Blog

diaries blog | LE TRAVAILLEUR GALLICE(ルトラヴァイユールガリス)| Clerical Collar Shirt

※4/8(木)は、休店日とさせていただきます。

※夜の自粛中につき、当面の間18:30閉店です。(割と19時まではいます。)

※コロナ対策実施中です。



ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「週刊誌日」だそうです。

さて、昨日はエイプリルフールと同時に新しい期が始まったようです。

といっても、入社式とか新社会人とか経験したことない(就職氷河期・ロスジェネ)僕には、

いまいちピンとこないんですけどね!w

でも、初心に戻るきっかけがあるのは大事です!



ちなみに、僕の初心に戻るきっかけは、10年選手の服を着ること。

暗くて分からないけど、MOCEANのVelocity Pantsに、MINOTAUR INST.のスウェットに、、、

SHANA MIL!!!

ちょうど10年くらい前にDIARIESで取り扱っていたもの。

基本的に自分の店で買った服は手放せないし、簡単に手放すような服はセレクトしてません。

たとえ破れてもず~っと持っちゃうし、苦しい時代を共に過ごした戦友みたいなアイテムだし、

自分の中でしか価値が無い服が、累々と積み重なっていくんです!

そういうのもいいでしょ?リセールバリューは無いけどね!wwwww

そんな服たちと、今年も桜が見れて幸せだね~って。

浮いてて心霊写真のように見えますが、スケボーに乗ってますからね!

ちなみにスケボーも、当店の商品でした!MAYHEMのクルーザー。





じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】LE TRAVAILLEUR GALLICE(ルトラヴァイユールガリス)

【アイテム】Clerical Collar Shirt

【価格】¥25,300-(税込)

【コメント】

またまたLE TRAVAILLEUR GALLICE(ルトラヴァイユールガリス)から、新作のプルオーバーシャツが届いております!

昨年はバンドカラーシャツを取り扱ったのですが、一見すると同じようなシャツ。

でも今回は襟がひと癖もふた癖もあります。

見た目は台襟たかめのスタンドカラーシャツに見えるんだけど、

よく見ると衿が2つ折りに畳まれた状態で、縫い付けられているんです。

なぜこのようなことをするのか?

これはクレリカルカラーシャツと言いまして、クレリカル=聖職者が着るシャツの襟の形なんです。

でもなんでスタンドカラーじゃなくて、わざわざ2つ折りで縫われているんだろう?と思ったのですが、

調べてみると、この襟の中に白いプレートを差し込むことが分かったんです。

そういやこんなシャツを着た聖職者、テレビで見たことあるなと思ったんですよ。

でも思い出そうとするとなんか気分がムカムカしてくるんです。

思い出そうとするんですけど、体が拒否反応を示すんですよね。

その理由が分かりました。

着てたのはコイツです。

ゲイブリエル!!!!!

ウォーキングデッドで悪名高い主要メンバー!www

でも、とうとう俺の中でゲイブリエルが役に立ったと思います!ありがとうゲイブリエル!!!



そんなクレリカルカラーシャツですが、生地はやたらゴツイ生地にしてます。

こちらの生地は、「サドルクロス」という生地を使用。

サドル=馬の鞍のことで、サドルと馬の背中の間に敷く布のこと。

シーチングのようなかなりの厚みのあるコットンで、

馬の体をサドルの摩擦から保護するための生地です。

なので、これって服用の生地なの?って思うほどゴワゴワしてます。

これは着こんだらまたいい味が出そうですよ~~~~~~!襟の経年変化が楽しみ!



また、形がプルオーバーで身幅をたっぷりと取ったワイドシルエット。

この背中のインバーテッドプリーツが好み。

通常のシャツで使われるボックスプリーツをインバーテッド(=反転)させたもの。

さらに、ヨークにはステッチを出さないコンストラクションヨーク(袋縫い)を用いることで、ミニマルな印象に。

ボタンはミルクボタンを使用。まさにミルクのような乳白色のボタン。

イメージは、フランスのアンティークウェアで1800年代から1900年代初頭まで使われていたボーンボタン。

ボーンボタンとは、文字通り動物の骨を削って作られたボタンです。

そのボタンに近い質感を表現するため、今回こちらのミルクボタンを使用しました。

ウケるのが、LE TRAVAILLEUR GALLICE(ルトラヴァイユールガリス)の定番・モールスキンジャケットより、

シャツの方が高くなっちゃってること!www

これ実は、シャツはオーダーシャツを手掛けるフランスのシャツ工場で縫われているため。

ガリスのワークウェア工場では、こんなシャツは縫えないみたいです!

ハッキリ言って、結構良いクオリティのシャツになってます!

是非ともご覧ください。





それではまた。お店で会いましょう。