Blog

KUON(クオン)のTsujimura Coveralls & Tsujimura Easy Pants

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「マラソンの日」だそうです。

マラソンってなんだっけ?

ていうくらいアスファルトの上を走ってません。

ま、しょせん豚(俺)は豚(俺)だったってことでしょう。

にしてもベッドロックなんてサンダルで走ってたとはね~。

でも現代人なんてみんななまってますけどね!

先日のボロミュージアムでは、こんなのもありましたよ!

なんと、ボロの足袋!!!!!

さすがに履いていたのは家の中だと思うんですけど。または足袋を履いて雪駄とか???

でもこれも刺し子して、ずっとずっと使い続けてたというのが分かりますね!

カッコイイとは思っちゃういます。正直ね。

でも生きるための知恵が集約された物。まさに命の形ですからね。

さらにはボロのズタ袋も。

そして究極にカッコよかったのがこのズボン!

ハンパないカッコよさ。まいったねこりゃ。

世界で一番美しいパンツ。と言っても過言じゃないと思います。

 

 

というわけで、これはKUON紹介の流れですね!

ドウゾ!

【ブランド】KUON(クオン)

【アイテム】Tsujimura Coveralls(Click!)

【価格】¥51,840-(税込)

【コメント】

出た!刺し子!

この生地は、「辻村染織」という1868年から続く、藍染めの生地や作務衣や剣道着などを作る工房で作られた

「遠州正藍染」という生地を使用しています。

この「遠州」というのは、日本の服において非常に重要な地名となります。

遠州(静岡県磐田市周辺)は江戸時代の頃から綿織物の産地として知られ、沢山の綿織物を作る家庭がありました。

そして、その遠州の中の、元・静岡県湖西市で1人の人物が誕生します。

その人物の名前は「豊田佐吉」。

生まれた年は1867年。辻村染織創業の翌年。

日本は大政奉還により、文明開化・富国強兵と勢いづいておりました。

 

豊臣秀吉みたいな名前だけど、同じくらい重要な人物かもね!?!?!?

 

その豊田佐吉という方はは、平たく言うと「TOYOTAの創始者」なんです!!!!!

佐吉が得意とするのは発明。

当時、村で行われていた人力の機織りを機械の力で動かせないかと考え、「豊田式木製人力織機」を発明します。

考え方によっては、織機の自動化=動力=エンジンと考えれば、

現在のトヨタ自動車がのルーツとも言えるでしょう!!!

 

改めて、トヨタ自動車が生まれたのは、佐吉による「村の人のために役に立ちたい!」という愛から生まれたものです。

つまり、藍は愛を育みAIを・・・・えーと、、、

なんとか良いこと言おうと思ったのですが、思いつかないのでやめます!www

 

そんな感じで~いい感じに~江戸時代から伝わってきたのがこの素材ってわけ!

裏を見ると分かるのですが、

3色の藍(恐らく浅葱・縹・紺←日本の正藍の色の名前です)をベースに、

さらにパターン化された刺し子が施された非常に凝った生地。

両面使えそうな気がしますね!

 

ともすると和っぽくなりそうな生地ですが、形はアメリカ物のカバーオールのようなデザインでスッキリと。

なので着こなしとしては、普通にアメカジぽく着てもらえたらなと。

この足し算・引き算のバランスが、私がKUONを好きなところだったりします。

こういうのって飽きませんからね。

 

ジャケットの紹介は以上!

しかし!この素材が好きなので、パンツも仕入れちゃいまいた!!!

【ブランド】KUON(クオン)

【アイテム】Tsujimura Easy Pants(Click!)

【価格】¥33,480-(税込)

【コメント】

セットアップでスタイル提案!なんてオシャレなことは全然考えていませんでした!

とにかくこの生地が気に入ったので、ぶっちゃけなんでもいいから欲しかった!爆

この辺がオサレなセレクトショップと、ウチみたいな似非セレクトショップの違いでしょう!

前者はちゃんとスタイル提案がある!後者は?知らん!好きな服を着たいだけじゃーーーーー!wwwww

ここまでくるともはやカッコイイか悪いかなんて二の次。

人にどう見られたいかより、俺がどう気持ち良いかになります。つまり趣味ってことね。

服が趣味。いいじゃない!

 

そんな趣味を存分に楽しませてくれる。いや、店主が一番楽しんでるぜー!ってのがdiariesです!

 

そんな所信表明はさておき、同じ生地のパンツはといいますと?

こちらは9分丈のイージーパンツとなっています。

後に若干ギャザーがついていて、ウエストにはぐるっとドローコードが通っていますが、ちゃんとベルトループもついているので、

タックインしてベルトを見せることもできます。

 

履いてみるとこんな感じ。

お尻周りゆったりでテーパード。ま、ウチの店ではよくあるシルエットですかね!?w

どうにも好きなのでしょうがない。

 

やっと涼しくなってきたので、今日はこんな格好でした。

Cardigan/TENDER Co. (TYPE742 Wool pattern cardigan) ¥46,440-

T-shirt/alvana (Ultimate t-shirt) ¥8,424-

Boots/TENDER Co. (Siding boots) -private-

いや~これがね、Tender Co.(テンダー)とKUONのね、親和性が良いのなんのって。

前者はイギリスのものに誇りを持ち、後者は日本のものに誇りを持ち、全く違うのになぜか合っちゃう。

そっとつなぐalvanaのような、ドメスティックらしいアイテムもポイントかもね。

最近私も手持ちのKUONが増えてきたので、テンダーとの合わせが楽しくてしょうがないです。

KUONが増えるまでは、テンダーと1st PAT-RN(ファーストパターン)・これまたイタリアのものに誇りを持ち・・・でした。

ということは、ファーストパターンとKUONの合わせもこれから楽しみですね!

あああ~早く涼しくならないかな!色んな重ね着ができるのに!と、秋の夜長にブログを書いている23時。

明日早いから寝る!(ワーカーズと新規ブランドの展示会。)

 

 

それではまた。お店で会いましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018