Aurlandskoen

アウルランドシューズの工場は、1930年代につくられました。始まりは、創業者のNils Tverangerがアメリカのイロコイ民族のモカシンに出会い。そのモカシンに影響を受け、アウルランドシューズが生まれました。 靴製造の伝統は1880年代まで遡ります。当時、鮭釣りを楽しむ為、多くのイギリス貴族がアウルランドに来ていました。彼らの靴の修理を請負うことで、靴の修理・製造が活発化され、技術が広まっていきました。 アウルランドシューズの最初のバージョンは、1908年に販売が開始されました。若い時のNilsTverangerは、アメリカで靴の製造を学んだ後、アウルランドで靴の修理屋として居を構え、アウルランドシューズの最初のバージョンを開発。それは靴ひもとアイレットが付いており、ナショナルシューズと名付けられました。Tverangerは、靴の修理屋の芸術を職業に変えたのです。彼はHansine Toraldsdotter Onstadとの間に 4 人の子どもをもうけ、そのうちの子孫の何人かが現在でも靴の製造に携わっています。1930年代にはアウルランドモカシンを開発。これは、NorwegianTeseskoenと似たもので、後にアウルランドシューズと名付けられました。第二次世界大戦終了後の数十年間、このシューズは、非常に人気を博し、男女ともに流行のシューズとなりました。イギリス、カナダ、アメリカに輸出され、遠く離れたスバールバル諸島でも人気を博しました。1960 年代の終わりには、ノルウェーの靴産業は激化する競争により、国全体で靴の製造者が廃業に追い込まれました。アウルランドも例外ではありませんでした。当時19〜100名を雇用していた靴工場も、すぐに人数が少なくなりました。しかしそれでも靴を作り続けたうちの一人がAnsgar Wangenでした。彼の妻 EldbjørgとSvein Odarはこの長く続く靴製造の伝統を維持しています。1989年以降、アウルランドの靴製造者達だけがアウルランドシューズを製造しています。 アウルランドの靴にはノルウェー硬貨「10オーレ」のコインが挟み込まれています。第二次世界大戦占領への抵抗のシグナルなど深い意味を持つノルウェーの歴史となっています。この硬貨は1991 年に製造中止になりました。しかしノルウェーの人々は古い銀行の金庫や食器棚の中にある瓶で貯めこんだこの硬貨を残しているのです。ノルウェーの人々にとってアウルランドの靴は特別な意味を持っています。全ての靴に使用されている革は 2.2 –2.4mmの厚さを持っており、これはかなり厚く、今日の他のタイプの靴にはほとんど見られない厚さです。そのためアウルランドの靴には適度な時間が必要です。履き込んでいくことで靴は貴方の足と一体になるでしょう。