)

丸の内の老舗テーラーにて修行後、

パリコレクションブランドのパタンナーとして入社、

2014年独立し、フリーパタンナーとして数々のブランドを手がける。

2016S/SよりKUONのデザイナーに就任。

 

 

 

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「ことばの日」だそうです。

人の営みがある限り、言葉と糸は紡がれ続けていく。。。

 

というわけで、ついにKUONポップアップストア開催します!!!

先ほど設営完了!

襤褸・BORO・ボロアイテムもたくさんあります!

 

他にも、日本が世界に誇れる伝統的な生地も!!!

 

本当にこの場を設けられたことが嬉しくて嬉しくて!

お話をいただけたKUONさんには、本当に感謝しております!

そしてKUONのインスタでもご紹介いただきまして、なんでも「北関東では初の開催」ということ。

北関東初・・・この中途半端さがdiariesらしくてジワります!www

どっちかっていうと北関東発にしたいですね!ここから発信したい!

いやでも本当に、今後要注目のブランドでもあるし、これから世界中からオファーがくるはず。少なくとも私はそう思っています。

 

だから何だってわけじゃないんですけど、こんな北関東の中でも割と田舎の方?いや北関東の中では大都会かも???しれない

ここつくばでいち早く開催するっていうのは、実は結構な事件だと思ってますよ!

普通に何で?って思いますもん。

なのでこんなことは普通ありえないわけで。つまりあり得ないということは、有り難いことなので、本当にありがたく思うわけです。

 

せっかくこのような機会をいただけたKUONさんにも恩返しをしたいので、是非ともできるだけ多くのお客様に手に取ってご覧いただきたい。

別に買わなくてもいいので、とにかくその世界観を少しでも感じてほしい。

 

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

本日は以上。

 

それではまた。お店で会いましょう。

休店日と営業時間変更のお知らせです。

休店日のお知らせです。

また下記日程は営業時間を変更させていただきます。

5/15(火)は、18時閉店とさせていただきます。