Monica Johansson

Monica Johansson|B02 Bracelet

monicajohansson1702-0047-92
16cm
17cm
18cm
19cm
20cm
21cm
売り切れ
¥17,600(税込)
SOLD OUT
  • 商品説明

    【ブランド】
    スウェーデン北部で生まれ育ったモニカヨハンソンは、1980年からアクセサリーの製作を始めました。トナカイを飼い、トナカイの肉を食べながら遊牧生活を送り、固有の文化を築いてきたサーミ(sapmi)族の血を受け継ぐ彼女が、
    アクセサリーを作り始めたのは自然な事でした。
    ラップランド(スカンジナビア半島北部)で生きるトナカイ遊牧民・サーミ族のドゥオッチ(伝統手工芸)の一つとして彼女たちの手で作られるこのアクセサリーは、大自然との対話から生み出されています。素材には、万能で捨てることのない資源であるトナカイの革や角、さらには腱までも使用しており、これはサーミ族にとっての自然の恵み、または共に生きたトナカイに敬意を払うという事になります。また、装飾として使用される光沢のある銀糸は、ピューター(錫)と4%のシルバー(ニッケルフリー)からできた合金の糸であり、使い込むほどに輝きが増します。
    かつてサーミ族は、ピューターをトナカイに荷を載せて、スカンジナビア半島から運搬していたという歴史から、トナカイに次ぐ資源と考え使用されるようになりました。さらにこの銀糸を使用して刺繍をする、装飾品を作るという歴史は、約1600年代から続くと伝えられています。しかし1800年代に入ると、レスタディアンリバイバルによる信仰深い人は自分を飾り付けるべきではないという思想から、一時は姿を消してしまいます。
    しかし1900年代にから再びその価値が見直され、作られるようになりました。
    モニカヨハンソンは、サーミ族の誇りであり、長い歴史を文化を育んだこのアクセサリーが消えないようにという想いから、ブレスレット作りを始めました。現在はスウェーデン北部のKlimpfjall(クリンプフィエル)という美しい自然に囲まれた小さな村にアトリエを構えています。
    サーミ族の間では、幸福をもたらすお守りとして伝えられてきたトナカイの角を留め具として使用したブレスレットを身に付けることは、サーミ族のシンボルとして伝え続けられています。

    【商品説明】
    角、革、錫。全て大地から作られたサーミ族のブレスレットです。表は金属糸ですが、肌に触れる部分はレザー。金属アレルギーの人でも付けられる、優しいつけ心地のアクセサリーです。
    ※1点1点手作りしているため、写真とは違った印象を受ける場合がございます。味としてご理解いただきますようお願いいたします。
    ※布ケース付属。

    Monica Johansson(モニカヨハンソン)のB02 Bracelet
    diaries blog

    【サイズ・寸法】
    16cm
    17cm
    18cm
    19cm
    20cm
    21cm
    ※幅は全て8mmです。
    ※1点1点手作りのため、サイズに誤差がございます。ご了承ください。

    【素材・産地】
    ピューター(錫)、シルバー(ニッケルフリー)、トナカイの角・革
    スウェーデン製

    ※商品についてご不明な点ございましたら、メールもしくは電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。 またSOLD OUTになっている場合でも在庫確認致しますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
    ※ご使用のOA環境により、色目が異なって見える場合がございます。
    ※店頭でも販売しているため、売り違いの場合がございます。

  • 商品説明

【ブランド】
スウェーデン北部で生まれ育ったモニカヨハンソンは、1980年からアクセサリーの製作を始めました。トナカイを飼い、トナカイの肉を食べながら遊牧生活を送り、固有の文化を築いてきたサーミ(sapmi)族の血を受け継ぐ彼女が、
アクセサリーを作り始めたのは自然な事でした。
ラップランド(スカンジナビア半島北部)で生きるトナカイ遊牧民・サーミ族のドゥオッチ(伝統手工芸)の一つとして彼女たちの手で作られるこのアクセサリーは、大自然との対話から生み出されています。素材には、万能で捨てることのない資源であるトナカイの革や角、さらには腱までも使用しており、これはサーミ族にとっての自然の恵み、または共に生きたトナカイに敬意を払うという事になります。また、装飾として使用される光沢のある銀糸は、ピューター(錫)と4%のシルバー(ニッケルフリー)からできた合金の糸であり、使い込むほどに輝きが増します。
かつてサーミ族は、ピューターをトナカイに荷を載せて、スカンジナビア半島から運搬していたという歴史から、トナカイに次ぐ資源と考え使用されるようになりました。さらにこの銀糸を使用して刺繍をする、装飾品を作るという歴史は、約1600年代から続くと伝えられています。しかし1800年代に入ると、レスタディアンリバイバルによる信仰深い人は自分を飾り付けるべきではないという思想から、一時は姿を消してしまいます。
しかし1900年代にから再びその価値が見直され、作られるようになりました。
モニカヨハンソンは、サーミ族の誇りであり、長い歴史を文化を育んだこのアクセサリーが消えないようにという想いから、ブレスレット作りを始めました。現在はスウェーデン北部のKlimpfjall(クリンプフィエル)という美しい自然に囲まれた小さな村にアトリエを構えています。
サーミ族の間では、幸福をもたらすお守りとして伝えられてきたトナカイの角を留め具として使用したブレスレットを身に付けることは、サーミ族のシンボルとして伝え続けられています。

【商品説明】
角、革、錫。全て大地から作られたサーミ族のブレスレットです。表は金属糸ですが、肌に触れる部分はレザー。金属アレルギーの人でも付けられる、優しいつけ心地のアクセサリーです。
※1点1点手作りしているため、写真とは違った印象を受ける場合がございます。味としてご理解いただきますようお願いいたします。
※布ケース付属。

Monica Johansson(モニカヨハンソン)のB02 Bracelet
diaries blog

【サイズ・寸法】
16cm
17cm
18cm
19cm
20cm
21cm
※幅は全て8mmです。
※1点1点手作りのため、サイズに誤差がございます。ご了承ください。

【素材・産地】
ピューター(錫)、シルバー(ニッケルフリー)、トナカイの角・革
スウェーデン製

※商品についてご不明な点ございましたら、メールもしくは電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。 またSOLD OUTになっている場合でも在庫確認致しますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
※ご使用のOA環境により、色目が異なって見える場合がございます。
※店頭でも販売しているため、売り違いの場合がございます。