Blog

diaries blog | LE TRAVAILLEUR GALLICE (ル・トラヴァイユール・ガリス)| La Veste

※4/1(木)は、休店日とさせていただきます。噓じゃないです。

※夜の自粛中につき、当面の間18:30閉店です。(割と19時まではいます。)

※コロナ対策実施中です。





ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「作業服の日」だそうです。

古今東西の作業服を扱うセレクトショップ・DIARIESです!

古=ヴィンテージ、今=新品、東=日本のワークウェアはずっと温めてる。けど作るところが決まらない。

西=ヴィンテージから新品の、西洋のワークウェアたくさんあります!



というわけで、早速ですが商品紹介です。

ドウゾ!

【ブランド】LE TRAVAILLEUR GALLICE (ル・トラヴァイユール・ガリス)

【アイテム】La Veste

【価格】¥18,480-(税込)

【コメント】

まあその~なんだね。そろそろヴィンテージ疲れしてる方へお勧めしたいかな。

またはファッションにワークウェアを取り入れてみたいという方にも最適なアイテムです。



久々の紹介となるので、まずはブランド説明からどうぞ。

LE TRAVAILLEUR GALLICE (ル・トラヴァイユール・ガリス)は、

フランス中東部の都市・リオンに程近いビルフランシュ=シュル=ソーヌにて

1895年に創業したETABLISSEMENTS GALLICE社によるワークウエアブランドです。

120年以上前に生まれたこのブランドは、フランスワークウエアの黎明期を代表するブランドの1つであり、

フランス最古のワークウエアブランドの1つです。

彼らのワークウエアは多くのフレンチワーカーたちの生活を支えてきました。

フランスワークウエアの代名詞とも言えるアイコン、モールスキン。

かすかな光沢を伴い、密度高く織り込まれたその生地は、

見た目がモグラの皮に似ていたことからモグラの皮=MOLESKINE(モールスキン)と呼ばれました。

その誕生はより強固な作業着を求めるワーカーたちの声によるものでした。

モールスキンは製鉄所での作業中、飛び散る火花が多少付着したぐらいでは

ビクともせずに工員を守る事ができ、当時としては画期的な耐久性を誇りました。

時を経た現在、モールスキンはその手間のかかる生産工程から、決して安いものではなくなり、

作業着として用いるには幾分高級すぎる生地となり、他の廉価な生地にその座を明け渡しました。

しかし、使いこむほどに味わいを増していくその生地は、

デニムのように経年変化を伴い、所有する喜びと育てる楽しみに溢れたものです。

LE TRAVAILLEUR GALLICE社の手掛けるBLEU DE TRAVAILコレクションは、

失われつつある本物の物づくりを後世に伝えるべく、モールスキンに特化したラインナップを展開しています。

モールスキンの魅力を今一度体感してほしいという願いを込め、

伝統的なワークウエアのディテールを踏襲したベーシックアイテム群は

今もなおフランスで生産されるモールスキンを用い、

フランスのワークウエア専業工場にて生産されています。


というブランドです。



できればこだわりたいのが、「綿100%のフランス製モールスキン」素材のアイテム。

これがなかなか難しい。非常にタイトに生地を織るので、糸が切れないようにポリとかナイロンとか入っちゃうんですよね。

風合い自体はそんな変わらないと思うんですが、俺の気持ちの問題です。テンションがあがるかどうか!www



それでは詳しく見ていきましょう。

まあなんてことない、昔からあるフランスのワークウェアです。アメリものだとカバーオール。

説明する箇所もないくらいのシンプルなジャケット。

どうです?このモールスキン。普通でしょ!?www

10年前にもありましたよ?たとえばウチの店だとエルヴィエプロダクションとかで。

でもここ数年の人気の高騰ぶりったらすごいですよね???

だからこのGalliceのモールスキンジャケットをセレクトすることは、俺なりの流行に対するアンチテーゼでもあります。

もともとフランスにある素材とミシンを使えば、そんな高くないんだよ。

だって、所詮ただのワークウェアなんだし。



もうホント、この辺とか見ると、B級だなって思いますよ!www


分かります?左右の襟の長さが違うのが。

これね、素人が作ったようなパターン。日本でこんなの作ったら、怒られます。

服飾専門学校の学生でも、もうちょっとマシな形作れます。

だけど、ワークウェアとしてのこのロークオリティぶりが、個人的にはツボなんですよおぉーーーー!!!!!


ホントしょうもない襟!w

そして微妙に1930年代のVヘムポケットに寄せてるけど、Vの角度が浅くて中途半端な感じ!ww

あまりに稚拙すぎて、それがどこか愛らしくなってしまうフランス製モールスキンジャケット。

これって、古着の選び方と一緒なんですよ。「変なの見つけちゃったよ!ウケる!」ってノリで買うやつ。



ま、ノリでテキトーに着てやってください!

また次の買い付け行ったら、ブラックモールスキン買い付けられますか?って聞かれるのですが、

そんなの行ってみないとわからないし、高いし、争奪戦はめんどくさいし、

ガチの古着屋さんに勝てるわけないので、できれば買い付けたくありません。

俺はヴィンテージだろうが現行だろうが、物が良ければどっちでもいいタイプ。

その方がね、楽しいんですよ。楽して洋服を楽しみたいだけ~!www

それではまた。お店で会いましょう。