Blog

diaries blog | Swedish Military Ribbed Thermal L/S Tee (deadstock from 1970’s~)

-コムアーチのイベント開催決定!-

当日はデザイナーの高橋氏も在店いたしますので、是非ともお越しください。

当店でセレクトしている以外のコムアーチの商品も、
イベント中は店頭に並びます。

またデザイナーがピックしたアーカイブもございます。
コムアーチの初期のハンドニットや、
デザインソースの元になったデザイナーの私物まで
お買い求めいただけます。

絶妙なタイミングで、コムアーチのブランドサイトがリニューアル!!!

http://www.joemc.jp/

是非ともご覧ください!




ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「木の日」だそうです。

ヒマだとこんなことやってます。

なんのキットかって、コレの。

やってま~~~す。(店頭で1回払いのみの場合です!)





じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【アイテム】Swedish Military Ribbed Thermal L/S Tee (deadstock from 1970’s~)

【価格】¥6,380-(税込)

【コメント】

春にちょこっとだけ入荷させたら、すぐに完売してしまったので追加しました!

昔はよく見かけたんですけど、そろそろ数が少なくなってくるぞシリーズ。(どんなシリーズ?)

まだ簡単に安く手に入る内に仕入れておこうと思います。

(流行る頃には高くなってるという意味ですよ!)

肩のパターンが非常に特徴的なのが、スウェーデン軍のサーマルウェア。

編み地も細いのと太いのが交互に来ます。オルタネートスタライプみたいに。

当店でいうSchiesser(シーサー)についてるような袖口のライン入りリブもカッコイイです!

サイズは表記5のみですが、個体差あり過ぎ!w

なんならタグにも個体差があるくらいですからね!

一応レディース向けです。

女性のM程度で肩回りはゆったり着つつも、身幅は細身で着丈は長く、独特のシルエット。

生地も丈夫でかなりのクオリティ。さすが軍物です。

こんな良いカットソー、どこが作ったのか知りたいな~と思ってみたら、

裾の裏にタグを見つけました。

Eiser(アイザー)というメーカーで作られたようです。

このEiserを調べてみると、なんと創業は1913年という超老舗!!!!!

そりゃクオリティもハンパないですね!

1970年代には最盛期を迎え、約6000人もの従業員がいたそうです。

今回見つかったデッドストックは、おそらくその最盛期にあたる60年代後半から70年代のものです。

ですが2015年に買収され、Eiserの工場はリトアニアに移転されたとのこと。

しかし今もなおEiserで使われていた機械が動いており、

何度も修理されながら古き良き時代のスウェーデンのカットソーを作り続けているそうです。



寒い冬から身を守るために作られたスウェーデンのサーマルは、

素朴な雰囲気でどことなく温もりを感じます。





それではまた。お店で会いましょう。