Blog

The Original Bug Shirt(ザ・オリジナルバグシャツ)Bug Shirt

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「春一番名付けの日」だそうです。

春一番って言葉。その爽やかなイメージとは裏腹に、

なんと53人の漁師が突風で命を失った事故から言われるようになった説。

季節の変わり目は気を付けましょうね。




というわけで買い付け後期。

エッフェル塔と鳥のコラボ!これは縁起がいい!!!

パリ入り3日目金曜日。この日はヴィンテージの買い付けはお休み。

なぜなら、今回初めて海外での展示会で商談することになったから!

こちらはパリで行われている合同展示会。MAN。

友人がMAN PARISの日本国内マネージャー(パリなの日本なの?w)になったので、

その兼ね合いもありまして。

と、その前に会場がヴァンドーム広場だったので、足を伸ばしてエッフェル塔へ。

たった10分だけの観光でしたね。

せっかくなので、毎年買い付けで活躍するエゾエースと一緒にパチリ。

このツルハドラッグでしか買えないエゾエースも、買い付けを乗り切る大事な仲間。

どんなに体調が悪くても、これ1本で半日は持ちます。

が、1日1本までなので、ここぞというときに飲みます。

エゾエースに感謝の意を込めて、凱旋門もくぐらせてやろうと思って。

旅の無事を祈りつつ。

だって今日(この日は金曜日)言っておかないと、土日はエッフェル塔や凱旋門などは、

デモ(黄色いベスト運動)で近寄れなくなってしまいますからね。

そうそう、聖地巡礼も。

ダヴィンチコードの聖地

この瞬間が鳥肌モノ!!!!!

ルーヴル美術館のピラミッドでございます!!!!!!

この空間にコレ!?というのは誰でも思うことですが、

そもそもエッフェル塔も建設当時は大反対にあったことを考えると、

素晴らしき作品には必ず論争が起こるものであることが分かります。

逆に言えば、論争が起きなければ素晴らしき作品とはいえないと言っても過言ではない。

それを僕らに落とし込むと、結局はチャレンジし続けないとダメなんだよね。

なんてことを考えながらブラブラとしている内に、

そういや腹が減った。

この近辺高そうだし、ネットで探してお手頃と書いてあったラファイエットの最上階フードコート。

頼みすぎたのか、全然お手頃じゃなかったけどね。味は普通。

せっかく節約してたのに、ごはんの予算ブッ飛んだわ!

まあこの後は大事な商談が待っているので、しょうがないよね!

というわけでとーちゃーく!

まさかパリで展示会行くとはね。

ヴィンテージの買い付けでは、今まであえてパリを避けてきたんですけど、

この展示会があったのでパリになりました。

なぜパリを避けてきたかというと、そもそも古着も高いこともあったり、

こんなファッションウィークに行っちゃうとオシャレな人ばかりで、

俺なんかがいたら恥ずかしいですからね!スイマセンって思っちゃうので!

なので一生懸命オシャレして行ってきました!

ま、いつものワーカーズのCruiser Vestにテンダーですけど!

ちなみにこちらは、Gitman Bros.の社長です。

2019春夏ももうすぐ届くし、秋冬のオーダーもバッチリです!

どうぞお楽しみに!



そして場所を変え、今度はこちらのブランドと商談です。

取り扱いを始め、大人気のS.N.S. Herning!

の社長さん。

スキンヘッド率高めのパリ出張となりました。

わざわざ来てくれてありがとうって嬉しいですね~!

さすがに集中したので、ちょっと疲れました。エゾエース効果も切れた。

SNSのニットの方も、そろそろ数をちゃんとオーダーするようにしたので、

すぐに完売ってこともなくなる、、、はず???





じゃ、商品紹介です。

今日からヴィンテージではなく、いつものセレクトアイテムです!

記念すべき2019年春夏最初の紹介は!?

ドウゾ!

【ブランド】The Original Bug Shirt(ザ・オリジナルバグシャツ)

【アイテム】Bug Shirt

【価格】¥19,940~19,980-(税込)

【コメント】

出ましたね。移転リニューアルオープンして最初のセレクトアイテム紹介。

飛ばしていきます。

恐らく日本初上陸かも???

虫除けプルオーバーです。

その名も「ザ・オリジナルバグシャツ」

Bugってのは虫のことです。セレクトショップとしてバグってるのはdiariesですえけどね!

だってもうこの服、ファッション用でもなんでもなく、

本当に「ただ虫から体を守るためだけ」に存在してますからね!

この通り、ちゃんと顔も覆えます。

しかもなんとこのメーカー、歴史も30年くらいあるんですよ!

1989年にプロトタイプを作り、1991年に会社を創設。

それからずっとこのバグシャツしか作ってないってんだからすごい!!!

色んな意味でスゴイ!www

だけどやっぱりこういった「突き抜けた」ブランドには滅法弱いのが私なんです。

これは服なのか?道具なのか?という、まさに論争を起こすようなアイテムですが、

やはりそういった物にはキラキラと輝く何かがあるんです。

当たり前の物ではなく、そういう物をバイイングすることにチャレンジして、

お客様に評価された瞬間は、バイヤー冥利に尽きますね。



で、ちなみにこのバグシャツのどこに魅力を感じたかというと、

蚊帳のようなメッシュの使い方でしょう。

ファッション的に見るとドルマンスリーブのようですが、

これは単純に動きやすくするために考えただけのパーツ。

でもこれほど思い切ったデザインは、ファッションウェアでは見ることはできません!

それに、「どう、これオシャレでしょ?」ってデザインされたものだったら、

ちょっと恥ずかしくてセレクトする気になれないでしょう。

ファッションのために作られたものではないからこそ、

それをファッショナブルに着る=美を見出すことが楽しい。

そう思わせれてくれる服に出会いたいですね。



でも着てみると、予想以上にカッコよくて、

ちょうど妻がマリメッコのストライプシャツを着てくれてたんですが、

柄を中に挟んでもかっこいいですね!

てっきり私は素肌に着てシースルーを感じてドキドキすると思ってました。w

涼しいしフェスにいいかなって。

フードのメッシュもなんだかカッコイイんです。

蚊の口が入らないように細かなメッシュを使ってるんですけど、まるでオーガンジー素材のよう。

ホント不思議な服。

裾や袖口はドローコードが配されていて、虫の侵入を許しません。

最後に道具らしいところを。

スモックらしくおなかには大きなポケットがありますが、

ここに丸めて入れることができるパッカブル仕様になってます。

さらに素材にもこだわりが。

白い方はコットン100%で、オリーブはポリエステル100%となっています。

なので白の方が500円だけ高いです。

色で選ぶのもいいですが、通気性と耐久性が変わってくるので、

ご自身のライフスタイルに合わせてもいいかもしれませんね。

例えば釣りだと汚れるので目立たないオリーブにするとか、

ハンティングや散策など藪を歩き回る場合はコットンの方にするとか。


あ、今思いついたんですけど、さらに虫が寄ってこないように、

白を藍染めするってのもカッコイイかもしれませんね!

どうなっても知りませんけど!www

サイズはS/M/Lと用意してますが、Sは女性が大きめに着られるサイズです。





それではまた。お店で会いましょう。