Blog

tilit(ティリット)のContra Chef Apron

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つくばロックフェス2018 チケット発売中!!!

 

 

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「ロックの日」だそうです。

ロックの日に、つくばロックフェスのチケットが1枚も売れないのはどういうわけかん!?

いえいえ、分かりますよ。そもそも7月の休みなんてまだ分からないもんね~。

今月末くらいからでしょうか?休みが分かり次第、早めにお願いしますよ!!!

 

そうそう、たまに聞かれるのですが、つくばロックフェスのチケットを売ってて、

何かメリットがあるんですか?ってこと。

実はですね、、、特にありません!!!!!

なんならチケットとお金の管理という手間が増えるくらいです。

diariesでチケットを買ってくれても、当店には1円も入ってきませんのでご安心下さい!w

でもなんでこうやって毎日宣伝してるかっていうと、単純に「つくばロックフェスに行ってみてほしいから。」なんですよ。

当ブログで「良い店あったよ!」って紹介するのと同じことですが、1年に1回しか無いからね。毎日でも宣伝しないと!

 

なので、そろそろ1か月前だし、今週中には休みの希望出して、来週くらいには確定させてくださいよ!

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】tilit(ティリット)

【アイテム】Contra Chef Apron

【価格】¥14,040-(税込)

【コメント】

あれ~?久々の入荷ーーー!と覚えててくれたお客様はdiaries通!ありがとうございます!!!

そうなんです!なんと3年ぶりの入荷となったtilit(ティリット)!ティッティリ~~~!(効果音)

なんで入荷してなかったかというと、tilitが順調に成長しすぎてしまい、体制もいろいろ変わって仕入れるタイミングを逸しておりました。

取り扱いができなくなってからも、たまに問い合わせはいただいておりまして、

問合せいただく方もどうやってこんなブランド知るんだろうと思ったら、

例えば「専門料理」とかの業界専門誌で、有名シェフの私物として紹介されてたりしてて、

それでtilitで検索かけると、ウチの店のブログくらいしか上がってこないので、なるほどそういうことか~と。

 

なので、せっかくマニアックなブランドのSEOに強いdiariesなので、改めて取り扱いを検討しはじめ、

やっとこさっとこ入荷させることができました!(お店の審査とかあって結構面倒だったんですよ~)

 

それでは久々の入荷となるので、まずはブランド紹介からまいりましょう。

 

 

 

 

 

 


プロの料理人として17年のキャリアを持つアレックスにより、2014年にニューヨークで立ち上げられたブランド。

アレックスは、故郷であるルイジアナ州コヴィントンでタコス屋の皿洗いからそのキャリアをスタートさせます。

その後、カンザスシティ、ニューオーリンズと渡り歩き、最後にニューヨークにたどり着きました。

ニューヨークでは、ウエストヴィレッジにあるJames Beard Houseでシェフを務めました。

アレックスは、シェフという仕事が天職であるということを実感しましたが、とある問題に気づきました。

過去30年、シェフを取り巻く料理環境は常に進化し続けてきましたが、

しかし、シェフが身に付ける服はほとんど進化していなかったことに。

人気のある服や道具を見ても、現場で働く人のリアルな声が反映されているとは、とても思えませんでした。

そしてアレックスは、自身の経験を活かし、シェフの為の服作りを始めました。


というブランドです。

シェフ向けの、ガチのワークウェアってことになります。

ちなみにブランド名のtilitは、Utility=実用性という単語から来ています。前後のUとYを取っただけ。

Utility wearってことですね。

 

さて、こんなガチガチのコンセプトで、ファッションではなくシェフ用の服を着て大丈夫なのか?と思われるかもしれません。

しかし、そもそもジーンズもカバーオールもワークウェアなわけで。

diariesなんて何かのワークブランドばっかり揃えてたりするわけで。

私にとっては、Yarmoのようなワークウェアなどをセレクトするのと、あまり変わりませんね。

 

それでは詳しく見ていきましょう。

一応料理がコンセプトなので、まずはエプロンです!

実はdiariesって、お店のオープン以来からエプロンを欠かしたことがありません。

料理はもちろん、靴磨きに良いかなと思って用意してきました。

最初はベンデイビスなどのアメリカのブランドから始まって、その後国内のメーカーでも多く見られるようになったので、シュペリオールレイバーなどで。

またこれまで扱ってきたエプロンがワークテイストの物が多く、男性が着るとカッコイイのですが、女性はちょっと~というのと、

似たようなエプロンが増えすぎちゃったので、もっとシンプルだけどちゃんと作った奴が欲しいということで、このエプロンに。

 

良いなと思ったのは、まずはポケットですね。

普通エプロンってパッチポケット(外側から縫い付けるタイプ)でしょ?

だけどこのエプロンは、チノパンの尻ポケットのようなスラッシュポケットなんです。しかも両玉縁で仕上げてる!

 

たかがエプロンに、ここまでやってるのがウケましてね!

また余計なものがそぎ落とされたソリッドなデザインもカッコイイと思いまして。

 

でもね、このポケットにはちゃんと機能的な意味もあるんだって。

このスラッシュポケットにすることで、食品やゴミがポケットの中に勝手に入らないで済むんだそうです。

常に清潔に気を遣う、素晴らしいシェフならではの発想ですね!

 

生地はアメリカ製のワックスコットンを使用しています。(あ、でも縫製は中国です。なので表記はMade in Chinaです。)

水がしみこみにくいだけでなく、油汚れも付きにくくなっています。

もしかしたら火にも強くなってるのかな?

 

さっき、ワーク風のエプロンはもういいや~なんて書きましたが、付いているとやっぱり嬉しいレザーパーツ!!

エプロンって、着脱時に頭を通すのがたまに面倒。

なので、こうやってパチッと簡単に脱ぎ着できるのは、実はかなりのスグレモノ!

 

またこのレザーを裏返すと、

どちらにもボタンが付いてて、レザーパーツ自体を取り外せるようになっているんです。

それはもちろん、洗濯の際に外すのが目的ですね!!!

 

さらにはこのレザーをよく見ると、なにやら文字が・・・?

Now Go Cook!=そうだ!料理しよう!

こういうのちょっと嬉しい~!

BBQなんかでもメチャクチャ活躍しますよ!

なんなら本気のエプロンしてるだけで仕事してる風にみられるので、

このエプロン着ていればビールばかり飲んでいても文句言われません!

父の日のプレゼントにもいいかもしれませんね!たまには料理くらいやれという意味で!頑張れお父さん!

あ、もちろん女性が着ると、かなりカッコよくなります。スウィーツは似合いません!ガチ料理がお勧めです!

 

色は3色。

Navy Wax

 

Olive Wax

 

Charcoal Wax

もちろん料理以外の用途でもお使いいただけますよー!

是非!

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018