WILLIAM LOCKIE

1874年にスコットランドの地で生産をスタートしたウィリアム ロッキー(WILLIAMLOCKIE)は、今日に至るまでファミリービジネスを続けている老舗のニットメーカーです。当初からスコットランドにおける良質なニットウェア産業の中軸を担い、成型編みの聖地として知られるホーイック(Hawick)での生産にこだわり携わってきました。スコットランドの自然豊かな環境と共存し、伝統的な技術を用いることで高品質を維持し続けています。自然豊かなホーイックを流れるティビオット川の軟らかい水源により、やわらかで肌触りのやさしい上質なニットに仕上がります。色による風合いに違いを出さないよう専門のスタッフが高いレベルで品質をコントロールしています。ホーイックのドラムランリグ・スクエア沿いに家族経営として1874年に創業してから変わらず生産拠点となる自社工場を持ちます。すべての古い建造物に囲まれたこの地で熟練の職人達によってロッキーのニットは生産され続けています。ボディや袖など各個別に編みこまれたパーツを熟練の職人が手作業によって組み立てるその作業は1週間に50枚程度しか作れないほど、とてもデリケートな工程を経て生産されます。