SCHUH BERTL

SCHUH BERTL(シューベルテル)は、靴のスペシャリストBertl Kreca(ベルテル・クレカ)が、1989年にドイツ・ミュンヘンにて創業したブランドです。彼が作る靴は、アルプス山脈を歩くための登山靴や、溶接工が履くワークブーツ、ハンティングブーツなど、ドイツらしい堅牢な靴だけでなく、バイエルンの映画スタジオでモデルメーカーとして様々な靴を作ってきたおかげで、女性用の靴も作ることができます。作り方は全工程をフルハンドで行い、バーバリアン地方と呼ばれるこの地はアルプスの麓に位置し、古くから登山靴やチロリアンシューズの生産地として知られています。同工房も、世界最高峰のレザーと呼ばれるスイス・ガルサー社のガロユヒテンを使用し、靴製法の中でも最も堅牢で防水性の高いノルウィージャン製法を用いて、靴作りを行っています。また、シューマイスターであるBertl Krecaは、古い靴作りの文献や靴の収集をライフワークとしており、ドイツの靴ミュージアムに自身の靴を寄贈するなど、ドイツの靴職人の第一人者として知られています。