Blog

Artex Knitting Mills(アーテックス・ニッティング・ミルズ) のClassic Cuff Cap

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「雑誌広告の日」だそうです。

んん~紙媒体は厳しいかもしれませんが、やっぱり雑誌も買うしCDも買っちゃう昭和世代です!

本も紙で読まないと頭に入ってこないのは、おっさんだからですかね?

あ、さっさとAMETORA日本版買お。

 

 

 

 

じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】Artex Knitting Mills(アーテックス・ニッティング・ミルズ)

【アイテム】Classic Cuff Cap

【価格】¥2,700-(税込)

【コメント】

3年ぶりに届いた、メイドインUSAでチープなニットキャップ、アーテックスのニットキャップです!

久々の入荷なので、まずはブランド紹介からどうぞ。


Artexは、1926年にアメリカのフィラデルフィアに設立された老舗のニットファクトリー。

その後ペンシルバニア州に移り、1960~70年代にはスポーツウェアやニットタイがアメリカ中に広まりました。

1990年代に入ると、メインプロダクトはビーニーやニットキャップになります。世界的にローコストの商品が多くなる中、

今でもアメリカ国内生産にこだわりながら、低価格競争にも負けない素晴らしいメーカーです。


というブランドです。

ぶっちゃけMADE IN USAじゃなかったらセレクトしないようなヤツ!浅いセレクトでスイマセン!!!

まあでも、最高クラスの帽子であるLock&Co.のラビットファーのハットから、

チープでポップなアクリルのニットキャップまで売っているdiariesが好きです!

 

そんな理由なので、気軽に差し色を楽しめて、ワンシーズンで使いきれるのがウリなのですが、今回は遊びが過ぎました。。。。。

通常、Artexのニットキャップなんて、だいたい800~1200円なのですが、

このニットキャップは素材も作りも一緒なのに2500円と2倍から3倍のお値段。

なぜかといいますと、この鹿の刺繍のせいです・・・

商品代より高い鹿の刺繍!!!

しかも色はこのオレンジのみ!

なんでかっていうと、このニットキャップはどこかのハンター団体がArtexに別注したやつらしいので、

仲間同士で撃たないように、目立つ色でなければならないんです。

なのでこれをかぶるってことは、ある意味オーバースペックってわけですね。

 

早速私も買いました。

これがそりゃもう~~~バカっぽくて最高なのであります!

ちなみに鹿の刺繍をセンターに持ってくると、バカさが5割増し!鹿はずらした方がいいですよ!!!

Knit Cap/Artex Knitting Mills (Hunter cap) ¥2,700-

Sweat/MINOTAUR×LOOP WHEELER (Raglan crew) ¥20,520-

Pants/Quilp (Thompson camoflage) ¥33,480-

 

しかし、これで私もハンターの仲間入り。

これからはバイヤーからハンターになります。

良い服をハントしてくるという意味では変わりませんが、

これからは念を使って探してこようと思います!

ハンターハンター再開を願って、みんなでかぶりましょー!!!

 

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017