Blog

INDIVIDUALIZED SHIRTS(インディヴィジュアライズドシャツ)のNavy Cambridge Oxford Standard Fit B/D L/S

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「コラムの日」だそうです。

やっと展示会行脚も落ち着いてきました。

空いた時間で大きな合同展示会をサラッと流す。

新規のブランドに名刺を渡した時、diariesの名前を見て「ブログが面白いお店ですよね?」とメーカーさん。

カッコよくて注目されるお店になるように頑張ろうと思います!!!!!涙

 

なにはともあれ、ブログやってるといいこともありますね。

話題に上げてくれるのも嬉しいですし、自分でも前はどんなことしてたっけな?という記録にもなります。

それこそ5年前ね。

思い出そうと思ってもなかなか思い出せないけど、

当時のブログと売上帳を見ると、ディテールまで鮮明に思い出します。

売上帳では当然ゼロの日が1週間くらい続くんだけど、お店には来てたのね。

被災地のお客様にメール送ったり、通販でオーダーがあっても送れなかったり、

そんでお店の片付けやったり、ガソリンスタンドから続く百数十台の車を眺めたり。

流石に原発が爆発した14日は休んだみたい。

あん時も家にいると不安だから、ホコリが付きにくいゴアテックスを着てマスクして

自転車でお店に来ようとしてたっけなぁ~。

なんだかもう無我夢中というか、五里霧中で生きてたね。

 

 

実は展示会で東京行く時とかも、こんな日に東京直下型地震が来たらどうしようと考えてたりもします。

こう見えて心配性で気弱なんです、私。

なんですけど、洋服を見ながら次のシーズンの事を考えてると、すっかりそのことを忘れてしまっている自分に気が付きます。

ある意味幸せなんだろうなと思う。

もし大地震が来てビルが倒れてきても、洋服のことを考えながら死んじまうのかもしれないね。

洋服バカ。

こうやってバカがやれてんのも、diariesを応援してくれるお客様のお蔭。

その期待を裏切らないよう、バカになってみせましょう。

どうぞお楽しみください。

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_2246

【ブランド】INDIVIDUALIZED SHIRTS(インディヴィジュアライズドシャツ)

【アイテム】Navy Cambridge Oxford Standard Fit B/D L/S

【価格】¥25,920-(税込)

【コメント】

先日ご紹介させていただいた定番のオックスフォードシャツに、今季より新色が登場しました!

ご覧の通りのネイビーです。

IMG_2250

もしこのINDIVIDUALIZED SHIRTSとは何ぞ?という方は、下記のリンクをご覧ください。

↓↓↓↓↓

INDIVIDUALIZED SHIRTS(インディヴィジュアライズドシャツ)Cambridge Oxford Standard Fit B/D L/S(Click!)

「シャツの基本」を知るためにうってつけのシャツです。

 

そんな基本となるシャツのネイビーですが、

いわゆるネイビーといっても警察官やパイロットの制服に使われるような濃紺から、ブルーに近いネイビーまで様々。

それが世の中にネイビーファンが多い理由でもあるのかもしれません。

そしてインディヴィジュアライズドシャツのネイビーは、やはりネイビーらしいネイビーと言いますか、

基準となる明るさ(暗さ)のように思います。

IMG_2248

もちろん素材はオックスフォード生地。

またこちらはケンブリッジオックスフォードとして織られていますので、ご覧の通りツヤがあります。

ネイビーなので尚更分かりますね。

 

いつもよりキリっとした印象に仕上がるので、

スタイリングの立ち位置としては、普段の名わき役的存在から一気に主役へ。

IMG_2142

もうこれだけで十分でございます。白いパンツを合わせると、コントラストがよりはっきりくっきり。

 

ただこれでけではコーディネートのアドバイスにならないので、それっぽいことをお伝えしましょう。

このネイビーのシャツは、「決まり過ぎてしまう」のがタマにキズ。

ダークトーンで合わせない方がいいです。

だからボヤっとした色を合わせるのがお勧め。

例えばこんな風に。

IMG_2147 (2) (2)

Hat/Paper Hat (TESI) ¥19,440-

Cardigan/Cotton V-neck Cardigan (Gicipi) ¥5,940-

Pants/M-47 Cargo Pants (Deadstock) ¥10,584-

 

カーキとかグレーとか、淡いトーンをキリッと締める。

また古着と合わせるのもいいですね。

色だけでなく、古着のようなヤレ感のある物との合わせとも。

古着を上手に着こなす人って、ただのヴィンテージコスプレではなく、コントラストを上手に使う人ですね。

それは古着をよく理解しているからなんでしょうけども。

 

またヤレ感という部分では、このインディヴィジュアライズドシャツのネイビー自身の経年変化も楽しみの一つ。

デニムではなく、通常の染料のネイビーがどのように退色していくのか。

いつものホワイトやブルーでは分からない、ケンブリッジオックスフォードの新たなる魅力を再発見することでしょう。

当然私も1着ゲットン。

数年後にご紹介できるといいですね!

 

 

それではまた。お店で会いましょう。