Blog

Honnete(オネット)のStain Collar Coat

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「労働組合法制定日」だそうです。

そういや以前勤めてた会社の就業規則(のようなもの?)には、

労働組合の結成を禁じるといった記載があったような・・・

法律違反ですかね?

ま、どうでもいいですけど。

 

どうでもいいっていうかなんていうか・・・

12375958_921907964553046_2613259146269806088_n

いつも行く銀行でお出迎え。

危うく金色で塗るとこだったわ。

そういやコイツの時給は1500円だとか。

俺の約5倍ってとこだな。

 

 

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_0615

【ブランド】Honnete(オネット)

【アイテム】Stain Collar Coat

【価格】¥45,360-(税込)

【コメント】

diariesでも既に冬の定番となりつつある、オネットのステンカラーコートが今年も届いています。

もともと取り扱っている同ブランドのシングルPコートもありますが、
たまにお客様から「スーツの上から来ても大丈夫ですか?」という質問をいただきます。
着れなくもないのですが、シングルPコートでは着丈が足りず、スーツのジャケットの裾が出てします。
それではスマートさがないです。
やはりアウターは、インナーを覆っていなければ。
という理由から、diariesではビジネス用としても使えるようセレクトしたコートです。

IMG_0618

この着丈のコートにしては、非常に軽くて温かい。それが大事。
私もサラリーマン時代に色々なアウターを試しました。
最初はノースフェイスパープルレーベル(ナナミカ)のゴアテックスPコート。
しかしゴアテックスといっても所詮薄手のナイロンなので、
雨風は通さずともスーツの上からでは防寒性に劣りました。
あまりに寒いので、今度はモンクレーのダウンジャケット。
でもこれは暖かいだけ。
モコモコしたままお客様のところを回るのがはばかられます。
出来る営業マンを演じるには、せめて見た目だけでもスマートにこなしたいんですよね。
そして今度は雰囲気重視でバブアーの定番・ビデイル。
それは雰囲気は良いもののオイルが冷えて冷えて、結局ノースフェイスのPコートと同じ目に。
そしてなにより肩がこる。かさばるので、込み合う電車の中でつり革をつかむのが大変でした。
普段着ならいいけど、毎日着るものとして使用するには、より楽な服を知っちゃってますからね、現代人は。
だから次は軽さを求めて、ラベンハムのキルティングジャケット。
最終的にはこれに落ち着きました。
軽くて温かくてシルエットもキレイ。
またビジネス用のアウターというのは、あまりかさばったりボリュームがあり過ぎてもいけません。
なぜかというと、お客様やクライアントの前で上着を着たまま仕事しちゃダメだし。
このオネットのコートに出会っていれば、間違いなくこちらを選んだと思います。
軽くて温かくてシルエットが良いのは同じですが、さらに表地がウールに惹かれます!
また脱いで腕にかけた時のボリュームもちょうどいいですね。
基本的に私がやってた営業というのも、法人の新規飛び込み営業なので、
ガンガン外回りで雨・風・紫外線にさらされ、着たり脱いだりを繰り返し、洋服にもかなりの負荷がかかります。
そういった中で、いかに涼しげな顔でスマートに仕事をこなすか。(たまに辛そうなフリをして人情に訴えたりもしますが)
その為のタフでスタイリッシュな仕事の相棒でもあります。
そんなわけでビジネス的用途で説明しちゃいましたが、もちろんカジュアルまで幅広く着られるコートです。
それでは詳しく見ていきましょう。

IMG_0615

品名はステンカラーコートなのですが、ステンカラーらしからぬディテールが気に入ってます。

それがこの部分。

IMG_0620

袖口にリブと、ポケットにはフラップ。

これがね、フラップの形がMA-1と全く同じなんですよ。

さりげなくミリタリーテイストを取り入れてるところなんか、男心くすぐりますね~。

 

防寒性も申し分なし。

IMG_0621

こちらもメルトンと裏地の間に、サーモライトが搭載されております。内ポケット付き。

IMG_0622

なんでも「サーモライトマイクロ」という代物らしいです。

ダウン並みの保温性を持ちながらも薄くコンパクト。

ハイテクな断熱材で体をグルッと巻いているようなものなので、これは暖かいです。

 

今年の正月休みは短いという話をよく聞きます。

是非仕事始めは気合を入れて、こんなスタイリングはいかがでしょう?

IMG_0625

 

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。