Blog

POTEN(ポテン)のHarris Tweed Baseball Cap

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「プロ野球誕生の日」だそうです。

そんな日は、やっぱりこのブランドしかないですね!!!

ドウゾ!

【ブランド】POTEN(ポテン)

【アイテム】Harris Tweed Baseball Cap

【価格】¥9,720-(税込)

【コメント】

昨年より取り扱いをスタートし、diariesぽくない!?と言われる割には、結構な人気でございました。

それでは、1年ぶりのご紹介となりますので、まずはブランド紹介からどうぞ。


2016年春夏よりスタートしたベースボールキャップ専門のブランド。

新しいブランドながら、製造は1910年(明治43年)から続く野球用品を専門に作る工場で、1つ1つ丁寧に作られています。


説明はこれだけ。

これまた意外とあっさりしたブランド説明です。

でもこれだけでもう十分です。中身はこってりだからです。

つまりこっさり=天下一品てことですね。

 

ウチの店では、いつも無駄に長くブランド紹介をしますが、それは海外のものが多いから。

なぜ代々続くのか、どのような思いで作るのか、その雰囲気を感じ取ってほしいからですが、

日本のブランドということであれば、想像しやすいと思うのでこれで十分でしょう。

なんと明治時代から100年以上も続く、日本のスポーツ(特に野球)業界を支えてきた下町の職人達によるベースボールキャップ。

いや野球帽でございます!!!

 

写真を見ても分かる通り、JAPANは当然として、TOKYOこれもいいですね。オリンピックみやげにしてほしい。

でも「国産品」これはカッコいい!!!

 

またPOTENて名前もいいですね~。

ポテンヒットのポテンでしょ?多分??

もしかしたら、ポテンヒットくらいちょっと売れればOKだったりして?

それくらい欲の無い感じがいいね~!

ちなみにポテンヒットは英語でテキサスヒットと言います。

Texasじゃなくて良かったーーー!

その帽子どこの?良いでしょ?テキサス!って言いたくないもの!!!

 

そしてPOTENのブランドロゴの上に白い布が縫い付けてあるのもポイントです!

これはもちろん、「名前を書く用」。

もう最高でしょ!?!?!?

もちろん名前はひらがなで書くべき!

ファミコンカセットに名前を書くような感じで!

 

それでは詳しく見ていきましょう。

ツバが長くて面が立ってる感じ。

小学生の時にかぶってたあの形です!

俺は最初は近鉄バッファローズでした!後に阪神!サッカー少年だったけど。。。

そんな話は置いといて、形はいわゆる「鉢がでかい」日本人の頭にピッタリです!

 

しかしよく見てほしいのはツバの部分。

裏から見た方が分かりやすいかな?

この19本のステッチが、この工場でしかやってない製法です。

これは昔の球団帽を元にしているとか。

 

さらには帽子のスベリと呼ばれる内側の部分もレザーを使用した贅沢な作り。

 

そして昨年はコーデュロイでしたが、今回はなんとハリスツイード!!!

昨年のゴタゴタで、国内でもこのハリスのタグを付けるのは厳しくなったはず!?

これからはちゃんと価値があるタグになってほしいです!

 

そんなハリスの生地を、ぜいたくにクレイジーパターンで!

英語ではマルチパターン!

誰が言い出したか、日本ではクレイジーパターンです!なるほど確かにクレイジー!

 

というわけで、早速ですがかぶってみました。

Outer/WILD THINGS (DENALI Jacket -made in USA-) ¥108,000-

Inner/alf (Jaccard top) ¥16,200-

20年前はこの格好にKAVUを合わせるところでしたが、大人になった今はハリスを合わせちゃう。

それこそKAVUみたいなアメリカのキャップに比べたら、デカくて深くていい感じです。

今季はサイズがレザーのストラップで調節できるようになり、フリーサイズになりました。

どんな頭の大きさの人でも大丈夫です!

 

また上記のようなアウトドアぽいカッコにはもちろん、

ハリスツイードという生地のお蔭で、ニットとかイギリス物との相性も良くなりましたね!

 

さらにはクレイジーパターンに負けたくなくて、

ボーダーに迷彩と、全身でクレイジーパターンを表現してみたり!www

でもなんかいいんじゃない?

ウールのコートとの合わせもオススメですよー!

 

 

Poten|harris tweed cap|Multi

 

それではまた。お店で会いましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017