Blog

diaries blog | Tory Leather(トリーレザー) | Hoof Pick Buckle Belt

日時:2019年11月16日(土) 12:00~18:00

場所:DIARIES(茨城県つくば市吾妻3-8-17-101)

1ST PAT-RNの2020FWシーズンのオーダー会を開催いたします。

全ラインナップをご覧いただくことができ、

お好みのモデル、素材、色の組み合わせで1点からオーダーが可能です。

(※保証金として、オーダー1点につき1万円をお預かりいたします。)

また当日は、La Stallaによるイタリア料理も販売致します。

※ ※ ※

トランクショーではなく「オーダー会」になります。

2020年秋冬、つまり来年の秋冬に着る服をオーダーするということ。

トランクショーはありません。即時販売は、店頭にある在庫のみです。

当日は(多分)大変混雑(するといいな)が予想されるので、

「つくば天久保第一駐車場」又は「タイムズつくば天久保」をご利用下さい。

領収書をお持ちいただければキャッシュバック致します。(当日限り)





昨日は文化だなんだと能書きを垂れましたが、良い店や良い会社には文化があるよねってことです。

そして、今回コラボさせていただく 1ST PAT-RN (ファーストパターン)はもちろん、

La Stalla(ラ・スタッラ)も独自の文化を持ちます。



今回のイベントでは、「ただイタリア気分を盛り上げよう」だけではありません。

なぜLa Stallaでなければならないのか?

それはオーナーシェフ・S藤さんの経歴によります。

こちらの写真は、S藤さんがイタリアで修業してた頃の写真です。

ガッツリと牧場で働いてました。(本場のイタリアのワークウェアが似合いすぎ。。。)

そこで学んだ数々の料理が、現在のLa Stallaで提供されているわけですが、

実はこの牧場というのがエミリアロマーニャ州という場所にありました。

イタリアも縦に長いので、北の方とご想像ください。

そして、ファーストパターンのデザイナーであるクリスティアーノが

居を構えるのが、エミリアロマーニャのさらに北のヴェネト州というところなんです。



そこで、ただイタリア料理を出すのではなく、どうやったらクリスティアーノが喜ぶか?

そんなことを相談できる方がLa StallaのS藤さんでした。

そして先日いただいた料理。この中に当日お出しするメニューがあるかもしれません。

さらに合わせてくれたワインには、

2017の下に、BIANCO VENETOと書いてあるのが分かりますか?

まさしくヴェネト州のワイン。

このように、イベントに向けてだんだんとピースが埋まっていきます。

どうぞご期待ください。




じゃ、商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】 Tory Leather(トリーレザー)

【アイテム】Hoof Pick Buckle Belt

【価格】¥11,000-(税込)

【コメント】

昨年より新しく取り扱いを始めることになったトリーレザー。

diariesのベルトといえばMartin Faizeyと、

そのディフュージョンンラインであるM.F. Saddleryがありますが、

ちょっとゴリゴリに固めすぎちゃったかな?と反省。

もっと言うとセレクトをサボってました。すいません!!!

たまに自分がしてきたセレクトを振り返ることがあるんですが、

昔はソールサバイバーとか遊びのあるベルトもやってたよな~って思い出しまして、

最近ゴリゴリすぎて遊びを忘れちゃってないか?というわけで、

改めて遊べるベルトを探し始めました。

昨年はフランス軍とかイギリス軍のカチャベルトも人気でしたし、

面白いの探さないとな~と思って。


そこでレザーのクオリティ、遊びが利いたデザイン、俺の好きなギミック性、オンリーワンのディテール、

それらを併せ持ったブランドとしてこちらのブランドに決めました。

ではまずはブランド説明からどうぞ!

Tory Leather(トリーレザー)は、乗馬用の小物を作る馬具メーカーとして

1976年にロン・シミニにより設立されました。

設立から40年以上が経った今も、ロンの「高品質な製品を適正な価格で提供したい」という思いを守り、

優れた職人の育成と徹底した商品管理を行い、多くのベルトを提供し続けています。


というブランド。

それでは詳しく見ていきましょう。

まずは気になるこのバックルですかね?

このバックルの名前はHoof Pick Buckleと書いて「フーフピックバックル」と言います。

その形状からHook(フック)と書いてるのをよく見かけますが、

正しくはHoof Pickです。HookではなくHoofね。



ちなみにHoof Pickって何?ってなりますよね?

それはコレ。

これは馬関係の業界の方ならすぐに分かるかも?

馬の蹄を手入れする道具なんです。蹄に詰まった泥などを掻き出す道具。

茨城にはJRA美浦トレセンがあるので、そこにお勤めのお客様ですぐに分かる人がいました。

また、トリーレザーだからというのも納得。

馬具メーカーだからこそ、同じ馬具であるフーフピックをベルトに応用したというのがいい。

さらにはギミック性もプラス!

なんと折りたためるんです!

でも、だから何?って感じです!何のメリットも感じません!!!wwwww

恐らく、デザインの元になったフーフピックがこういうデザインだったのかもね?

だってフーフピック自体は、先がとがってて危ないと思うし。

にしても、やっぱりこういうギミックがあると食指が伸びるわ~~~!

diariesがずっと扱っているMartin Faizeyもそうですしね。さりげなく遊べる。それがいい。



Martin Faizeyは個人的にはスーツにも合わせちゃってもいいと思ってるけど、

もうちょっとカジュアルで特徴あるベルトが欲しいって位置づけで、トリーレザーをお勧めします。



そしてベルトといえば肝心のレザーですね。

なんとアメリカのブランドなのに、わざわざイギリスのブライドルレザーを使用するという本気ぶり!

さすが創業者の思いが「高品質へのこだわり」なだけあります。

革そのもののクオリティは、正直Martin Faizeyほどではないですけどね。

そういう意味でも遊びのベルトです。




最後に、よく付け方が分からないと言われますので説明します。

まずここにベルトを通します。

そのあとにフーフ!

いやここはフックでいい!

今回は、BlackとHavana(濃い茶色)の2色となっています。

サイズが揃っているうちにどうぞ~!!!




それではまた。お店で会いましょう。