Blog

DAN’S Hunting Gear(ダンズハンティングギア)のShoulder Bag & M.U.G(ミノトールアーバンギア)のGrain Sacoche

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「回文の日」だそうです。

すいません!突然ですが、身内に不幸があり、クリスマス前連休にもかかわらず、

営業時間等が変更になります!来店前には要チェックでオナシャス!



じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】DAN’S Hunting Gear(ダンズハンティングギア)

【アイテム】Shoulder Bag

【価格】¥8,100-(税込)

【コメント】

まだまだプレゼント向け小物紹介は続きます!

本日は、「いつまで流行は続くの?」が気になるサコッシュのご紹介です。

やっぱりお店なので、流行ってて簡単に売れる物はすぐに仕入れないといけませんからね!

バイヤーってそういう仕事でしょ?



なんですけど、今回ご紹介するサコッシュは最低なサコッシュです。

いや本当はサコッシュではないんだけどね。

サコッシュ枠で紹介した方が面白いかなと思って!



それでは初めて取り扱うブランドになるので、まずはブランド紹介から。


Dan’s Hunting Gearは、オハイオ州最大のアーミッシュコミュニティーの中心に位置し、

手作りのハンティングウェアを作る家族経営の会社です。

この20年で、最初は家の地下室から始まったDAN’Sは、約800坪の倉庫を必要とするまで成長しました。

全てのDAN’Sの製品は、40人のアーミッシュ達の手により作られています。

その丁寧で確かな物作りの評判は広まり、今ではハンターを始め、

農業、林業、建設労働者、アウトドアマンに支持されています。

現在ではアメリカ国内で300以上もの店で販売されています。


というブランド。

ファッションとかは何にも関係ない、ただのハンティングウェアブランドです。

俺の大好きなやつですね。



もう~ホントにハンティングのことしか考えてないから、作りがすごい。

それでは詳しく見ていきましょう。

ただのバッグです。ホントにただのバッグ。

マチすらありませんよ!

潔いくらいの簡素な作り。

この辺がアーミッシュ的な部分なのか!?



実はこのバッグ、ハンティングの中では「ゲームバッグ」に属します。

ちなみにゲームバッグとは何かというと、ハンティングで獲った獲物を入れるバッグです。

なのでこのように防水の裏地が付いてます。

gameとは、TVゲームのそれや試合などの意味のほかに、狩猟対象の動物や肉のこともgameと呼ぶみたいです。



なのでシンプルな作りの割には、しっかりとしたストラップが付いてます。

しかしこれがファッション的にみると非常にアンバランスで、

こんなひどいデザインのサコッシュがあったら最高だなって思ったんです!

背負ってみるとこんな感じ。

まあまあデカくて、体に巻き付くレベル。

ちなみにダンさんが想定しているのは、ウサギ・アライグマ・鳥バードなどだそう。



さらにはダンのだよ!っていうのもしっかりアピール。

そしてよく見ると気になるbriar proof。

wind proof(防風)やwater proof(防水)は数あれど、briar proofは見たことない。

何かと思って調べてみると、briar=ツツジでした!!!

まさかの防ツツジ!?

確かにツツジは硬いしな~!バッグに穴が空かないならいいよね!ハンティングだし!


というわけで、サコッシュじゃないけどサコッシュだったら

ひどいデザインでウケるバッグでした!

(プレゼントにって言っておいて、この紹介の仕方は無いな・・・)





なので、今度は最高のサコッシュをご紹介しますよ!!!

ドウゾ!

【ブランド】M.U.G(ミノトールアーバンギア)

【アイテム】Grain Sacoche

【価格】¥31,320-(税込)

【コメント】

ミノトールから、こちらは本気のサコッシュが届いております!

が!商品名にしっかりとサコッシュという名前が付いているにも関わらず、

クオリティが高過ぎてサコッシュの枠を超えております!

サコッシュを越えた存在!サコッシュの向こう側を知りたくないか!?

ドウゾ!

すっかりおなじみとなったミノトールとポーターのコラボ。

ミノトールの小物ライン、M.U.G(=Minotaur Urban Gear)です。

そして当店がオススメするのはこちらの「Grain シリーズ」。

上がレザーで、下はコーティングキャンバス。

レザーではありません。

オフィシャルの説明には、このようにあります。


「コーティングキャンバスとは レザーのように存在感のあるルックスでありながら非常に軽量な素材。

防水性・耐久性に優れ、長く快適にご使用いただけます。メンテナンスが簡単で、

中性洗剤を30℃前後のぬるま湯で薄め絞った布で拭くだけ。

清潔な状態を簡単に保つことができます。」

とあります。


ぶっちゃけ中性洗剤使わなくても、水拭きでだいたい汚れも取れます。

そしてこのコーティングキャンバスのもう一つの魅力。

実はこれ、ヴィ〇ンも同じ素材使ってます。

あ、一応確認なのですが、ヴィトンってレザーではないのはご存じですかね?

コーティングキャンバスというのは、コットンキャンバスの上にPVC(ビニールのこと)をコーティングしたものです。

レザーを使用しているのは、ストラップとかの部分だけ。

ヴィトンなのにビニールなの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

実はヴィトンならではの理由があるんです。

というのは、キャンバスを使用した軽くて丈夫なトランクメーカーから始まったヴィトンなので、

その理念を現代的な素材で作ると、コットンキャンバスになるということらしいです。

ざっくりとですけど。

で、そんなヴィトンが、こんなミニマルなデザインのバッグ作ってたらいいよねという遊び心で生まれたのが、

このコーティングキャンバスを使用した「Grainシリーズ」になります。

どう?使ってみたくなるでしょ?

そしてdiariesぽくない部分として、経年変化しない!というのもポイント。

自分で使っててもビックリするのが、とにかく汚れない、くたびれない。

なのでキレイなまま使えるのが魅力なんですね。



それがサコッシュにどう必要かといわれると、そんなに必要ではありません。

しかし、このサコッシュはストラップを取り外すと、上品なクラッチバッグに早変わり。

サコッシュからクラッチバッグへ。

今はやりのサコッシュと、少し前に流行ったクラッチバッグと、流行を遡っています。

ですが、そんなファッションの流行とは関係なく、個人的にずっとこんなバッグを待ってました。

冠婚葬祭用のハンドバッグ。

移動中はショルダーで、会場についたらクラッチで。

スーツに物を入れたくないし、あまり大きいバッグも持てない。

結婚式シーズンは終わったけど、これから葬儀が増えてくる年代なので、

個人的にも1つ持っておこうと思います。


そしてもちろん機能的。

ポケットは2つで止水ジップ。携帯などを入れてても安心安心。

さらに2つのポケットの間もポケットになってます。

ストラップの素材も上質。

シートベルトに使われるような滑らかな肌触りです。



以上で、ウケるサコッシュとものすごくマジメなサコッシュをご用意しました。

てかどっちもサコッシュでもなんでもないかな。

ま、適当に使えるやつを選んでください!



それではまた。お店で会いましょう。