diaries blog | OLD TOWNの簡単な説明です。

※1/13(木)は、休店日とさせていただきます。

※夜は閑散としてるので、当面の間18:30閉店です。(割と19時まではいます。お電話いただければ!)

※コロナ対策実施中です。

※VINTAGE STOCK MARKET開催中です。

※お正月は、OLD TOWNの受注会です。

OLD TOWN order exhibition 2022S/S

期間:2022年1月2日(日)~1月10日(月・祝)

OLD TOWNの受注会を行います。オーダーの際、デポジットとして1着につき5000円をお預かりいたします。

オーダーした製品は、5月頃の入荷となります。


イギリス人でもなかなか買えないイギリスの服。2022年の最初にお披露目するブランドです。
蒸気機関車が走るHoltという町で、Williamの手により作られるその服は、
昔ながらのブリティッシュワークウェアの面影を残しつつ、さらに洗練されたパターンと縫製で仕立てられています。
ロンドンに住むOLDTOWNのファンは、小さな町の小さなショップに片道4時間をかけて訪れます。 流行を意味するファッションとは程遠く、入手するのが面倒でも、それでもどうしても欲しくなる不思議な魅力を持つ服。 しかし取り扱うといっても、店頭に商品は並びません。オーダー会期間中にサンプルだけが並びます。
完全受注生産にして生産数は限定的。
あまりに不便すぎて、これほどまでに着た人にしかその良さが分からない服も、そうそうないのではないでしょうか。
一見さんお断りのような、決して敷居の高いブランドではないですが、
一見でこの服の良さを分かる方がどれくらいいらっしゃるか楽しみです。


※Williamといっても、TENDER Co.のWilliamとは違う人です。

 

 

 

ダイアリーズの今日は何の日?

今日は「千円札の日」だそうです。

五千円札の話です。

OLD TOWNのデポジット代金5000円ですが、できればお釣りの無いようにしていただくと、僕が非常に喜びます!

(雪が怖くて銀行に行けず、両替できませんした・・・)

 

というわけで商品紹介ですが、やっぱりOLD TOWNを説明しておこうと思います。

予備知識が無いとかなり難易度が高いのと、あと先週来ていただいた方で、一旦頭の中を整理してから再来店する方も何人かいらっしゃいます。

なので、OLD TOWNの受注会最後の3連休を楽しんでいただくためにも、ざっくりとですが解説しておきましょう!

 

まずはコチラ!

これはBOROUGHというモデル。

これが最初に作られたジャケットで、一番野暮ったいシルエットです!www

だがそれがいい。妙に着丈が長い、このシルエットが良いんです。

素材は約10種類の中から選べます。(色を含めたら40種類ほど)

価格はコットン系で68000円+税、ウールやリネンで78000円+税、まさかのコーデュロイで95000円+税です。ビックリ!

 

次はコチラ。

こちらはSTANLEYというモデル。

OLD TOWNのアイテムの中でも、このジャケットが一番合わせやすいシルエット。

先ほどのBoroughをベースに、少しだけ身幅と着丈を詰めています。

当店ですと、Yarmoや1ST PAT-RNなどのワークジャケットでよくある形。

 

次です。

こちらはMARSHALSEAというモデル。

一番細身で着丈の長いモデルになります。

この4つボタンが良いですね。

イギリス物で4つボタンというと、ホスピタルジャケットが思い浮かびます。

なのでホスピタルジャケットがベースなのかな?と思いきや、

 

ムムム!そうきたか!(詳しくは店頭で)

 

次です。

こちらはOVERALLというモデル。

いわゆるカバーオールですね!

襟とかも丸いので、珍しくフレンチタイプ?と思いきや!?

この丸みにもこだわりがあったりします。

ほんとシンプルなくせに、一筋縄ではいかないんですよ!!!

 

次です。

こちらはM&F VEST。

この形でイギリスといったら、軍物のジャーキンベストですね!

と考えたら、色んなコーディネートが思い浮かびますね~~~!

 

次です。

 

こちらはPLAINS。

その名の通りプレーンなパンツ。

ジャケットとセットアップにするなら、このパンツです。

 

次です。

こちらはORFORDSというパンツ。

先ほどのPLAINSより太目。

そしてバックルバック付き。

ヴィンテージ的な経年変化が好きな方は弱いですね~

 

次です。

こちらはSTANDARD SHIRTSというスタンダードなシャツ。

作りはワークシャツ然としてますが、襟やカフの付け方がポイントです。

セットアップで着るならタックインするけど、出すとスリットの深さが良いバランス。

 

次です。

こちらはUNITY JACKET。

スタンドカラーのシャツジャケット。個人的には、日本のあのジャケットに似てて好き。

しかしこのジャケットのUnity(=結束)という名前、何とUnityしてしまうのかと言いますと?

同じくUNITY TROUSERSというアイテムがあり、

先ほどのUnity Shirtsとセットアップできると、ツナギにしか見えない!?という非常に興味深い服なんです!

これもね、ツナギに寄せるならデニムコットンでオーダーするし、

ウールやリネンやオーダーすると、また全然違った雰囲気になるので面白いんですよ。

何が面白いって、OLD TOWNって古臭い伝統的なイギリス服だけじゃなかったんだ~ってことが分かるわけですね!

 

またレディースも少しだけございます。

こちらはIDA DRESSというワークドレス。

IDA SMOCKというワークシャツもございます。

レディースはまだこれだけなのですが、徐々に増やしてくれるとのこと。乞うご期待。

ちなみに、さきほどのSTANLEYジャケットのサイズ34は女性向けだそうです。

 

以上、駆け足でお伝えして来ましたが、服のディテールだけじゃなく彼らの思考・思想を本当はもっと伝えたい。

OLD TOWNを理解するには、服の知識だけではダメなんです。

いや、それでいうと俺もまだ理解が足りないかも・・・・・

 

なので、これからお客様と一緒にOLD TOWNを楽しんでいければと思います。

雪解け三連休、ご来店をお待ちしております!!!

 

 

 

 

それではまた。お店で会いましょう。