LE TRAVAILLEUR GALLICE

LE TRAVAILLEUR GALLICE|Le Manteau|salt and pepper mill

le-travailleur-gallice2202-0079-20
SIZE
ラッピング
  • 商品説明

    【商品説明】
    1930~40年代のワークコートのデザインをミックスしたもの。メモ帳やペンポケットが分かれた胸ポケットや、腰ポケットの横にはパンツのポケットにコートを着たままアクセスできるスラッシュポケットなど、当時らしいディテールを忠実に再現しています。使用する生地は、フランス製のソルトアンドペッパー。この生地はコットン×リネンの交織生地で、フランスで古くから作られている「メティス生地」という物になります。現在では数少ない工場でしか織られていません。100年以上前の織機を修理しながら使い続ける工場で織られた、LE TRAVAILLEUR GALLICE別注生地です。しなやかでコシがあり、洗いこむほどに体に馴染んでいく過程も、この生地の魅力です。

    【ブランド】
    LE TRAVAILLEUR GALLICE
    LE TRAVAILLEUR GALLICE (ル・トラヴァイユール・ガリス)はフランス中東部の都市、リオンに程近いビルフランシュ=シュル=ソーヌにて1895年に創業したETABLISSEMENTS GALLICE社によるワークウエアブランドです。120年以上前に生まれたこのブランドは、フランスワークウエアの黎明期を代表するブランドの1つであり、フランス最古のワークウエアブランドの1つです。彼らのワークウエアは多くのフレンチワーカーたちの生活を支えてきました。フランスワークウエアの代名詞とも言えるアイコン、モールスキン。かすかな光沢を伴い、密度高く織り込まれたその生地は、見た目がモグラの皮に似ていたことからモグラの皮=MOLESKINE(モールスキン)と呼ばれました。その誕生はより強固な作業着を求めるワーカーたちの声によるものでした。モールスキンは製鉄所での作業中、飛び散る溶けた金属が多少付着したぐらいではビクともせずに工員を守る事が事ができ、当時としては画期的な耐久性を誇りました。時を経て現在、モールスキンはその手間のかかる生産工程から、決して安いものではなくなり、作業着として用いるには幾分高級すぎる生地となり、他の廉価な生地にその座を受けたしました。しかし、使いこむほどに味わいを増していくその生地は、デニムのように経年変化を伴い、所有する喜びと育てる楽しみに溢れたものです。LE TRAVAILLEUR GALLICE社の手掛けるBLEU DE TRAVAILコレクションは、失われつつある本物の物づくりを後世に伝えるべく、モールスキンに特化したラインナップを展開しています。モールスキンの魅力を今一度体感してほしいという願いを込め、伝統的なワークウエアのディテールを踏襲したベーシックアイテム群は今もなおフランスで生産されるモールスキンを用い、フランスのワークウエア専業工場にて生産されています。

    【サイズ・寸法】
    1 / S程度・・・肩幅50cm、袖丈56cm、着丈106cm、胸囲128cm
    2 / M程度・・・肩幅52cm、袖丈59cm、着丈106cm、胸囲130cm
    3 / L程度・・・肩幅53cm、袖丈62cm、着丈107cm、胸囲132cm
    ※ノンウオッシュの為、水洗いにて約3%ほど縮みがあります。
    ※手作業採寸・素材の特性上、多少の誤差がございます。

    【カラー】
    salt and pepper mill

    【素材・産地】
    綿55%、リネン45%
    フランス製

    ※商品についてご不明な点ございましたら、メールもしくは電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。 またSOLD OUTになっている場合でも在庫確認致しますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
    ※ご使用のOA環境により、色目が異なって見える場合がございます。
    ※店頭でも販売しているため、売り違いの場合がございます。

  • 商品説明

【商品説明】
1930~40年代のワークコートのデザインをミックスしたもの。メモ帳やペンポケットが分かれた胸ポケットや、腰ポケットの横にはパンツのポケットにコートを着たままアクセスできるスラッシュポケットなど、当時らしいディテールを忠実に再現しています。使用する生地は、フランス製のソルトアンドペッパー。この生地はコットン×リネンの交織生地で、フランスで古くから作られている「メティス生地」という物になります。現在では数少ない工場でしか織られていません。100年以上前の織機を修理しながら使い続ける工場で織られた、LE TRAVAILLEUR GALLICE別注生地です。しなやかでコシがあり、洗いこむほどに体に馴染んでいく過程も、この生地の魅力です。

【ブランド】
LE TRAVAILLEUR GALLICE
LE TRAVAILLEUR GALLICE (ル・トラヴァイユール・ガリス)はフランス中東部の都市、リオンに程近いビルフランシュ=シュル=ソーヌにて1895年に創業したETABLISSEMENTS GALLICE社によるワークウエアブランドです。120年以上前に生まれたこのブランドは、フランスワークウエアの黎明期を代表するブランドの1つであり、フランス最古のワークウエアブランドの1つです。彼らのワークウエアは多くのフレンチワーカーたちの生活を支えてきました。フランスワークウエアの代名詞とも言えるアイコン、モールスキン。かすかな光沢を伴い、密度高く織り込まれたその生地は、見た目がモグラの皮に似ていたことからモグラの皮=MOLESKINE(モールスキン)と呼ばれました。その誕生はより強固な作業着を求めるワーカーたちの声によるものでした。モールスキンは製鉄所での作業中、飛び散る溶けた金属が多少付着したぐらいではビクともせずに工員を守る事が事ができ、当時としては画期的な耐久性を誇りました。時を経て現在、モールスキンはその手間のかかる生産工程から、決して安いものではなくなり、作業着として用いるには幾分高級すぎる生地となり、他の廉価な生地にその座を受けたしました。しかし、使いこむほどに味わいを増していくその生地は、デニムのように経年変化を伴い、所有する喜びと育てる楽しみに溢れたものです。LE TRAVAILLEUR GALLICE社の手掛けるBLEU DE TRAVAILコレクションは、失われつつある本物の物づくりを後世に伝えるべく、モールスキンに特化したラインナップを展開しています。モールスキンの魅力を今一度体感してほしいという願いを込め、伝統的なワークウエアのディテールを踏襲したベーシックアイテム群は今もなおフランスで生産されるモールスキンを用い、フランスのワークウエア専業工場にて生産されています。

【サイズ・寸法】
1 / S程度・・・肩幅50cm、袖丈56cm、着丈106cm、胸囲128cm
2 / M程度・・・肩幅52cm、袖丈59cm、着丈106cm、胸囲130cm
3 / L程度・・・肩幅53cm、袖丈62cm、着丈107cm、胸囲132cm
※ノンウオッシュの為、水洗いにて約3%ほど縮みがあります。
※手作業採寸・素材の特性上、多少の誤差がございます。

【カラー】
salt and pepper mill

【素材・産地】
綿55%、リネン45%
フランス製

※商品についてご不明な点ございましたら、メールもしくは電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。 またSOLD OUTになっている場合でも在庫確認致しますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
※ご使用のOA環境により、色目が異なって見える場合がございます。
※店頭でも販売しているため、売り違いの場合がございます。

このアイテムを使ったコーディネイト