Blog

デッドストック諸々のご紹介です。


DIGSEUM

-Mr.MIYAKAWA’S COLLECTION OF BANDANA-

開催日時:4/7(日)12:00~18:00

ジーンズ、Tシャツ、レザージャケット、ミリタリーウェア。
様々なヴィンテージスタッフが掘り起こされ、収集家により体系的に研究される中、
まだその全貌が捉えられていないヴィンテージバンダナの世界。
国内でも指折りのバンダナコレクターである宮川氏を招いて、
氏のコレクションを実際に手に取って見ていただける機会を設けました。
ミュージアムピースと呼ばれるレアなバンダナから、定番のFAST COLORまで。
もちろん販売できるヴィンテージバンダナもございます。
開催期間中は宮川氏も在店いたします。
ヴィンテージバンダナの世界を、どうぞ体験してみてください。

DIGSEUM(ディグジアム)
MUSEUMのように、ガラスの向こうにある手が届かない世界ではなく、
DIGつまり自身の手で触れることができ、知識を深めながら、
特定のカルチャーを掘り下げることを狙いとした体験型イベントです。

DIGSEUM!いよいよ明日!!!



ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「しろの日」だそうです。

就活中の質問で、「あなたを色に例えると何色?」ってのがありましたが、

なんだったんですかねアレ???

でもやっぱり就職したいので一生懸命考えるんですが、

白を選んだら良いのか悪いのか悩みますねー!

ま、どうでもいいですけどね!




じゃ、商品紹介です。

デッドストック物が溜まっているので、ゾゾゾっとご紹介。

ドウゾ!

【アイテム】M-65 Cargo Pants (dead stock from 1970’s~)

【価格】¥12,960-(税込)

【コメント】

数年ぶりの入荷です!気が付けばデッドストックで見つかるのが難しくなってたS-Sサイズ。

S-SとはSmall-Shortのこと。

ウエストがSmallで、27~31インチの方までOKということ。

そして股下がShortで75mなので、日本人の殆どの方に合うやつです。

(俺はウエストがMでレングスがSっていう、見事な胴長短足ですけどね!)



で、M-65といえば俺曰く「究極の軍パン」!

ちなみにフランス軍のM-47が「至高の軍パン」と、美味しんぼ的に説明してます!

軍パンがたどり着いた、ひとまずの完成形とも言えるでしょう。

数々のブランドの元ネタとして使われていることが、それを証明してると思います。

それでは詳しく見てみましょう。

まあ説明すればいろいろあるんですが、

やっぱりこのポケットはウケますね。

なんでカーゴポケットにボタンホールが?って、

ビロ~ンとヒモが出てきて、これが何かっていうとね?

荷物をおさえて動きやすくするためだったり、撃たれた時に止血するためだったり。

それでいうと、股下のループもすごいよね。

他人に脱がせてもらう時に、脱がせやすいようにあったりするんですから。

そんなことまで考えてるの!?って思うのが、アメリカのミリタリーウェアって気がします。



次です。

【アイテム】French Army Belt (dead stock from 1960’s~)

【価格】¥4,320-(税込)

【コメント】

フランス軍のベルトが、まさかの再入荷でちょっと嬉しいです!

こちらはフランス軍のベルトで、1960年代から1970年代ごろまでの間につくられたもの。

サイズは今まで一番大きい9!!!

いわゆるカチャベルトなんて言われるタイプなのでフリーサイズです!

ウエスト40インチの方までいけます!


にしてもこのベルト、非常にシヴい。

何が渋いってバックル部分が。

ミリタリーのツヤ消しオリーブ。

軍物といったらこの色、この質感ですよ。それがそのまんまバックルになっちゃいました。

ミリタリーのベルトでこれと同じようなデザインのベルトは世界各国各軍隊どこにでもあるのですが、

この所謂オリーブドラブのメタルバックルは意外と見かけません。

他は大体安っぽいメタルバックルになってしまします。さすがフランス!?

あとそれなりに古いからってのもありますね。

雰囲気のある生成りのウェビングベルトと相まって、非常にカッコよく仕上がっているのではないでしょうか!?

これは私も買いましたよ。10数年ぶりですね、カチャベルト買ったの。

細身のドレスパンツにスニーカー履くときは、ベルトもハズシで考えて、革ではなくこんなベルトを使いたいですね~!!





次です。

【アイテム】BELLSYSTEM Tote Bag (dead stock from 1980’s~)

【価格】¥21,384-(税込)

【コメント】

なんと!?ベルシステムのステンシル入りキャンバストートが入荷しました!

これは個人的にヤバイ!でも一般の方には知名度が無さ過ぎて、

入荷後2週間経ってもほとんど興味を示されないアイテムです!



本当はちゃちゃっと紹介して、明日のイベントもあるし早く帰りたいのですが、

明日のヴィンテージバンダナイベントにも雰囲気合うと思うし、

ちゃんと説明しないと全く売れそうになくて死ぬので、紹介します!

とにもかくにも、このBELLSYSTEMですね!価値はここだけ!

ベルシステムってなあに?

ベルシステムとは、1877年から1984年の間にアメリカとカナダで電話通信サービスを行っていた会社。

日本でいうところのNTT・電電公社です。

ベルシステムというくらいですから、もちろん元を辿れば電話を発明したグラハム・ベルへとたどり着きます。

この会社が1920年代頃からアメリカ中に電話網を広げるわけですが、

その電話線を引く作業員(ラインマン)達に使われていたトートバッグが、ヴィンテージ市場では人気なのです。

ちなみにベルシステム社は、1980年代に今のAT&T社に買収されてしまいます。

なので、今回のトートは80年代ですが買収直前と思われるので、

ベルシステムの中では年代が新しくてレア度は低いけど、面白い立ち位置かなと。

俺は好きですけどね。ゴリゴリのヴィンテージより、誰も見向きもしないのが!

どの辺が面白いって、取っ手がナイロンってとこ!

初めて見ました!これはこれでイイネ!

使い込んで経年変化した時の、ナイロンとコットンキャンバスのコントラストが面白いことになりそうです。



もちろんバッグとしての作りは、昔のまま。

ガツーンとリベット。

サイズも大き目(タテ40㎝×ヨコ57㎝×幅17㎝)で、

インテリアとして物入れに使うのもオススメです。

以上、デッドストック諸々でした!

明日のヴィンテージバンダナイベントと合わせてお楽しみください!




それではまた。お店で会いましょう。