hannes roether

2004年にドイツのミュンヘンで、デザイナー自身の名を関したブランドをスタート。ドイツの伝統的な服から刺激を受け、ドイツの工芸品とも呼べる生産背景をサポートし、過度な生産を避けるために最初は小さな規模から始めました。初めはコットン・メリノウール・カシミヤを使用したニットウェアを作り、次はドイツのワークウェアファブリックやイタリアンウールを使用したジャケットやパンツを作り、トータルウェアブランドとしてワードローブを完成させます。デザインの特徴は、シンプルでモダン。着心地はリラックスしながらも、エレガンスな雰囲気が漂ってます。