Blog

WORKERS(ワーカーズ)のWorkers Officer Trousers

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「デブの日」だそうです。

2か月連続で100㎞走っても2キロしか痩せてません!

そして暑くてもう1週間走ってないのですが、みるみるうちに腹の肉が!?

太ってるのに痩せない。暑いくらいで走らない。

俺が太ってるかどうかより、なんかもう存在がデブって感じです!デブ的存在!

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

IMG_8503

【ブランド】WORKERS(ワーカーズ)

【アイテム】Workers Officer Trousers

【価格】¥15,120-(税込)

【コメント】

今季もすでに届いております!ワーカーズのチノパン!これぞチノパン!

数あるチノパンの中でも、当店がお勧めするのはこのチノパン。

なぜなら、何度か改良を重ねマイナーチェンジを繰り返し、ついにたどり着いた感のあるチノパンだから。

ファッションブランドとして毎シーズン新しいのを楽しみにするのもいいのですが、

diariesの品ぞろえで言うと、こういうベーシックな物はいつまでも変わらない物を置いておきたいのが本音。

それでも工場だ生地屋だ為替だ原材料だ、様々な理由でいつか突然消えたりしてしまうんですけどね。

だから毎シーズン大事に売らせてもらっています。

ずっとあるといいな~、ワーカーズとこのチノパン。

いやチノパンではなく「Workers Officer Trousers」。

IMG_8510

以前ブログでご紹介した時も、このようにありました。

「今まで41カーキ、45カーキ、Army Officer Trousersなど、様々なチノパンを作ってきました。
また、WORKERSのサイトでも軍用、民間問わず多くのチノパンの特徴を調べてきました。
今回、それらの成果を一つにまとめ「WORKERS OFFICER TROUSERS」という品番にまとめました。」

いわゆるチノパンというものを咀嚼し消化されております。

それはこだわりすぎて消化不良を起こしているわけでもなく、ただのレプリカではない。

広く深い知識を持つワーカーズだからこそ、信頼がおけるんです。

 

それでは詳しく見ていきましょう。

IMG_8507

前回はSlim taperedとWide straightの2種類がありましたが、今季はSlim fitの1種類のみ。

基本的にはスリムですが、前回よりひざ下にゆとりがあるかな?

まあドレスチノと言われるような、キレイ目スタイリングに合いますね。

IMG_8509

ポケットは斜め。ほとんどのチノパンはスリットポケットでタテ型。

個人的にも、やはりこの方が手を入れやすいのでオススメです。

縫製は巻き縫いでここは41カーキタイプ。

IMG_8511

バックは「USMCチノ」と呼ばれるパンツをベースに、斜めの1本ダーツ。

普通のパンツはタテに1本。ドレスパンツでだいたい2本。ちょうどその中間の効果があるのでしょうか?

ミリタリーアイテムとしての生産性の効率を考えると、非常に費用対効果のあるディテールで面白いですね。

ダーツのゆとりは動きやすさにつながってきますが、当然見た目にも作用してきます。

細身ですが大人の余裕というか、やはりヒップ周りがピタピタなパンツは若いうちにしか履けないかな~。

ある程度のゆとりがあるけど、シルエットはキレイに見える。頑張ってる感がないのがいいです。

大人の余裕=おしりの余裕ってことです。違うか。

 

今季の色は「カーキ」です。

IMG_8504

ちなみに前回はベージュでした。若干ミリタリー色が強くなってると思います。

前回買い逃してしまった方は、ぜひご検討下さい。

 

それではまた。お店で会いましょう。