Blog

diaries blog | GUD(グッド) | Malle Bag & Waist Bag & City Gear Bag

-COLLECTION OF AMERICAN VINTAGE LAMP-

開催日時:6/9(日)12:00~17:00

茨城県水戸市にあるブーツ&シューズリペア専門店「SECOND FIDDLE」。
履く人のことを考えた丁寧な仕上げや、古靴に関する知識には定評があり、
顧客からの支持は厚く、非常に信頼できるお店です。
またオーナーである酒井氏は、アメリカンヴィンテージに対する造詣も深く、
古着や靴だけでなく、家具や時計などその興味は尽きません。

中でも好きなのはランプ。

互換性のあるヴィンテージパーツを組み合わせて、
酒井氏の手から生まれるランプの種類は無限大。
パーツ一つ一つのルーツを知り、出来上がった時のバランスを考え、
実際に明かりを灯した時の高揚感は、
まさに革靴のリペアに通ずるものがあります。

今回は、気が付けば集まってしまったという酒井氏のランプコレクションを
実際に手に取ってご覧いただく機会を設けました。
もちろん購入できるヴィンテージランプもございます。

当日はSECOND FIDDLEオーナー・酒井氏も在店いたします。
アメリカンヴィンテージランプの世界をお楽しみください。
もちろん、靴修理に関するお悩みも受け付けます。

DIGSEUM(ディグジアム)
MUSEUMのように、ガラスの向こうにある手が届かない世界ではなく、
DIG、つまり自身の手で触れることができ、知識を深めながら、
特定のカルチャーを掘り下げることを狙いとした体験型イベントです。 






ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「小松菜の日」だそうです。

おひたしがいいよね!

トランプ大統領が炉端焼き(田舎家)を楽しんでいる頃、私もつくばの居酒屋(ゆず家)へ。

そして田舎家のメニューが、サラダ・じゃがバター・若鳥の串焼き・和牛のステーキ・バニラアイスだったのに対し、

私がゆず家で頼んだものは、アボカド・じゃがバター・焼き鳥・馬刺し・ヴァニラアイス(ガオン!)

だから何???




じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】GUD(グッド)

【アイテム】Malle Bag & Waist Bag & City Gear Bag

【価格】¥8,424-(税込)

【コメント】

まだまだ新しいブランドが続きます!

バッグでは久々ですかね? なんと、ウクライナから届きました!!!

それでは初めてなので、まずはブランド説明から。


 GUDは、ウクライナの古都キエフでGudz Igorにより

2012年に立ち上げられた、アーバンアクティブバッグブランド。

旅行・通勤・スポーツ・日常使いを想定して作られるコレクションは、

軽量かつ耐久性のある防水生地とパーツが用いられ、

全ての製品を自社の工場で熟練した職人により作られています。


というブランドです。

初めてブランド名を目にしたときは、GUD?Goodをもじって???

すげぇ~ダセェ~・・・と思ったのですが、創業者の名前ということで一安心!w

それでは詳しく見ていきましょう。

こちらはMalle Bag。

フランス語で「旅行バッグ」と名付けられた小さ目のバッグ。

最近でいうところのサコッシュですね!

薄型で容量は1L。重さも200gと軽量で、旅先やちょっとした外出に、

携行必需品を入れて持ち運ぶのにピッタリです!

しかもジップは止水ジッパーを使用。これからはフェスにもいいですよ!

またメインコンパートメント以外にも、両サイドに1つづつポケットが。

中を見て驚いたのが、黄色い部分。

蛍光イエローはGUDのイメージカラーかもしれませんが、

「バッグの裏地を明るくして、物を探しやすくする」という機能をもちます。

驚いたのはそこではありません。

黄色い部分の左右の素材が違うんです。

左側は普通のナイロンですが、右側は携帯の画面を傷つけないように柔らかい起毛素材。

これメチャクチャ親切ですよ!

さすがアーバンアクティブバッグブランド!!!www

いやでも、素材を場所ごとに変えると、それだけコストがかかりますからね。

非常に誠実な物づくりをしていると感じました。



次です。

こちらはCity Gear Bag。先ほどのMalle Bagより一回り大きいです。

容量は2Lで、Malle Bagの2倍! 重さは300gで1.5倍!

また先ほどのと違って、ずいぶんとまたバタ臭いデザイン!w

だけど一生懸命作ってる。

下は恐らく折りたたみ傘とか収納するループかな?

そして謎のマジックテープ。意味不明ですけど、軍物ぽくて好きなんですよね。

この辺はカラビナでいろいろぶらさげるところですね!

そしてサブコンパートメントに止水ジッパーを使ってるのがシブイ。

あえてメインコンパートメントは止水ジッパーを使わず。

でもライニングは、こちらも起毛素材をしようしています。

またこちらは体に当たる部分には、メッシュパッドが配されており、

携帯とかも壊れにくいようにかな?あとは、涼しいようにだそうです。

Gear Bagの名の通り、ガンガン使えそうですよ!



次です。

こちらはそのまま、Waist Bag。

GUDの製品は、ほとんどが防水仕様になっています。

表地は防水のコーデュラナイロン。そして止水ジッパーに、トップも防水素材。

中はiPadミニがギリギリ入らないサイズ!?w

携帯とかを入れてもゴムで抑えられるようになっているので、

まさにアクティブシーンにピッタリです!

こちらもフェスにいいですねぇ~!(フェスしか思いつかない・・・)

こちらもパッドが入ってるので、携帯が壊れるようなことも起きにくいと思います。

さらには、体にフィットさせても風が抜けるようになっています。

夏のお供に最適ですね!





というわけで、後発のアーバンアウトドアブランドといったところですが、

後発なのにあろうことか、デザインが洗練されてないなあというのが、正直な気持ち。

ただ、1つ1つのパーツの使い方や丁寧な作りを見ると、

見た目よりも、圧倒的に使い手目線で作っているのが分かります。

私はそこにグッときました。



グッとくるバッグ、GUD。(言いたいだけ)







それではまた。お店で会いましょう。